SAND STORM

朝ぼらけ

2014年1月17日

日誌 – 平成二十六年一月

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 03:25

◇日本のCD

去年前半ぐらいまでCDという媒体はもう付き合うのを終わりにすべきと考え、人生のなかで余程記憶に残ったもの以外、積極的に処分して数を減らしていたが、後半からやたらと買うようになった。

一つの要因は洋楽のCDがひたすら安いことだ。一枚1000円を切るのは当たり前、最安値では八百円を切るものもままある。特に凄いのは発表した全CDを簡易なBOXにして三千円程から十枚以上入ったものでも五千円程で売っていることだろう。日本のCD一枚買う金額で、歴史上重要といっていいような音楽家のCDすべてが手軽に入手できる。

だから昔、聞きたかったが無闇矢鱈と買うわけにはいかなかったので我慢していたものや、好きなalbumを出していたmusicianだが、album全部揃えるのは金がかかり過ぎて無理だったのをどんどん買っていっている。加えて、洋楽は大概Youtubeで全曲参照可能なので、外れのものを買うことは滅多にない。

逆に、著作権団体が口やかましく金をせびったせいで、自由に流すことがまったくできなくなり、動画での確認どころか、せいぜい数十秒の試し聴きかできないのに三千円で売られる日本の音楽家のCDは、先に「その人の活動全体を応援する」という心理状態に入っていないと到底買うことはできない。だからジャニーズやAKB48商法があれほど盛んになるのは必然だ。大量生産の複製物という本来距離や時間を無視できる存在が、逆に頻繁にliveに行ける人間だけしか買わないような代物に成り果ててしまっている。これほど技術も時代も流通も変化した今、こんなことが横行しているのは目眩がする思いだ。

日本の流通の愚かな所は未だに関所modelが通用すると思っている所だろう。mass mediaでガンガン曲が流れて、自動洗脳状態で聴きたい人が大量発生し、CDを買うしかないという二十年前の商売を未だに続けてる。既にCD(というより円盤)を買う人間は、信者か、中身の質を確認して、それでも、それだからこそ買いたいという人しかいないことを理解していない。前者には特典だの何だのをつけて満足感と引き替えに高い価格を、後者には技術の進歩を最大限に活かして可能な限り安い価格を提供する他ないのだ。このような状況では中身がそのままどこかにuploadされて、それを誰もがタダで丸ごと参照できることは、商売の邪魔どころか購買の前提で、商品の中身を公開しない関所は障害でしかない。むしろ、official siteやYoutubeで購買に繋がる形でいいように公開しないから、何の利益にもならないrentalや海賊版に走るようになる。こんな終わった流通の奴隷になっている日本の音楽家が食えないのは当たり前だろう。 (more…)


関連記事


2014年1月7日

Comic Market(コミックマーケット)85 – 戦利品と感想

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 15:11

Comic Marketなるものに行くのは初めてで、いきなりいくと死亡しそうだったので、まず29日の十四時頃に下見に行った。一応混雑する時間帯は躱したつもりだったが、大量の客が残っていてとても容易にうろつける空間ではなかった。また東館・西館・屋上・出口が長い通路で結ばれる特殊な構造は、馴れないと難しい。

全体に戯画的な”オタク”というのは少なく、どちらかというと容装はむしろ街の一般人よりおしゃれであったり、良い物を着ているように見えた(別にcostume playをしていなくとも)。特に色合いに対する感性が一般人より高いようでvividなものが多い。時代性もあるのか、そもそもオタクは審美眼が高いのでそれを自身と容装に向ければ、当たり前とも言えるが、すべてを忘れて対象に没頭すべき、と考える古風なオタクには許し難い?ことだろう。

参ったのが帰りで、ゆりかもめという荷物を載せる網棚もない車輌にcomikeの客、お台場などの観光客、支那人やら白人やらが後から後から乗り込んできて立っているのも難しくなった。

(more…)


関連記事


sand-storm.net