SAND STORM

朝ぼらけ

2011年3月29日

Daily Log (March 2011)

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 03:03

◇本当のstress解消

つまり本当のstress解消というのは、あるべき型を追う自身に巣食う執着の破壊、resetにまで至らなければ行われないということだ。

◇社会的笑い

社会的笑いには自らの快から生まれる笑いと、他人があるべき姿をとる事を失敗するのを見て生まれる笑いの二つがある。

後者の他者の地位降下の笑いがちゃんと定義されてこなかったのは、暴力・性愛・社会的地位という主要な要素を巡って人間が行い続けている地位のgameが見えていなかったためだ。

快の笑い、地位降下の笑い、いずれも社会的信号として用いられている。

快の笑いは”私は何の物質的・精神的地位降下も受けていないし、あなたにも与えない存在ですよ”ということを示し、友好の印となる。嘲笑など地位降下の笑いは、降下する他者の地位と相対的に上がる自己の地位との差をより決定づけ長続しようとする地位のgameにおける印となる。

◇絶望の源泉

人間社会では主に、暴力の地位(他者からの直截的収奪と防衛)、性愛の地位(子孫の獲得)、社会的地位(金銭など物質的利益回収と他者からの承認)の三つの地位を巡って人生を賭けたgameが行われている。地位は上に行けば行くほど席が少なく、得られるものが飛躍的に多くなるpyramid状のhierarchyを構成する。

前近代の原始的社会であるほど暴力の地位が幅を効かすが、近代化が進むと暴力の地位が有効に機能することは少なくなり、社会的地位がそれを凌駕していく。

富が蔓延し、個々人の自由な活動が物質的に可能となった消費社会に生きる現代人は性愛の地位や社会的地位を巡る”あるべき型”を見せられて、絶えずそれに踊らされて生きている。

あるべき型との溝が大きくなればなるほど人はより大きな絶望に囚われることになる。といっても、あるべき型をその身で提示しないと恋人を得て性交して子孫をつくるだとか、就職して金銭・物質・社会的承認を得るだとかいったことができないので、社会の中で生きていく人間はそれを追わざるを得ない。

あるべき型への執着をやめるということは、その社会に生きるのをやめることを意味し、子孫をつくることはもとより、今日明日の生きる糧さえ得られなくなる。だから、人間はより上位の地位を保証するあるべき型に執着し、それを追うmode(回転する生態の型)を形成していくことで生きていく。所が上の地位を得られるものはごく限られるので、人は追い求める地位を得られるはずのあるべき型と自身との差の溝、すなわち絶望を抱えながら生きていかざるを得ない。

外界が要求するあるべき型を維持したり、向上させるには多大な肉体的・精神的労力が必要となり、必然的に肉体的・精神的疲弊を生んでいく。

◇高stress環境でいかによく狂うか

個人的経験から言うと、高いstressのかかる状況が続く場合、いかによく狂えるかが重要だと思う。

外界の欲求に答える日常の繰り返し作業modeの中で様々なstressが溜まっていくのだが、人間という生物種の頭はどう足掻いてもあまりよろしくないので変に考えてもよい方向性など打ち出せない。頭が良かろうが悪かろうが下手に考えるぐらいなら宗教に嵌って考え無しに過ごした方が余程マシということもままある。

stress解消というと酒などdragを飲んで暴れ回るというのが一般的なのだろうが、それができない場合、半ば意図的かつ効果的に狂えないとstressが積み重なって壊れてしまう。

一人でできるちょっとした狂いというと、奇声を上げたり何かを破壊したりという破壊衝動系のが思いつくがこの方向の狂いは実際はmodeのrefleshにまで到らず中途半端でよくない。

色々試してわかったのは、楽しい方向の奇声を出してみる、身体を変な風に色々動かす、本能の赴くままに動いてみるといった子供がやっているようなことで、実際身体をぐにょぐにょ動かすような馬鹿な踊りをしたり、本能の赴くままに妙な歌を歌ってみたり、端から見たら気違いに見えるようなことをやるとすっかり気分が変わり、その後風呂でも入ると肉体的にもrefleshされて実に調子がよくなる。

そういうことをやっていて気づくのは昔の日本の~節だとか、~踊り、土俗の歌みたいなのは肉体・精神両面で実に効果的な日常の精神的負荷を吹き飛ばす力があることだった。昔の人は肉体的にも精神的にも現代人と比べものにならない厳しい環境に生きていた訳で、自然環境や人付き合いの様な自然とstressが解消されることも多かったのだろうが、今も文化として残る生きた知恵をつくりあげていた訳だ。

絶望が深いほど様々な自己変化やstress解消法に到ることができる、というか到らざるを得ないが、現代人はstress解消を商売人が提供するserviceに求めることが多く、これは結局自己の根っこを変化させないので効果的でないと思う。

(more…)


関連記事


2011年3月26日

2011.03 PC troubleに伴う記録と新体制への移行

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 21:31

◇Laptop

Acerの五万円ぐらいのlaptopを買ったんだけど、touch padが安物で左右clickが別れていないので少し扱いづらい。

laptopはbackupとしてはいいけど、desktopと並べて置くと使わない時が多いのでもったいない。laptopの問題はhardware一式とOSが一体化し過ぎていて、特に記録媒体にあたる部分が気軽に取り替えられない点。必要に応じてWindowsを立ち上げたり、Linuxに切り替えたり、外部の記録媒体から立ち上げたりといった事ができない。

最近はSD cardでも32GBなんてのが当たり前にあるんだから、card一枚差したらまったく違うOS環境を簡単に使えるといった気軽さが欲しい。

(more…)


関連記事


2011年3月16日

Fraps

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 14:42

official: FRAPS show fps, record video game movies, screen capture software


Thanks for bring this issue to our attension.  Our developers have just released Fraps 3.3.3 which includes a fix for this problem.  If you would like to give it a try you can download it directly from the following link:

Hopefully this new version helps to resolve this conflict, however please let me know if you continue to have trouble and I will try and assist you further.

Regards,
Chris Van Graas

下の問題を即修正。最近のFraps開発のやる気は異常。

v3.3.2でX_Wheelと競合が起き、Frapsを起動しているとX_Wheelでの操作が効かない。報告はしておいたが、X_Wheel userは以前のversionに止めておいた方がいい。


関連記事


Older Posts »

sand-storm.net