SAND STORM

朝ぼらけ

2008年3月31日

Creative炎上

現在日本で言う所の”炎上”現象がCreativeに対して起っている。これまで溜まりに溜まってきた不満がこの事件を契機に一気に爆発して連鎖的反応を引き起こしつつある。


0.事件に至る背景

まずCreativeはまともに動くVista用X-Fi driverを出しておらず、Linux用driver開発に至っては完全に取りやめた。さらにXP向けX-Fi driverはbugまみれであり、userからの不具合報告・議論が数千件あったにも関わらずそれを年単位で放置し、現在も直せていない。

こういったCreativeの劣悪な製品supportは何年も続いていることで、そのような背景があって以下の事件が起った。

1.3月28日、Creativeが自作改良driverを開発・releaseした作者(Daniel_K)を脅す

Silence From Sound card maker After customer Revolt @ WIRED blog

Daniel_K, Who Fixed Creative’s Broken Vista drivers, Speaks Out @ WIRED blog

Daniel_KとはDaniel Kawakamiすなわち日系Brazil(ブラジル)人

No More Goat Soup – Danielのblog

Creative Official forum – message to Daniel_K – 公式forumのthreadだが消されている

28日にthreadが作られてから異常な勢いで数が伸びている。Creativeがこれまでまともなdriverを出してこなかったこともあり、これに反発して該当threadのみならず公式forum(General Soundblaster)全体が大荒れとなる。

2.他の自作系forumにも話題が広がる

[OCN] Creative’s fall from glory @ overclock.net

Creative to sue modders. @ VR-Zone forum

3.この件に関連してか29日の土曜から日曜にかけてCreativeのofficial siteが改竄されていた

色々と仕込まれていたようなのでこの期間にaccessしたりdriverをdownloadした人はanti-Virus utilityなり何なり走査をしておいた方がいい。

CreativeのWebサイトが一時改竄。心当たりのある人はウイルス確認を @ 4gamer

4.一般的なIT系情報Siteでどんどん記事になる

Creative Says custom drivers Are “Stealing,” Gets Rocked by Protests @ DailyTech

Creative Goes After driver Modder @ Slashdot

Daniel_K speaks out about his modded (better) Creative drivers @ Engadget

Creative Labs prevents guy from making better Vista drivers @ Neoseeker

Creative threatens to legally pursue a modder @ Fudzilla

Creative Technology Threatens Sound Blaster driver Developer. @ X-bit Labs

commentの内容は”いまだにCreative製品を買う者がいるとは信じられない”といったCreativeへの絶縁状が大半だ。

5.さまざまな形でAnti-Creative運動として拡大する

BOYCOTTCREATIVE.COM

Creative Sucks @ cafepress

Creative Sparks customer Revolt When It Tries To Silence Third-party programmer @ Consumerist

boycott運動や、T-Shirtや標章まで登場し、消費者団体にも取り上げられた。


今回の反Creative運動は近年日本で起きた三菱自動車や雪印などを対象とした巨大報道媒体主導の糾弾とも違うし、またinternetでありがちな直接には関係ない便乗者が混じって叩ける対象に群がる炎上とも様相を異にする。

それは長年の間Creativeの劣悪な製品やsupportで実際に被害と苦痛を受けてきた人々が事件を契機に一斉に怒りを爆発させたという点だ。彼らは現にCreativeの顧客であり、良いsupport、少なくとも誠実なsupportが提供されていればCreativeの顧客であり続けた人々である。

Creative Technology Ltd. 株価(USA) (ADR) @ Google Finance

Creativeの株価を見るとこの不祥事で短期的に下げていることはもちろんだが、もともと長期で下がり続けているのが分かる。今回の事件でuserの不満が一気に表に噴出したことにより更なる長期的下落は免れないだろう。

What next for Creative @ Inquirer
Creative in boiling water @ Fudzilla 私訳

買収予測なども出てきているし、本社の入っていた建物を売却しているなど経営が行き詰まっていることが窺える。


[関連情報]

Sound Blaster X-Fi Digital Audio @ SAND STORM – Creativeの看板商品X-Fiを使用して私が経験したことを中心にまとめたreview。

Creative Technology Accuses Asustek of False Advertising of EAX Support @ X-bit labs

Creative Technology Claims That Asus Audio cards Do Not Support EAX

Creativeはlicenseを受けてEAX5.0まで対応したASUSのXonarがEAX5.0を完全にSupportしている訳ではないと主張。

The Future of Creative and the Sound card Market @ Slashdot

OpenAL 1.1 with EAX (Linux)

X-Fi running under linux is now officially dead – according to Creative
Labs that is. Citing an unwillingness to enter the world of linux due
to issues with DRM, (namely the distinct lack of them) CEO and general
spoilsport Sim Wong Hoo has put the kybosh on any open source drivers
ever being released from either it’s Californian base of operations or
it’s Singapore headquarters.

In a memo originally intended for internal use only, all work on the
open source drivers has ceased and the staff involved have been
redeployed to other projects. All that remains of the original plans to
provide Linux support is a scored out reference to their 2006 press
release.

Linux用のX-Fi driver開発を完全に中止し、それ用の人材は既に他の計画に配置し直した。
Open Sourceによって技術を公開しなければならないことをSim Wong Hooが嫌ったことが原因。

A short history of Creative Labs (AKA Creative’s Unethical Tactics)

「iPodがZenの特許侵害」――CreativeがAppleを提訴  @ IT media

Right back at you: Apple sues Creative @ Engadget


関連記事


2008年3月17日

あきれたCreativeの最新X-Fi Driver”SBXF_PCDRV_LB_2_15_0006″

X-Fi 2_14_0001beta driverと相性noise問題の進展

4gamer – 大容量メモリ搭載環境での問題を改善した「Sound Blaster X-Fi」新driver

一月頭(確かJan,7)、一年数ヶ月ぶりにCreative のX-Fi用βdriverが出たが、それから二ヶ月を経て(Mar,14)正式版がreleaseされている。
Creative – X-Fi driver download

しかし、release Noteを見てみると

Fixes:

  • Resolves the issue for systems with 4 GB of RAM.
  • Resolves the Digital I/O detection issue when restarting your computer.

Known Issues:

  • Before
    installing this driver, close the Creative mediaSource Go! application
    on your desktop and restart your computer. (After you have installed
    this driver, you may manually launch the mediaSource Go! application
    from the Start menu)
  • When adjusting the master volume in
    any of the mode Console, there is no sound output in the rear speakers.
    (Use the Microsoft volume Control panel to adjust the master volume)

β版と何も変わっていない。自前のX-Fi専用Consoleで音量調整したらFront2ch以外の音が消えてしまうのもそのままである。これはmode changeを行っても起るのでmode固定かつvolume Controlを使用という縛りでしか避けられない。

一体二ヶ月もの間何をやっていたのか知らないが、こんないの一番に直さなければならない基本的問題がそのまま放置されているところを見るとβからロクに変更は加えられていないのだろう。また、βで起きた元のdriverに戻そうとすると地獄loopに陥る問題も残っている可能性が高い。しかも連中はこれを正規品としてreleaseしていいと認識しているのだからあきれたものだ。

この問題を4gamerでは

モードコンソール上からマスタボリュームを変更した際にリアspeakerからの出力が失われる場合があります。その場合はオペレーティングシステム標準の音量コントロールを使用してください。

「失われる場合」とまるで起きるのが稀であるように記述しているが、英文を読めば分かるように基本的に「失われる」のである。これはControl Panel(コントロールパネル)の詳細で各channelの音量その他を調整できるように仕様を変えたのにConsole側がそれに対応してないのが原因だからだ。

もちろん問題はこれだけではない。forumでは新たな不具合が報告され始めている。

Creative forumAttension with new driver 2.15.0006 / bugs !


Petition to demand Creative to release new XP driver for X-Fi soundcard.

しかし、こういったβ版というのもおこがましい不具合品を平気で”正規品”として出してくるのだからこれまで味わったtroubleの数々も納得がいく。

つまる所Creativeというのはこういう感覚の連中だということだ。そして長年の間馬鹿げた不具合が横行しているのは、そんな連中・部門をそのまま使い続ける経営者がTOPを務め続けているということに他ならない。


関連記事


sand-storm.net