SAND STORM

朝ぼらけ

2011年5月30日

Across the Dnepr – play log vol.1

Filed under: 未分類 — Tags: , — sajin @ 07:51

◇Turn 18 – ほぼケリは付いた

Turn終了時に東端中央部のVyazmaに隣接。東北端のRzevも次turnには到着。もう勝敗は決した。後は盤面をほぼ完全に征圧してVP獲得を待つのみ。

序盤の殲滅戦が響いて赤軍は終始部隊不足で各地で個別に包囲撃破されるだけだった。独軍側も補充こそほとんど来ないとは言え、援軍がひっきりなしに訪れるので、物量で赤軍を圧倒している。これは最初の殲滅を行わないでも物量の優位という点で変わりはない。

やはり惜しいのは赤軍の遅滞戦、特に橋の破壊を利用しないという点で大きな問題があったことだ。

このままKPで防衛をやってもいいのだが、終盤の作業的な進行にちょっと飽きているので、場をSecond Editionに移してAlliesを担当するか、他のWargameをやろうと思う。

(more…)


関連記事


2011年5月23日

Daily log (May 2011)

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 00:09

◇PCと有線

laptopを中心に使い出して、色んな場所で色んなものに繋いで使うのを試していると

PCというのは線に縛られていてはその力を十分の一も発揮できないものだと思い知らされる。

無線になる。PC自体を動かしてその場その場にあるものに繋いで動かす。Network越しに動かす。

こうすると働きやそうして生み出されるものがまるで違ってくる。

◇烏賊と蛸は焼いてくへ

むかしはすぐに捨てていた

少し古びた烏賊・蛸は 食えるものかと捨てていた

焼けば死ぬほど美味かった

焼けば死ぬほど美味かった

いっぱいすててごめんなさい

(more…)


関連記事


2011年5月22日

Kharkov: Disaster on the Donets – play log vol.1

Filed under: 未分類 — Tags: , — sajin @ 22:27

◇索敵のgame

作戦のgame(VPを巡るgame、全体の戦力balance,Off Map Areaにおける配備や移動)という戦略次元のgameと、

索敵のgame,移動のgame,攻撃のgame,防御のgame,これらに付随して爆撃という戦術次元は四層でgameは構成されているが

KorsunからKharkovまで足りないのが索敵のgameにおける航空機の存在だ。Anti-Airを盛り込み、索敵による敵情報の獲得が爆撃に必須なのだから索敵機の存在とそれを妨害するAAという索敵層における戦いが欲しい。

◇Korsun PocketにおけるTimed Replacement

よく見たらTimed replacementはKorsun Pocketにもあった。3.10.3 Unit Strengthの後半がそれでTimed lossで説明してある。Timed replacementはその補充分である赤円内の数値。

もっともTRを持つ部隊が少ない、損傷が回復するまでのturn数が長い、TR自体は補充されない、などKharkovのそれより活躍する出番は少ない。

◇Kharkovでやった方が面白そうなscenario

攻める側がZoCによるOP penaltyにとらわれず派手にやれるというのは魅力的でKorsun Pocketの既に包囲下にある部隊を救いに行くscenarioなんかはこのKharkov systemでやった方が面白い。Across the Dneprはどうだろう?あれも広大な平野に攻め込むといった特性上展開が流動的になり易く、AOが下手に足枷にならないことを祈りたいものだ。

◇Area of Operationの問題

最後までplayしてAOはやはり展開が歴史と異なれば異なるほど矛盾したものとなる。特にKharkov scenarioのような、各方面が流動的で展開が大きくことなったものになりやすいscenarioだと、目の前で他の部隊がたたかっているのに完全に遊兵になるFormationがでたり、ちょっとAO外に出てこの道を通れればあちらに行けるのに行くことができないといった、これはないんじゃないかといった場所がちらほら出てくる。

指揮bonusが受けられない,OP penaltyが付くといった条件でAO範囲外行動を認めるとともに、ある程度turnが経過したらAOそのものを解除する措置が必要だ。

◇Kharkov Allies Normal 16turn end

9-12turn辺りのKrasnograd方面は枢軸が正面から猛攻を試みる激しい戦いとなった。一時期やられるかと思ったが、Kharkov方面から引き抜いた部隊を順次投入し、川沿いを防御すると同時に南面はStrongpointを配置して防衛、敵は攻勢をあきらめ両側から迂回を目論んだもののそれも防ぎきって最後までVPを獲得し続ける。

(more…)


関連記事


Older Posts »

sand-storm.net