SAND STORM

朝ぼらけ

2009年10月18日

Decisive Battles of WWII: Korsun Pocket

Filed under: 未分類 — Tags: , , , — sajin @ 03:51

Released: August 1, 2003
Developer: Strategic Studies group (Australia)
Publisher: Matrix Games
Engine: Decisive Battle engine

Official: Korsun Pocket – Decisive battles of WW II @ Matrix Games
Forum: > Matrix Games forums / Run5 forums forum
Wiki: Wikipedia

第二次大戦の東部戦線でKorsunを巡る攻防を扱う作戦級のWargame。

[historical Background]

第二次大戦の東部戦線独ソの攻防も転機を迎えようとしていた。膨大な数を投入した赤軍の1943年から44年に渡る冬季攻勢はDnepr中部を守る独軍防御線を崩壊させ、独軍は西部への後退を余儀なくされる。

独逸はDnepr川西部Korsunを中心とした一帯を保持していたものの、司令官Mansteinは部隊が早晩包囲殲滅されることを予期し再三撤退の許可を求める。しかし総統はその突出部の死守を命じたのであった。

The Eastern Front > Korsun Pocket

◇Strategic Study groupの歴史

SSGは1983年の”Reach for the Stars”のような古い名作から初めてheroを取り入れたDune2型戦術級4X”Warlords:Battlecry”などを出してきた開発会社で、ここでWarlordsを開発していたSteve Fawknerが独立して興したInfinite InteractiveがPuzzle Questも開発した。Puzzle Questの正式な名称は”Puzzle Quest: challenge of the Warlords”だがこれはWarlords Battlecryの流れである。

SSG本体の方は現在ではWargame一本のようだ。

Strategic Studies groupの歴史 – Puzzle QuestとKorsun Pocketの意外な繋がり

SSG @ Gamespot

[Edition]

拡張Scenarioとして”Decisive Battles of World War II: Across the Dnepr”が出ている。Gold版はなし。

販売はpackageとDonwload。

[Patch]

install -> v1.10 -> v1.11 -> v1.12b

download版は最初から1.12bかつNo Protect。packageで販売されたUS版にはcopy protection問題を解決するpatchも出ている。

[Trouble]

・起動時のvideoが終ってgameに入ろうとした瞬間不正終了
->SSGの動画再生からMatrix GamesのVideoに切り替わる瞬間に起きている。回避方法はSSGの動画再生中に”Win”keyを押してdesktopに戻る。これでmenu画面の背景こそ表示されないものの問題なくplayできる。

動画CODECの相性が原因。

Decisive Battles: Korsun Pocket > Korsun Pocket Support > Crash to desktop (CTD)

[menu/config]

desktop<->fullscreen 切り替え: 可/瞬間
window化: 不可

○Wargameにしてはかなり練り込まれた操作系とInterface

menuから様々な表示切り替えができるが、これはほぼすべてshortcut keyで即時切り替えが可能。

L: Binocular=unit選択cancel
I: Victory point対象となる目標の表示 on/off
O: Combat rate on/off
P: 妨害による負荷移動point表示 on/off
H: HEX Grid on/off
G: 制圧下色分け on/off
F: Front Line on/off
S: Supply on/off
Q: 最下段中央切り替え
M: 戦闘による荒廃表示 on/off
N: 都市名 on/off
X: Surprised解除待ちunit on/ff

Ctrlを押しながら移動すると左clickを押しても移動確定せず移動経路を見ながら柔軟に目標設定できる。

Alt: zoom表示
Alt+wheel Up: zoom In
Alt+wheel Down: zoom Out

X_wheel NTのcustom ActionなどでAlt押しっぱなし状態にすればzoom表示のままにできる。

[Graphics]

描画はsoftware

〇一定以上の質を保ちながら、わかりやすさを優先した表示。

[Sound]

◎BGM

数十年やってきた数多いgameの中でも記憶に残る出色の出来。

WWIIの東部戦線にピッタリのBGMだが、単に暗い音楽ではない。不十分な補給、不利な戦力、極寒の冬季の中行われる理不尽な戦い。そういった抑え付けられた現実の中、それでもなお腹の底で燃え盛る英気を表現したような音楽だ。

unitの移動時には歩/騎/車輪/キャタピラそれぞれの種類に応じて走行音が異なるのでわかりやすい。

[rule]

◇Ardennes Offensiveの発展版

May 31, 1997に同開発元/SSI出版で出したThe Ardennes Offensive“のsystemを発展させたもの。USAに作った宣伝SiteからFull版を落として遊ぶことができる(Free Full game download)がDOS時代のprogramをWin95のsystemで動かしているようなもので現在ではplayに耐えないだろう。

一部だがKorsun PocketとAcross the Dneprには”The Ardennes Offensive”のScenarioが付属しており、進化したsystemで遊ぶことができる。

・turn-based
・1turn内にPhaseなし。補給のみが自動的に行われ後は移動/戦闘が混ざった形で行われる。

・CRT: 地形ごとに異なる
季節/天候により同じHEXでもCRTは変わる

◇特徴的な移動system

機甲部隊が1turnに30-40hexも移動する能力を持つ代わりに、防御側にはZOC/guerrilla/分遣隊などさまざまな手段でそれを妨害できると、移動をめぐる攻防が熱い。

◇秀逸な補給system

補給はmap端の補給源 > 補給部隊 > 各部隊と段階を踏んで行われる。それぞれの間に妨害が入ると補給効率が落ちたり、届かない。補給可能Areaは色分け表示されるのでわかりやすい。

Korsun Pocket – guide

各要素の詳細はこの記事で紹介しておいた。
[AI]

Korsun PocketのAIはこれ以上は望めないというぐらい高い水準のものだ。

◎盤面全体を見た部隊配置ができている

独軍中央部分の勢力が弱いと見ると大挙して突進、それに対応して独軍がそちらに援軍を向ける。そうしてその近辺の戦力比が逆転すると、付近の部隊すべてが大きく後退して川などを用いて防御線を築く。

こういった広く盤面を見ての突出・後退を当たり前のように行ってくる。

もちろん、そうした全体視野だけでなく、

・地形を利用した防御、防御陣の構築など防御面がキッチリしている
・弱点を狙っての攻撃、孤立した部隊への急襲など攻撃が上手い

といった地形や部隊連携を考えた戦術levelでの配置もそつがない。中でも隙を突いて攻撃してくるのが上手い。隙あらば必ず攻撃を仕掛けてくる積極さで、下手に引き篭もったりするようなことは絶対にない。

要求される能力全般に渡って完成度の高いAIだ。

[gameplay]

最初戦線をジリジリ押し合うgameかと思っていたがさにあらず、各駒の移動能力は高く、激しく動き回って戦線はどんどん動いていく。危険を背負いつつ部隊を進め、敵とがっぷりよつに組み合った時の攻防の熱さ。多彩な移動と戦力の集中で少しでも相手部隊を削り、突破口を探し出し相手を追い込んでいく。補給が限られた中で双方互いの肉を削り骨を絶つ死闘が繰り広げられる。

KPの場合、補給と戦闘が絶妙に絡み合っていて、時には互いの足を引っ張り、時には殲滅戦を演出してくれる。高い移動能力を持つ駒をどのように組み替えていくか。ある部隊がその時南方にいても、僅か2-3turnで別方面に参加することができる。将棋が幾重にも積み重なって同じ盤で行われているような様なのだが、それがすべて面白味として染み出してくるのがいい。

Korsun Pocketが熱い!

[総評] : 名作として語り継がれる域に達した作戦級の傑作

playには時間と頭の余裕が必要なため、いつもやっているわけではないが、常に頭の片隅にやりたいgameとしてあり続けている作品だ。

まったくのwargame初心者には辛いかもしれないが、ruleの複雑さを乗り越えてやる価値は存分にある。極寒の大地の上で、足に絡まりつく泥濘の中で、身を削るような熱い戦いをやりたいならこれに優るものはない。

Korsun Pocketはwargamer界隈だけでなく、一般的なgame siteでも高い評価を受け、Kharkov: Disaster on the Donetsなどさまざまな発展的seriesが登場し、expansion packのAcross the DneprはSecond Editionとして2010年にrevivalされた。それも当然の出来だろう。


関連記事

1 Comment »

  1. 理由は知らないが、NOD32とAvastでkorsun.exeがmalware扱いされて消去された。
    NOD32はかなり昔にVirus扱いされてclaimを入れたか例外扱いにしたのか忘れたが、最近avastとの組み合わせでmalware扱いされて一方的に消去された。しかもchestに欠片も残っておらず例外扱いにして再installしないと戻らない。
    Avastにclaimを入れておいたが対応するのかどうかはわからない。

    Comment by sajin — 2011年5月20日 @ 22:16

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net