SAND STORM

朝ぼらけ

2017年1月20日

投資日記 2017.01

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 16:37

◇初取引

去年末に立花を見習ってすべて手仕舞ったが、特にその必要ななかった。というのも立花は年中うねり取りの玉操作を繰り返しており、それを一旦物理的にも精神的にも0(マル)にするために手仕舞っていたのだから。

年末のannomalyから正月一旦上げたのだが、相場はHard BrexitやTrump就任が迫っていることもあって、円高回帰が進みDO30/NK225ともに20,000に迫っていたのは遠ざかる。この間、自分は旅に集中しており取引どころではなかった。結局、「休むも相場」で集中できないなら手仕舞っておくのは筋だろう。

旅の後も、風邪に取り憑かれたのを直していたので、まったく取引はせず。場帳の構築をしながらようやく値動きに身体をならしていく。

2020 亀田製菓を試し玉で上げ潮、下げ波の所で一枚だけ買ってみる。翌日、期待以上に上げたが、stop lossの売りを設定したつもりが逆指値になっておらず、即座の売り処分となってしまった。結局取引から離れてボケているということで、試し玉でやったのはまったくの正解だった。しばらく亀田で二枚分割で取引を続ける。

第一に、四六時中相場に関わる愚は避ける、と決めている。だからわたしはしょっちゅう株を現金化し、取引を離れて頭を冷やす。特に市場の方向に自信が持てない場合、次の流れが定まるのを待つことにしている。相場が変化すると推論されながら、それがいつ、どんな規模で生起するか読み切れない時、取引を手じまい、時期を待つわけだ。

第二に、大半の相場師が手ひどい打撃を被るのは、大きな潮の交替期だと肝に銘じている。後から見ればたわいない間違いから、市場の動きを正反対に解したり、反対の立場をとったりして深手を負うのだ。市場の流れに変化が起き始めているという自分の判断を確認するために、わたしは小口の取引で打診するという方法をとっている。「売る」にしろ、「買う」にしろ、わずかな額から始め、自分の判断が正しいかどうか試すのだ。

「わたしは『抵抗の最も少ないライン』という逕路をつねに求めている。だから”大衆””集団”に混じって相場を張ることも決して珍しくはない。」

「大衆というのは主導されたがっている。何々をどうせよという指示を待ち望んでいる。安心を求めている。そして動く時は大挙して行動する。だれもが群れの中にいることで安心するのだ。単独で行動すれば心理的負担は一人の身にかかってくるが、集団で行動すれば心理的負担も恐怖も集団の中に吸収されていく。”逆張り”という危険に満ちた厳しい広野を一人で行くより、それは楽だと思う」「相場師にとってはここが正念場だ。群れから離れる恐怖より、潮目の変化が見えながら従来の流れに乗って進むほうがよほど怖い。みんなと心中するわけにはいかないから、short(売建て)をしている場合以外、さっさと乗り合いから降りることになる」

『世紀の相場師ジェシー・リバモア』 pp.196-197

トランプゲームより単純なマネーゲームがなぜむずかしいのか。

    単純なルールのゲームほどやり方(こつ)が覚えにくい(身につかない)
    入りやすい(誰にでもできそうな)ものほど万年下手が多い(上達しにくい)
    可能性の大きい(大きい利益を得られそうな)ものほど無理しやすい
    お手本のない(上手な人のを見ることができない)ものは自分勝手(自己流)にやりやすい
    選択肢(種類)が多いほどあれこれやって慣れがこない
    単純な(簡単にできる)ものほど基本が大切なのにおろそかにする

相場技法はおどろくほど簡単で、「分割売買」と「時期選択(時期を待つ)」であり、あとはいままで述べた心理的なことにすぎない。

その「分割」は、

    1.試し玉の活用
    2.本玉の分割

に分かれる。

そして、それも心理的には「早く、大きく」儲けよう、との欲から失敗しやすい。

試し玉を発明した人はなんと頭のよい人なのだろう。あるいは、損して損して、地獄のような状態の中でひらめいた血みどろの経験の結果なのだろうか。

その発明で、現在、世界中の人が救われているのだから、発明した人を祀る神社があっても当然、と思うくらいなのである。

林輝太郎 『財産づくりの株式投資』 pp.88-89


関連記事


2017年1月9日

日誌 – 平成二十九年一月

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 16:14

◇抱負

今年は、「俺に因果を与えてきたすべてを俺の因果として再構築する」
これは驕りでも欲でもない、行き着く所まで行き着いた流れがもたらした必然だ。慎重に遂行し、平和裡に到達せよ。
(more…)


関連記事


2016年12月25日

日誌 – 平成二十八年十ニ月

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 20:22

◇郡山

地域自体に特別の執着や期待はないのだが、厳冬期を試すという目的で郡山へ行くことにした。どれだけ目標が達成できるか?
基本的に自動車は使わないので、足での歩きが冬の東北でどれほど可能だろうか。

◇対話

悪意と対話することほど愚かなことはない。
より悪いのは心の中に残った悪意と対話し続けて増大させていくことだ。
出鱈目だろうが、堕落だろうが、対話する相手は置き換え、すり替え、消し飛ばしてしまうのがよい。
(more…)


関連記事


Older Posts »

sand-storm.net