SAND STORM

朝ぼらけ

2010年4月30日

Daily Log (April 2010)

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 23:30

◇タダほど高いものはない

Chicappaは容量が3GBから15GBに増えて、Spaceを気にする必要がまったくなくなった。

WordPressはそこかしこに不満はあるが更新し続けている。

一方、一年更新しないと消されるので、更新の為に触ったココログはより一層酷くなっていた。

タダほど高いものはない。

(more…)


関連記事


2010年4月29日

UFO: Enemy Unknown(X-COM: UFO Defense) – play log vol.2

Filed under: 未分類 — Tags: , , — sajin @ 00:21

◇UFO: Extraterrestrialsはやはり改悪版か

原版のUFOに馴れた後でUFO: Extraterrestrialsをやってみると、これは酷評されても仕方がない出来だ。

×描写がreal調になった割に質が低く、特に3Dで表示される惑星表面の質が悪い。またその上で繰り広げられる戦闘機とUFOの描写もよくない。

××IntercepterとUFOの戦闘systemが簡易化され、追跡指示を出すだけの詰まらないものになってしまっている

△地球を架空の惑星にした意図がよくわからない。ピンと来ない地形になっている。

×××user interfaceが酷く悪化している。描画基調と合わせて、まず情報が読み取りづらい。それだけでなく、操作に余計な手間がかかるようになっている上過ちも冒しやすい。例えばUFOを指定してIntercepterを発進することができないので、一々戦闘機画面を開かないといけない。戦術戦闘時に銃を撃つごとに一々resetがかかり、その度に銃撃modeにしなければならないのはあまりに面倒。他にもmouseでのdrag、arrow keyともに惑星回転の速度が遅いなど、悪化した点が多すぎる。

また、これはやり込んでいないので善し悪しは分からないが、戦闘のbalanceが大きく変わっている。

Extraterrestrialsは元のUFOが持っていたMagicを失ったと謂われるが、日本で謂えばウルトラマンの様な1970’sの地球防衛隊のノリで見た目もsystemも組まれていたのが消え失せており、こういったsubcultureの経験不足から来る娯楽感覚の貧しさが旧社会主義国の開発teamの良くない点だ。

(more…)


関連記事


2010年4月26日

World War I (PC game,2006)

Filed under: 未分類 — Tags: , , — sajin @ 04:07

Released: 2006
Platform: Windows
designer:
Developer: Dark Fox (Russia)
Publisher: 1C Publishing (Russia)
Engine: Enigma engine (Blitzkrieg engine)

Official: WWI – официальный сайт проекта
Forum: Official 1C Company forum > 1C Publishing > 1C games
Wiki: Blitzkreig (video game) @ Wikipedia

別名”WWI: The Great War”。Nival Interactiveが開発したSudden Strike系のreal-time Tactics game ’Blitzkreig’のAdd-on: Operation “North”を開発したDark Foxが第一次大戦をconceptにその経験とengineを流用して作ったgame。 (more…)


関連記事


Older Posts »

sand-storm.net