SAND STORM

朝ぼらけ

2014年10月22日

日誌 – 平成二十六年十月

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 05:11

◇桃知みなみ
最近のニコ生を見ていると桃知みなみが面白い。

◇不憂民萌

趙氏,中央之國也,雜民所居也。其民輕而難用也。號令不治,賞罰不信,地形不便,下不能盡其民力。彼固亡國之形也,而不憂民萌。『韓非子』《初見秦》

趙の国は諸国の真ん中に位置して、様々な住民が暮らしている。その民は命令してもろくに聞かず、賞罰を下しても信じて従うことはなく、地勢は守るに不便で、もとより国が亡ぶのが自然の形である。にも関わらず、民は萌えて憂いがない。

趙というのは、当時西の大国秦と東の大国斉に挟まれた中原の国の一つで、元は晋という大国であったのが韓・魏・趙の三カ国に分かれてしまったものだ。この晋の分裂により、諸大国の勢力均衡は崩れ、旧時代の遺風を残した春秋時代の在り方が情け容赦も礼儀もない戦国時代へと変わっていく。激しい競争の中で、諸国の王侯大臣は諸子百家と呼ばれる新進の思想家に教えを請い、時には宰相の位にまで就けて国の運営を任せた。孔子・老子・孫子といった有名人は元より煌びやかな百家の時代が訪れたのだ。

その都邯鄲は、「邯鄲の歩み」の故事で有名なほど流行の発信地だったが、民衆は萌えていて憂いはなかったという。

「邯鄲学歩」荘子≪秋水篇≫
(more…)


関連記事


sand-storm.net