SAND STORM

朝ぼらけ

2016年10月27日

投資日記 2016/10

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 03:46

◇相場に関わるとは

何か武道を始めると思った方がよい。
それは規則に固められて競技化されたものではなく、ほとんど何でも有りの武道である。だから武術という方が近い。
武術の修行を始めたばかりの初心者がまともに闘えるわけもないし、正しいことを年々積み重ねた武術者だけが危険の中で成果を勝ち取り得る。
一時、名を馳せた武術者でも衰えてまともに闘えなくなるのもよくある話だ。
残るのは、絶えず学びつつすべての誤ちを削ぎ落として環境に適した形を維持し続けた者か、劣った者に武術を教えるなり、食い物にする者だけだろう。

◇亡者

大体相場に関わっている者など世間は亡者とみなしているが、それも当然の話で、そこに直接的な意味での社会や人のためになる何かを生み出すものは何もなく、賭博と何ら変わりないというのが実感であり、直感であり、また実質でもあろう。さらに言えば、証券会社の人間ほどその亡者視は強い。彼らは顧客を、死んで当然、奪われて当然の亡者とみなしている(例外は大口の上客だけだ)。

こういったことに反駁する「相場に関わることの正当性」(言い訳といってもよい)をほとんど見たことがない。矢口新が「実需で取引している者への流動性(売買の機会)を供給する」と言っていたが、それは結局大多数の敗者が養分となっているだけのことだろう。一般に投資家というのがまるでさも自分は真っ当なことをやっているという見せかけを構築するのに成功しているが、それは実態はともかく、安定した流動性を供給するからである。投機家が忌み嫌われるのは、不安定な流動性を過剰に供給するからだ。実際は両者に境目などないのだが。

相場師になる(誰もが実際に金を入れて始めれば即相場師だ)ことの利点、自己一身だけでなく、周囲や社会にももたらされる利点は間接的な所からしか生じない。相場を通じて、人間を知る、企業を知る、経済を知る、社会の実態を知る、己を知る、そして自己を改め律していく、そういったことを通じてしか起き得ない。相場というものがそういうものである以上、過ちや愚かさはただ失うことにあり、正しさや賢明さは得たものであれ、既に持っているものであれ失わないことにしかない。

◇背信

結局、国が相場、特に株式市場への参入を制度的に煽り立てている訳だが、一方でriskへの教育、資産を過剰に危険に晒さない最低限の技術すら教えないやり口は、満蒙開拓やDominicaなどへの棄民とまるで一緒である。国も、証券会社も、個人投資家が愚かな過剰投機に走るのを止めた方が得になる(一方は手数料、一方は税金)にも関わらず煽り立てるだけで長期的に安全に相場に関わる最低限の手法すら教えない。
(more…)


関連記事


2016年10月21日

日誌 – 平成二十八年十月

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 01:15

◇十月終えて

一月の内に夏が冬になった。そして最後に転げ落ちた。痛い・・・
(more…)


関連記事


2016年10月17日

相場師と著作一覧

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 22:42

以下は著名な相場師や相場教育者を生きた年代と簡単な解説を付して、書籍を軸に並べたものである。つくった経緯は、単にPan Rolling社の和訳本の題名改竄が酷いので整理していたら増加したというもの。人物や書評は、きっちり読み込んだものから、まったく読まずにreviewや評判を見ただけのものまで、つまり適当である。常に工事中。

多くの人は相場で勝ちたいと、日夜涙ぐましい努力を続けています。そのために、次々と新しいことを学んでいきます。だから、頭の中に入りきれないほどの多くの知識が増加していくのは当然です。しかし、不要なものは捨てるべきです。また、知識に一貫性をもつことも大事なことです。

知識を多く得たからといって、それが本当に役立っているのか、あるいは、新しく仕入れた知識が技術の上達に役立っているだろうかということを考えて確認してみると、実に恐ろしいぐらい役に立ってはいないということが分かると思います。

恐らく自分の技術に対する不安感から何か読まずにはいられない、役に立つものがあるかもしれないから読む、あるいはすぐに役立つことはないかもしれないが気休めのために読まずにはいられない・・・、そんな自分の慰めのために読んでいるというのが実情でしょう。根本的な売買技術の上達には少しも寄与しない知識をいくら集めても無駄なのですが、何もせずにはいられないからなのです。

立花義正 『あなたも株のプロになれる』 p.220

Rating:☓=有害、★=2 ☆=1、S=時代を超えた価値。星は含まれる価値を示し、低いからといって役に立たないわけではない。 (more…)


関連記事


Older Posts »

sand-storm.net