SAND STORM

朝ぼらけ

2012年12月22日

GamersGate – 使用記録 vol.2

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 19:50

◇minion

avatarみたいなものだと思って気にしていなかったが、選んだminion(しもべ)によって特定のgenreで割引きやおまけをつけてくれる。favorite genresはそれを元にお勧めのminionを自動選択する機能。

また”Use the minion as your GamersGate avatar”をcheckすると、上で選択した色と組み合わせてavatarになる。

◇.ukと.comでの価格差と為替の差

Crusader Kings II: Dynasty Shield IIは.comでは$1.99で、.ukでは£0.99で売られている。

$(dollar) /£(pound)/¥(yen)の外国為替相場(Dec.25,2012)は

$>£:$1=£0.62
£>$:£1=$1.61

$>¥:$1=¥84.79

£>¥:£1=¥136.66
¥>£:100¥=£0.73

以上のようになっており、為替相場における交換比から商品価格は.ukが.comの0.62倍、もしくは.comでのそれが.ukの1.6倍なら同等になるが、実際には.ukの価格は.comの半分(*0.50)になっている。

.ukは確か地域制限のかかる商品が多かった記憶があるが、accountのdataは.comと完全に同調しており、Paradox製品のような何の購入制限もかからないものなら為替での交換比率と商品価格比に差がある時は安い方で買った方が得になる。

◇Promotion codeでのbluecoin購入

.comでのblucoin購入は1,000bluecoins=$1
.ukでのbluecoin購入は1,000bluecoins=£0.62=$1で為替相場と完全に同期している。
また商品のbluecoins価格も.comでの$を1,000=$1でbluecoinsにそのまま換算したものになる。

現在”IAMANELDERGEEK”のpromotion codeを使えば決済の度ごとにcart内の一番安い商品に対して5%の割引きを受けられるが、これはbluecoinsの購入にも使うことができるので、まずbluecoinsを5%引きで入手し、game購入の際にさらに5%引きを適用すれば二重に割引きを受けられる。

◇改善は為されているが

買った商品をalertとwithlistから自動除去するのはやるようになっている。ただし、未だに既に所有している商品を、その商品画面を開いたときにowned表示しない。一応持っていれば決済前に警告は出るがcartに入れただけではでない、大量のDLCなどとの絡みで自分のlistを参照しながら買う買わないを決めねばならないのは手間がかかり過ぎる。

◇大量のgame

gameというのは娯楽の中で受動的なものと主導的なものの中間に位置するため、受動的な音楽・映像などにくらべ数を手に入れても実際に使う率はかなり低い。

受動的 音楽<映像<画<本<video game<physical game<<<<outdoor 主導的

gameの使用率が低くなるのは、

  • 一般に時間と労力がかかること – gameというのは現実世界とまた別の規則を持つ世界で、それ を習得し、遊ぶには時間と労力の両方がかかる。また構造的に時間がかかるように作ってある物が多い。
  • 感覚占有率が大きいこと – 音楽なら耳、映像なら目と耳それに対応する脳の部分という具合だが、video gameはそれらを綜合した上にさらに動的に様々な状況を生成してそれに対応しなければならないので、音楽のようにgameをplayしながら他のことをすることは難しい。

が大きな要因。

video gameそのものは大量に手に入るようになったが、半ば主導的に関わらなければならないため、やるものなど極限られている。またよく作られたgameは碁や将棋、chessに代表されるように千年超えても問題なく遊び続けられる。それに近いような域に達しているgameはすでに多くある訳で、頭を使いたい、反射神経を用いたいとか感覚刺激を受けたいだけなら、安定した結果を得られるそれらをこなしているだけでも十分時間は過ぎていく。

最近は映画的な表現としてもgameとしても下等な流行のgameにはほぼまったく付き合わずに、安価に視聴できるようになった映画や劇の名作を時代を問わずに見ることが多くなった。indie bundleなどもよく買うが、十に一つもplayするかしないかという程度で、ついでについてくる音楽を聴くことの方が多い。

娯楽というものは、他者の需要に奉仕して生体としての自己に備わる様々な感覚や欲求を抑制する活動すなわち労働とは逆に、自己中心に行う感覚発露で、人間に備わるさまざまな感覚や装置が使われずに余っている(和語で遊んでいる)のを、やりたくない部分はすべて不活性状態にして、やりたい部分だけを活性化させる行為、というのが私が見出した実態だ。

結局そういう余剰を使用して発散できそうな夢を買う、陽(ハレ)を買うという側面が娯楽の購入、特にgameのような実際には使う可能性の低い娯楽の購入においては大きい。こういう夢を買うというのはvideo gameに限ったことではないが、video gameのそれは使用率が著しく低いという点で無駄が大きい。

◇不安定なGamersGateの安売り

gameの交換そのものは物理媒体の時代からあったが、digital download販売の進展でそれが拡散し、加えてSteamがuser間で割引きや引き替え券などを交換するtradeを実装したことが軸となり、様々な現象を巻き起こしている。

GamersGateのsaleはよく考えてから値段をつけるものではなく、担当者がその場の気分で適当に割引き率を設定して後から修正されることが多い。例えば、たまたま覗いたらElder Scroll seriesのIII,IV,Vをすべて含むThe Elder Scrolls Collectionは75%offの$26.23,Fallout3+New VegasのFallout 3 Collectionは80%off $6.24で販売されていたのでcartに入れて他を見ていると、その最中に価格が上がっていた。一度cartに入れるとその中身を更新せずに決済すればそのまま通るので、その支払いは登録時の割引きで済んだものの、落ち着かないやり方だ。

これだけなら単純な間違いとも考えられるが、さらに、その後Elder Scroll collection,Fallout 3 collection,Doom3 BFG edition,RAGEやDishonoredなどを含むBethesda New Year Collectionが$28と前出の破格のsaleからしてもまだ安い、相場から考えれば異常な安値($319.57がlise priceだから90%以上のoff)で販売されたため、あっという間に拡散してGamersGateのserverが長時間繋がらないという所までいっていた。

これはSteamでactivateできるkeyが他の場所で相場より安く売られると、trade目的の大量購入が多発してこういう事態に至るのが原因になっている。物理的な物が絡んでいれば、「あれは登録間違いでした」と言って実際には販売されないということもあるが、digital downloadの場合、販売業者はただkeyを右から買って左に売っているに過ぎないので、販売額から一定の率を源権利保有者にbackするという契約だと赤字に成るわけでもなんでもなく別に痛くはない(他の普通の価格で売っている店が客を取られて痛いだけ。特にSteam activationだとdownloadなどはすべてSteamで行われるから経費はほぼまったく発生しない)。

ちなみにGamersGateはBuy 4 pay for 3という四つ買えばその内もっとも安い一つが無料になるというsaleとcart内の最も安い商品のみを5% offするcoupon(“IAMANELDERGEEK”)をやっている。前者は八ついれて二つ無料になったりはせず、四つ以上ある時に一つだけ無料なので、四つずつ決済していくことが一番得になる。またその四つの商品は当然近い金額であるほど一番安い無料分の額が大きくなる。

他にも95%以上offなどの$1を切るものがちらほらあったりするが、こういった外連の多いsaleを見ていると、有名作品とは言ってもある程度時間が経って高値で買う層が払底した後の一時的な異常な安値は計算した上で仕掛けられた高度な客寄せの手法ではないかという気もする。

◇なるべく買わないようになったGamersGate

・自社出版のものですらSteamworksを多用。downloadできるinstallerは認証すら通らないことがあり、Steamでserialを入力しなければならない。

・DLCがすべて別installerなのでGamersGateのsetupでinstallしようとすると手間がかかりすぎる

・siteが重く扱いづらい。gameを増やすと確認の手間が増えるので増やしたくない

目先の利益を追う態度ばかり目立ち、それに絡むevent/saleは多いが基本的な使い勝手を改善する努力がほとんどなされない。そもそも完成度が低いのに、こういう使い勝手の悪さがそのまま維持されるのは運営に問題がありすぎる。特に苦痛なのが大量のDLCだ。Paradox自身がα版のreleaseからexpansion packを重ねてようやくβに達するという状態を続けているが、そこにDLC商法を継ぎ足したため副次的な商品が乱立し、管理・確認・installなどがあまりにも面倒。手間を考えればSteam認証のものをGamersGateで買うのは馬鹿馬鹿しいことだ。そもそも中核に位置する自社出版品がgame以前の段階でこういう状態では応援する気は元より使う気すら失せる。実際こういうやり方ではいつまで持つかも怪しいものだろう。


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net