SAND STORM

朝ぼらけ

2009年10月19日

Legend of Zork (DEMO)

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 08:01

Official: Legend of Zork

Zorkの世界を使ったbrowser game。元のInteractive Fictionと違い、行動における文字入力の必要は一切無く、内容はCasualなMORPGだ。

主人公は迷い込んだSalesmanというのが特徴だが、game内容に生かされているようには見えない。

始めるのは無料だがAction pointという敵に出会ったりすると減る行動pointを50point与えられ、これが行動回数の制限となる。このAPは毎日30point、最大90pointまで無料で追加され、pointを使い果たしてまだplayしたい場合、credit cardなどでCoconutを買うことでAPを増やすことができる。

・graphicをふんだんに使っているので進行ごとにload必須。

・福引きだのCoconutを賭けあっての博打だの賭博要素がある。

・groupを組んでの集団探検や闘技場での決闘(PvP)などMMO要素有り

・level,多岐/多段階に渡るSkill,”購入する”Perk,大量の武器/装備/魔法がcharacter強化要因

・敵とのEncounterごとに-1AP、Baseに帰ると-1AP、つまり稼ぎにまつわる行為ごとにAPが減る=金がかかる。

・戦闘は敵のcardが出たと思ったら何もすることなく自動計算されて終わる。体力はBaseに帰ると自動回復。

具体的には敵の種類/強さで基本値(Initial Win Probability)があり、それに対応Skillでの+/-、攻撃/防御の+/-などが加えられて勝利確立(Final Win Probability)が決まる。

このWin Probability以下の値を1D100(1-100までの乱数)dice rollで出せば勝利、以上ならplayer側のLifeを1削ってまたdice rollを繰り返す。敵の側にLifeはなく、WP以下を出しさえすれば即座に勝利だ。Skillは各種武器防具など戦闘関連だけでなく魔法の迷路などeventにも細かく対応しているので、やたらと種類が多い。

“稼ぎ”は場所だけでなく、深さも自分で選べ、当然深いlevelほど敵は強い。場所とlevelを選んでExploreすると必ずmonster、もしくはたまにだがeventに出会う。最初のLocation ‘Deep Forest’のLv1-4程度で死ななかったので、試しに一番奥のlevel9を選んだら同じ敵なのに一発でやられてしまった。

50AP消費するまでplayした感じではgame内容はDiabloなどのcharacter開発/rare装備収集gameに近く、とにかく繰り返し作業のgame。魔法や強力な武器の種類は異常に多く高いものは桁違いに高価。player間でそれらの売買もなされる。

つまる所、MMORPGの集金systemを中心に大量の装備品やSkillを組み合わせて作った個人play中心のMORPGといった所か。そこそこ面白いが、金払ってまでやり続けるかというとそこまでの価値があるとは思えない。


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net