SAND STORM

朝ぼらけ

2008年2月24日

SteelSeries Ikari Optical Mouse

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 07:11

Official: Information – Steelseries Ikari Optical

Pro gamerと絡んで多くのGaming Gearを出しているSteelseriesが初めて出したmouse製品。

光学SensorのOpticalとLaser読み取りのものがあり、後者はかなり高価。Ikari Opticalは光学とはいえむしろFPS用途ではLaserに対する優位を謳っている。

使用にdriverや専用softwareは必要なく、USBに挿して直ぐ使えるのが特徴。

4gamer – SteelSeris初のゲーマー向けマウス「Ikari Optical」レビュー

4gamer – ゲーマー向けハイエンドマウス「Steelseries Ikari Laser」

速攻レビュー『Steelseries Ikari Optical Mouse』 | negitaku.org

Trouble

・PCやOS起動時に認識しない

①Windowsをセーフモードで起動(起動中にF8)

②デバイスマネージャーより、ヒューマンインターフェイスデバイス系のdriverを
一度全て削除する。
(HID準拠デバイス、USBヒューマンインターフェイスデバイスを削除)

キーボードがUSB接続の場合は、多分ここでキーボードを認識しなくなるので、
キーボードを繋ぎなおす。PS/2接続の場合はキーボードに影響なし。

③Ikari Opticalを抜く

④キーボードよりWindows再起動。(Alt+F4もしくはCtrl+Alt+Del)

⑤Windows通常起動後、Ikari Opticalを繋ぐ。

禿げてもめげないSteelseries Ikari Optical不具合解決?

Steelseries Ikari Optical買ってみた

Steelseries Ikari Optical交換してみた

Tool

Officialで唯一のToolとしてCPIを変えるものが提供されている。

400/800 400/1600 800/1600の三つのみ

×800/1600にすると切り替え時Lagを生じる

Windows XP でマウス ポインタの加速を調節する方法


よく断線するLogicool製品

Pro gamerでも何でもなければ高級製品を漁色して回る趣味もない私がmouseとしては最も高価な部類に属するIkariを買ったのは、LogicoolのG5が中途半端に断線し始めたからだった。使っているとたまにまったくの無反応状態に陥り、これはUSB Plugを挿し直さないと認識されない。当然のことながらgame中にこれが起きると悲惨なことになる。

G7を潰したり同社製のkeyboardをもう五・六個は断線させてきたので言うが、Logicool製品は落下・ぶら下がりを想定して作られていない。PC本体から離れた場所で膝抱えなどでkeyboardを使っていると落としてCordで本体をぶら下げるような形になることがよくあるがLogicool製品は明らかにこれに弱い。

以前使っていたELECOMのkeyboardであれば安物でも本体との接合部が強化してあって長期間使っても断線が起きたことがないが、Logicoolのそれは3ヶ月ぐらいで定期的に断線するのでその度に買い換えている。

keyboardより遥かに軽いG5がぶら下がり状態になったのは数えるほどだがそれでも断線してしまった。

G5は保証期間内だが、たまにしか起きない -> 送っても再現できない -> 着払いで送り返されてくる、という悪夢のようなcomboが予想されるので当時ETQWをplayしていたこともあり発作的に買い換えた。


大きめでbalance良く配置されたSole

sidebutton上のTOP近くにあるのが現在の速度表示。こんな場所使っていて見ることはまずないし、HIGH/LOWで極端に速度が切り替わるので間違えることも無い。こんなものはCutして少しでも軽量化してくれた方がよかった。

×速度が異常に遅い
速度変化はwheel下の大きなbuttonでの解像度変更によるHIGH/LOW2つのみ。設定softwareはない。

PADは同じSteel seriesの5Lだが、HIGHでもマウス -> ポインタオプション真ん中設定ではかなり遅い。”ポインタの精度を高める”を外した上で、bar4/5ほどで適正な速度(1920×1200)。LOWは使い物にならない。

○PAD上ではLaserと比べて読み取りに劣るという感じはない。光学といっても昔使っていた安物とは大違い。

×重さが結構あり、形状も平たいので軽く持ち上げてのLift移動はやり辛い。

・最初からピシッと動く感じがない

Laser式のG5に比べて同じようなpointer速度にしても、動かし始めが重い。これは両者の裏側を見れば一目両全だ。横移動時に摩擦する面積がまったく違う。

○Soleの面積が大きく滑りが軽い

G5だと削るような感じがあるのに対し、Ikariはスーッと滑っていく感じだ。

細かな照準移動で重く、大きく動かすときはスーッと滑るという特徴はHeadshot調整などで有利に働く。

左手使用での第一印象

私は左手mouse、右手keyboardというPC gameの世界では少数派なので左手使用での実感。

○G5の様に嵩が高くないため、安定して手を置き続けられる。

sideは左右ともRubberだが、それにしてはかなり滑る。

××巧くつかめない

写真を見た限りでは左手でも問題ないだろうと思っていたのだが、実際に持つとこのmouseはLogitechのG9やMSのsidewinderほど露骨な形には見えないものの、かなり右手に最適化してある。

そのため左手を置くとひねったような形になり不自然で疲れてしまう。

×つまむと滑る
右手だと左側の形状が親指にFitするのでつまんで持ち上げることができるのだが、左手だと滑る場所でしかもてない。

×side buttonを間違えて押し易い
2つ並べてあるのだが、押し口が軽くて間違えて押し易い。左手だとsideは薬指の腹で押すことになるので微調整は効かないのだ。

これは右手で使っても親指の先と腹で押し分けなければならないので間違えやすい。操作に正確性が要求されるgame用途なら左右に分けるべきだろう。

左手使用になれた後 (二ヶ月使用)

かなり慣れるまで時間がかかるが、使えない訳ではない。pointは親指のPositionで全体を包むようにもてたG5/7と違い固定した場所に親指を当てる必要がある。

そうして慣れてしまえば通常のSlide移動はまったく問題ない。Liftは重くかつ多少滑るので短時間なら問題ないが長時間の安定した維持は困難。また咄嗟のside buttonの押し間違えは避けられない。

全体にgameに使っても大きな問題はない。

改めて自分の操作を意識してみると、狭い範囲での確実な操作には手をしっかり載せて荷重かけ気味で、遠距離移動したい場合は荷重をかけずに滑らせて、遠距離高速移動させたい場合は軽くLiftして移動させており、これらを常時行き来しながら照準を合わせているのがわかる。

つまり荷重のかけ方=摩擦力を調整しながらmouse移動を行っている訳で、このような動作を身につけるには当然時間がかかる。

[gameで試しての実感]

UT2004

広範囲索敵&脊髄反射で他のgameより遥かに高速に大きな量を動かして点を刺すgameだが明らかに相性が悪い。Soleが広く摩擦力が大きいため、Ikariは合わせをやる段階で既に思い通りに行かず不自然な力を込めないとならない。結果、遅く不正確になる。根本的に荷重で摩擦係数を変えて速度変更をするような間はUTには存在しない。

4gamer – ゲーマー向けハイエンドマウス「Steelseries Ikari Laser」

これに詳しいが、通常mouseというのは大きく直線で動かした時、途中のブレを補正して真っ直ぐな線に近づけてくれる。しかしIkariでは途中の動きを手のブレそのままに拾ってしまうのでUTのような大きな距離を直線で動かし、途中のブレは極力拾って欲しくないgameでIkariの性能は完全に逆効果だ。

G5時はMasterfulが練習用、通常playがInhuman、一部のmapではGodlikeでも勝てるぐらいだったが、IkariではMasterfulでようやくといった所。

Counter Strike: Condition Zero

G5を使っていた時にCSはやっていなかったので比較はできないが、CSではなにをやってもしっくりくる。結局Pro gamerと協力して作ったというその「Pro gamer」はCSのPro gamerであって、つまりIkariはCS向けということだろう。

Doom3

G5と比べてヌルーッとした感じ。合わない。

Quake4

ヌルみはあるがそれほど変わらない。Doom3と同じengineだがなぜだろう?headshot中心のgameだからだろうか。

Enemy Territory Quake Wars

G5時と変わらないかむしろやり易い。ヌルヌルと追従させていくのがIkariでは楽。

[総評]:

左手userでmouseが手に密着する方が好きな人は避けた方がいいだろう。逆に手は軽く乗せる程度で要所要所を押さえて使う人は大きな問題ない。

右手userで手に密着するのが(汗ばむなどの理由で)嫌いな人は使わない方がいい。逆に手にピッタリFitするようにできているのでそれがいいなら形状的には満足がいくのではないだろうか。試しで使う程度だが右手を乗せた時のFit感は代え難いものがある。

幾らgamerと協力して作ったといっても「初物」という印象も強い。安定性にまだ不安がある状態で\8000を近い金額をPayする価値があるかどうかと言われたら微妙な所。好き者向けか。


関連記事


2008年2月18日

Gore: Special Edition Beta – Giveaway

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 13:10

Released:   ?
Developer: 4D rulers software Inc (Netherlands)
Publisher:  4D rulers software Inc,/Dream Catcher
Engine: AMP2 game engine

Official: http://www.4drulers.com/gore/index.php
Forum: 4D rulers forum

今一番熱いB級gameといえば何だ?もちろん”GORE”だ。

このGOREだが、2002年6月5日の発売から足掛け6年近く更新を繰り返し続け、遂にSpecial Editionとして再releaseされようとしている恐るべきgameだ。

現状Beta Tester扱いだがupgradeされたsingleを丸々一本とMultiを遊ぶことができる。

現在4D rulerはPremium EditionもしくはGORE2を開発するための資金集めに苦闘している最中で、このSpecial EditionはGiveaway(投売り)としてStandard keyをばら撒いている最中。彼らの開発・商売の力点はMulti playでのkey管理と販売に置かれておりSEでのsingleはTraining modeという扱いになっている。もっともその内容は元のGORE: Ultimate Soldierで立派なsingle campaignとして扱われていたものをGORE:SE仕様に改良したもので十分単体製品として通用する内容。

◇Special Edition入手法

4D rulers forumに登録(Register)して投稿可能なaccountを作った後、Free keys for Gore: Special Editionに”Thank you for the cool game” or “You guys rule”など4D rulerへの誉め言葉やGOREへの熱い思いを投稿して4D rulerから認められると”Lead”というaccount名のstaffからPrivate messageでdownload先のLinkとStandard keyがPrivate messageで送られてくる。あまりたいしたことは書かなくても送っているのではないかという感じ。

あまりにも応募が殺到したので現在key発行停止中。新しいversionではkeyを求めなくてもfreeで公開されたものをdownloadすればそのまま遊べるようになる。

またPremium版を購入するにあたっての金額も下げられている。


[install]

送られてきたlinkからsetup programを落としてinstallすると、4D Automated updateにより自動的に累積patchが当てられる。

元のGOREは合計600MB程度だが、Special Editionは合計1.41GBになっておりtexture類が大幅に強化されているのが伺える。

key認証はupdateが終わった後にclient側でなされる。


[menu/config]

・解像度:最大1920×1200
・desktopとの瞬時切り替えは元より、window化も一瞬
・Num_Pad設定可能

×level clearごとに自動saveされない

Gore Special Edition\settingsにあるclient_system.cfgを開き

・Antialias/Anisotropic Filter

anisotropy 8 [0-8]
fsaa 1 [0=off/4/8/16]
fsaamode

menuから調整できないAnisotropyとAntialiasが調整できる。ただし現時点で効果があるのかどうかは謎。

・FOV

FOV(視野角)はautoclient.cfgで調整できる。

fov [80-110]

※範囲外の数値などを下手に設定するとkey bindがすべて吹き飛ぶのでbackup必須。

[難易度]

難易度は四段階で最近のgameと違いAVERAGEでもかなり骨がある。


最初たいしたことないValue gameだろうなぁと思っていたが、これは存外楽しいgameだ。

簡単に表現すると「Quake2やSiN、BLOOD2といった1999-2000年辺りのAction味のあるFPSを混ぜて多少洗練した感じ」とでも言えばいいだろうか。

あの頃のFPSが好きならまず満足できる出来で、「そうそうFPSってこういう面白さだよ」というのを思い出させてくれる小気味のいいShooterに仕上がっている。

もちろんGore(残虐表現)もバッチリだ。自分も強力な攻撃を食らえば肉塊にされるという点で敵と変わりはない。

screenshot比較で見るとまず違うのがHUDと背景でこの2つは大きな違いがある。壁や建物などのtextureも大幅に置き換えられており、Lightingが改良されたことも加わって描写全体がclearになっている。

[移動・姿勢」

走り/歩き
しゃがみ Jump

stamina制を取っており、staminaが減ると移動速度/Jump能力が落ちる。staminaはJumpと被弾により一時的に減少する。

変わっているのは下を向くと自分の足が見えること。部位別Armorなのだが、足のArmorが吹き飛ぶ時に下を向いているとその様も見える。

[武器]

一見標準的な武器が揃っているだけに見えるが、多くの武器に個性的なSecondary攻撃がついている。

Fist 拳。2ndで右殴り
Pistol
Grenade
Riot gun Assault Rifle。2ndaryで毒ガスGrenade弾
Shotgun 連発式。2ndaryでShield
rocket launcher 2ndでGrenade launcher
Quad barrel 四発弾込め式の速射可能Shotgun。Secondaryで四発同時発射できるが、1st/2ndともに撃ち尽くすと隙が大きい
Minigun
sniper Rifle 2ndaryで反射誘導弾
Flame Shower 火炎放射器
Bomb
Meat Saw Chainsaw。相手を肉塊に変換。

開発途中のBetaでは銃はすべてzoom可能だったが、完成版ではmultiplayに合わせてzoom機能はすべてCutされた。

[STG]

Title通りGOREを絡めて敵を打ち倒した時の快楽性は並居るFPSの中でもTop Class。

敵味方共に即着弾の銃撃が主。というとreal寄りかと思うが敵味方共に激しく動き回ってAction性も強い。弾薬は多くないのでzoomをかけるなどして正確な狙撃も必要になる。

damage balanceはHeadshot偏重。部位別Armorを身に着けている場合はそれを破壊しないと大きなdamageは与えられない。

また相手を倒した後落とした武器を攻撃すると爆発して敵の肉体をバラバラにできる。

[敵]

game全体がUMCvsMOBという敵対勢力同士の抗争という単純な図式で、特殊な敵を除いては敵も味方もMulti playで選択することのできる同格の存在。それがどのようなArmor/武器を身につけているかで個性化されている。

AnimationはB級のそれで、人間のmotionを模したとかそういうことは一切無い。それとは逆のAction game的な動きに舵を切っており、素早く動き回るのでShooting gameの相手としては十分面白い。秀逸なのは撃たれると位置を変えて動き出すことでzoomをかけてHeadshotさえすれば即座に倒せるということはない。また敵は武器のSecondary攻撃も使いこなしてくるなど、執拗に改良を繰り返しただけあっていい出来だ。

[仲間]

levelにもよるが仲間が頻繁に出てくる。適度に強く、適度に間抜けな連中でB級FPSにピッタリだ。

もちろん仲間だから撃てないだの、殺したらこちらが死ぬだのといった厄介なことは一切無し。追従性能もよく、目の前の敵を倒すとstackすることはなく主人公についてくるので、生かしたまま連れて行く楽しみもある。弾薬が切れやすく直ぐに素手攻撃になってしまうのがタマに傷。

[level design]

建物が立ち並ぶ道路や建物内部など都市や町が戦いの舞台となる。

最初の2-3levelは武器が少ないせいか弾薬が切れることが多く、またShotgunが手に入らないので相手の身体をバラバラにするのが難しいと、いい部分が見えにくい。

しかしShotgunを手に入れた辺りからGoreはやりたい放題、武器も豊富で弾薬が欠乏しなくなるので本領発揮という具合になってくる。


[multiplay]

multiplayは選択characterごとにかなり特徴が異なる。

modeはDM/TDM/CTF/TACT/COOP

COOPは専用MAP。

現状人がいないか、いてもPing300以上という感じ。

[総評]:極まったB級FPS

現在、clear目指して鋭意play中だが、やればやるほどB級のImageは抜け落ちてどんどん面白くなってくる。

これは掘り出し物かも知れない。


関連記事


2008年2月6日

X-Fi 2_14_0001beta Driverと不定雑音問題の進展

あきれたCreativeの最新X-Fi driver”SBXF_PCDRV_LB_2_15_0006.exe”

最近Master volumeを調整してもFront2ch以外調整されないという謎の不具合に見舞われているので、再installがてらCreativeのdriverをcheckしてみた。

すると、一年数ヶ月何の音沙汰もなかったdriver release(その前の2006.10に行われたのも約9ヶ月ぶりで内容も不具合修正などほとんどないOpenAL機能の追加のみだったが)に新しいβdriver SBXF_PCDVRBETA_LB_2_14_0001.exeが登録されている。

早速downloadして使ってみたが、案の定このdriverもロクなものではなかった。

問題が解決する所か
・どのmodeでもMaster volume(ツマミ)を弄るとFront2ch以外の音量が0になる
というより悪質な症状に。

またCreative Console launcherのEntertainment/Audio Creation/gameの各modeは基本設定を共有していないのでmode切り替えも同様の結果を招く。

つまりツマミを弄ったりmodeを切り替える度に
“設定->Control Panel(コントロールパネル)->サウンド->speakerの音量”で調整のし直しが必要。
また、その”speaker音量”を表示したままmode changeを行うとrundll32.exeがHung-up。他諸々の異常発生という具合。

“speaker音量”で調整できるのが左右2chから全Chになっているのでそこら辺りがbugの原因だろう。

Fixes:

  • Resolves the issue for systems with 4 GB of RAM.
  • Resolves the Digital I/O detection issue when restarting your computer.

Known Issues:

  • Before
    installing this driver, close the Creative mediaSource Go! application
    on your desktop and restart your computer. (After you have installed
    this driver, you may manually launch the mediaSource Go! application
    from the Start menu)
  • When adjusting the master volume in
    any of the mode Console, there is no sound output in the rear speakers.
    (Use the Microsoft volume Control panel to adjust the master volume)

把握してないのかと思ってrelease Noteを見たらなんと書いてあった。しかし自前の専用操作Toolでvolume調整したらFront2ch以外の音が消えるってのはいくら何でもふざけ過ぎだ。βとはいえこんなものを平気で出してくる神経を疑う。

また”今の正式driverでmemoryを4GB積んでると異常が発生する”というのは知らなかった。今4GB積んでいるので当然のごとく不具合は生じていたという訳だ。何の不具合かは知らないが。

◇さらに問題なのが元のdriverに戻す場合

話にならないので元のdriverに戻そうとしたのだが、これがまたとんでもなく苦労した。

元のdriverのSetup(SBXF_PCDRV_LB_2_09_0007.exe)→Windows再起動→強制reset loop

↓

Safe mode起動→Diver Cleaner Pro→Windows再起動→SBXF_PCDRV_LB_2_09_0007.exe→Windows再起動→強制reset loop

↓

システムの復元でβを入れる以前に戻す→強制reset loop

↓

Safe mode起動→driver Cleaner Pro→再起動→Guruのdriver Sweeper→再起動→SBXF_PCDRV_LB_2_09_0007.exe→ようやくdriverは正常動作、しかし周辺softwareが吹き飛んでいるのでSetup diskから再install

と地獄modeに入るのでこのβ driverはFront2chのみで使っている人以外絶対に入れない方がいい。

最初のMasterを調整しても他のCh音量が調整されないという問題はdriver Sweeperをかけて再installしたのが効いたのか直っていた。

◇追加された常駐program

CTAudSvc.exe - Creative Audio service あってもなくても何も変わりない。 不用
Runscanner CTAudSvc.exe

◇関連forum

Creative forumRe: Petition to demand Creative to release new XP driver for X-Fi soundcard.


X-Fi欠陥noise問題の進展

一年以上もたってβが出るのはおかしいと思ったが、X-Fi 相性Noise問題にも動きがあった。

Creative forum – Re: Follow-up: Crackle/Pop issues

Re: X-Fi Fatal1ty Popping/crackling noises

Creative公式commentをざっと読むと、

Re: X-Fi Fatal1ty Popping/crackling noises
options options

Administrator Catherina-CL

Administrator
Posts: 10402

Registered: 10-10-2004

 

Catherina-CL


Reply 989 of 1871

 

Viewed 1090 times

Hi everyone,We do not want our customers to misunderstand our statement
and appreciate that there are many users experiencing this issue.
However we do not want the wider community to believe that this is an
issue affecting all our cards in all systems. We have already
shipped hundreds of thousands of cards globally and if this problem
affected a large percentage of users we would have our major system
integration partners knocking on our door. This is not the case and the
statement holds true.
The good news is that we have finally been
able to reproduce this issue thanks to in-depth testing plus the access
we gained to some real users’ systems. We feel confident that we will
be able to establish the cause of these issues soon and will keep
posting regular updates as they are made available.

We thank you again for your continued
patience and can assure you that this issue has the highest priority
within our development teams.

Cat

forum Administrator
Creative Labs

「俺達は世界中に何十万・何百万というX-Fiを売りさばいてるんだ、もしそんな高い確率で不具合が出るならとっくに主要な業者からclaimがついてる」などと、user程度から幾ら不具合報告があろうとまともに取り合う気はないという態度をひけらかしつつ自分達に都合の良い言い訳を散々並べ立てた後、ようやく”Creative側でnoiseを再現できた”ので”われわれは原因を突き止められると確信している”、さらに”開発Teamの最優先課題にした”そうだ。

これだけ広汎に発生している問題が2年も3年もの間、確かめられなかった筈はない。実際NGOHQがその当時の主要なsystemでちょっとTestしたら40%の確立で発生し、ましてや問題が発生するHardwareの組み合わせは大量に報告されていたのだから絞り込み程度はかんたんにできたはずだ。

つまる所、今まで無視を決め込んでいたものの騒ぎが大きくなって隠しきれなくなったので対応した、それだけのことだろう。無能か怠慢か意図的か理由がどれであろうとCreativeがまともな企業でないことを示唆しているに過ぎない。

 

コメント

ここまで来ると、driverやファーム等ソフトだけの問題ではなく、
初期ロットでの設計不良などのハード的な問題も絡んでるように思える。
問題が出る場合に、周辺パーツとの相性等を検証していることが多いけど、
チップやカードのリビジョンも関係してそう。

ソフト的な問題なら、基本的には対応可能なはずなので、ここまでしらばっくれることは無いように思える。
ハード問題だとリコール扱いになってしまうから、一部の環境でないと発生しないのをいい事に渋っていたのでは?

投稿: | 2008年2月10日 (日) 02時27分

まともに考えるとHardwareレベルの欠陥ももちろん疑われるんですが、この会社のsoftware部門が出してくるものとつきあっていると、もはやそういう合理的な判断を超えてるように感じるんですよね。
彼らはこの問題にまともに対応しなかっただけでなく、様々な不具合や要望が寄せられているにも関わらずdriverや周辺softwareの更新を年単位でやらないんですから。X-Fiは枯れたHardとは程遠いのに。
Creativeという会社組織には「検証」や「改善」、そしてそれによって得られる「安定」「安全」といったことに対する意識が著しく欠如しているとしか思えない。
いずれにせよ「検証」の段階でこれだけLooseな会社だからHardwareにどんな欠陥があってもおかしくないし、様々な不具合の原因はHard/Soft両方が絡んだ複合的なものでしょうね。


関連記事


sand-storm.net