SAND STORM

朝ぼらけ

2015年4月28日

Heroes of Might and Magic III – play log vol.3

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 20:16

◇Tips

・Adventure mapに散在するwandering creatureで右を向いているものはupgradeされていない下位の種で、左を向いているのはupgrade後の上位種creature。
・CastleのCavaliers/Championsは攻撃前に移動したhexの分だけdamage +5%されるjousting(槍による乗馬突撃)という特殊能力がある。これはHasteのspellなどでspeedを上げて移動量を増やせば増やすほどbonusが上がるというおそろしいものだが、Pikemen/Halberdiersはこの突撃を無効化する。
・Cavaliersはmap上のstableに行けば無料でChampionsにupgradeできる。
・Land MinesはTowerの城に最初から設置してあるものも呪文の扱いであり、魔法抵抗能力があるcreatureは影響を受けないし、dispelもできる。さらに火のdamageを増やすartifactを持っていれば攻撃力が増大する。
・Black Dragonは呪文だけでなくcreatureの特殊能力も無効化するが、Dendroidのbindだけは効果を発揮する。DendroidのbindはHarpy Hagにも有効。
Orb of Vulnerabilityがあれば、Undeadに対してBerserkの呪文は効果を発揮する。ただし、Blindは効かない。
・Orb of Vulnerabilityはcreatureの魔法免疫も無効化するのでDracageddonなどmagic immuneを使った戦法を無効化するのに有効。ただし、店には現れないので入手は難しい。
Badge of Courageはすべての精神呪文を無効化する隠し効果がある。これはBerserkなども無効化する。
・craetureの特殊能力によって受ける効果はdispelできる。唯一Wyvern Monarchsのpoisonのみ不可能だが、これはCureで治療可能。
・Anti-MagicをdispelできるのはWaterのExpert持ちによるdispelだけ。
・全種類のdragonとHydraはNecropoliceのSkeleton Transformerにぶち込めばBone Dragonに転換できる(それ以外はすべてSkeletonにしかならない)。
・Master Geniesは味方にCureをかけて治療できる。Tower勢力は序盤は飛び道具のMaster Gremlinと足の早いGargoyleの組み合わせが便利だが、後半の敵対勢力相手ではほとんど役に立たず一方的に殺されるだけで終わる。そういう場合ばこれらと場合によりGoremも外してGenieを一体~数体分割し、spell casterとして用いれば、強力な味方creatureがplayerの詠唱だけでは追いつかない序盤から強化状態で闘える。
・MedusaとBasiliskの石化(petrify)は、3turn行動不能にさせるが、最中に攻撃を仕掛けると石化が解ける上に全力で反撃され、しかもdamageは石であることを反映して50%しか与えられない。よって放っておくのが一番いい。ちなみにBlindは反撃可能性を減らすし、Manticoreのparalyzeは反撃してくる数が1/4になる。

Did you know – The Heroes of Might and Magic III wiki

◇隠れた難易度の差

よくrandomでXL sizeを生成し、AI 7人でやっているが、impossibleだと資源が無い状態で始まるので、初期の必要資源の獲得の時点で運に大きく左右され、wandering creature狩りもAIより数週間遅くなるので、とても厳しい。impossibleでいい勝負をするには開始領域に野外の巣とwindmillなどが多くあり、map間の繋がりも良好といったかなりの好条件が必要になる。

ある時、縛りをきつくしたので、impossibleだと何十回もやらないと駄目だろうとhardで始めておやっと思ったのは、impossibleではあり得なかったAIの同等以下の軍勢のheroがこちらに平気で闘いを挑んでくることだった。Hard以上は”The computer plays to the best of its abilities”と表示されていて同じだと思っていたが、この点だけでも実力はかなり劣っている。

他にも疑問な点があったので調べると、開始時のgold/resource以外にもAIの行動には明らかに違いがある。

Easy Difficulty

・敵対heroへの接近に際して何も考えない
・人間playerの軍勢を下に見て攻撃を仕掛けてくる
・街の拡張を一日置きにしか行えない
・人間playerが建設している位以上のcreatureの巣を建てない
・level 7のcreatureの巣は建設しない
・Holy Grailを探索しない
・軍勢を分散させる
・自勢力のhero間でcreatureやartifactの交換をしない
・wandering creatureが人間playerへの参加申し込みを行う可能性が高い
・AI playerすべてのheroを合算した数が8人以上の場合、どのAIもtavernで雇うことはない

Normal Difficulty

・AIは人間playerの軍勢の強さを軽く見て攻撃してくる
・AIは軍勢を集中させる
・街の拡張を一日置きにしか行えない
・一定の上限の中で積極的に街を開発する
・1/2のpuzzle mapが明らかになった後でholy grail探索に向かう
・map探索に重きを置く
・敵対勢力のheroに直面する際は危険を考慮する
・個々のAI playerは3人以上heroがいる状態でtavernで雇うことはない
・AI playerすべてのheroを合算した数が11人以上の場合、どのAIもtavernで雇うことはない

Hard Difficulty

・正確に人間playerの軍団数を把握し、攻撃するか否かを決める
・危険な領域に入ることを警戒する
・街の拡張を毎日行える
・街の開発に最大限に積極的になる
・1/4のpuzzle mapが明らかになった後でholy grail探索に向かう
・個々のAI playerは4人以上heroがいる状態でtavernで雇うことはない
・AI playerすべてのheroを合算した数が14人以上の場合、どのAIもtavernで雇うことはない

Expert Difficulty

・危険な闘いに巻き込まれる範囲に入ることに極めて慎重
・およそのpuzzle mapの検討がついた時点でholy grailを掘りに行く
・個々のAI playerは5人以上heroがいる状態でtavernで雇うことはない
・AI playerすべてのheroを合算した数が14人以上の場合、どのAIもtavernで雇うことはない

Impossible Difficulty

・個々のAI playerは6人以上heroがいる状態でtavernで雇うことはない
・AI playerすべてのheroを合算した数が20人以上の場合、どのAIもtavernで雇うことはない

Celestial Heavens – All Things Might and Magic

・Impossibleではobeliskを数個見ただけでholy grailを掘りに行く。

Heroes Community – Heroes III Difficulty Question

・Impossibleではgold以外のmineなどからのresource獲得にbonus

The Heroes Round Table – Heroes III Difficulty Question

Expert以上はhero数以外は同じで、Impossibleは人間側がmultiplay準拠縛りにした場合、勝利の可能性が決定的に下がるのでExpertでやる際は都合がいい。

◇Campaignの難度

Heroes Community – Heroes 3 Campaigns on Impossible Difficulty

実は自分はcampaignは難易度変更ができないせいで簡単過ぎるのでほとんどやっていない。なぜ難度変更できない仕様にしているのかさっぱりわからないが、mapを一旦utilityで解体してeditでもしない限り難度変更はできないそうだ。

◇城の塔からの射撃

Arrow tower – The Heroes of Might and Magic III wiki

・基本damageはkeep(真ん中)と上下で同じだが、Fort/Citadel/Castleがkeepに+15 damage、上下にその半分を加え、それがdamage差となって現れている。
・城内の建物が多いほどdamageは増加する。一つあるごとに+3(ただし、Mage guildや巣のupgradeは関係ない)。この建築物数に差があるために、townの種類でdamage総量が10ほど異なる。

    Castle,Conflux : 120
    Necropolis,Inferno,Fortress : 125
    Stronghold,Tower,Dungeon : 130

・距離は実質無意味で、また防御側の能力に関係なくdamageを与える。
・Artilleryのskillがあるとどの対象を撃つか指定できる。ただし、いかなるskill/artifact/heroの能力もdamageには影響しない。
・Skillのarmorerを保持しているか、Air shieldの呪文がかかった状態だとbugで被害damageが二倍になる。

◇Berserkで一気に強力になるFire

Waterを研究して使い勝手が上がったことでFireが一番使えないのではないかと思ったがそうでもない。Blindによる行動凍結と反撃不能だけでなく、expert Berserkの5hexという広範囲での同士討ち発生は敵に致命的結果をもたらす。同士討ちなので相手が強ければ強いほど効果を発揮し、しかも毎turn可能なので敵の3~4部隊は攻撃してこないのみならず減少する。こちらはBerserkが効いていない部隊だけを攻撃すればよいので、expert Berserkがあればexpert Cure/Dispelがなければ敵はまともに対抗することはできない。

wandering creature狩りでも無効化と同士討ちで大部隊や投射部隊が出た場合起きやすい損害をなくし、城攻めでの効果も高い。加えてAIはBerserkのかかった部隊による同士討ち攻撃を嫌って投射部隊が歩いてこちらの方に出てきたりする。

いいことずくめの様だが、Blind/BerserkともにNecropoliceのundeadとConfluxのelemental、さらにInfernoのEfleet,TowerのTitanには効果がない。この手の無効設定がHoMM3には多くbalanceを悪くする一因となっている。例えばConfluxは後から追加されたfactionだが、Firebirdのx2/week増加など強すぎるのでmultiplayでは禁止されている。NecromancerもFireの攻撃呪文なら効果倍であるとか、Destroy Undeadのlevelをもっと下げて広範囲攻撃呪文にするなどしてundeadならではのpenaltyが欲しいものだ。

◇Water

Waterばかりつけて試していたがWaterは使えるskillという考えに変わった。

Cure/Dispellでの解除保証は元より、Blessでのdamage最大化、Forgetfullnessでの飛び道具無効化、Prayerのattack/defense/speed全増加は強力。Fireと同等かそれ以上の価値を持つskillだと思う。

AirはDimension Door/Flyを禁止するとHasteと攻撃呪文ぐらいしか使うものがない。

multiplay準拠縛り環境ではEarth 10/Air 7/Water 6/Fire 4ぐらいのratingか。

◇Artillery

specialityがartilleryのheroを試してみたが、やはり使えない技能だろう。Expertまで上げて、さらにhero自体のattackがかなり大きくならないと1 slot潰すほどの効果は出ない。

根本的にこの技能はballisticsと融合させてwarmachine全般を扱うものにしないとbalanceが取れない。

Coyot’s HOMM3 Guide

・Artillery ballistaからの攻撃は序盤では大きな意味を持つ。このgameは序盤でどれだけ先行できるかが重要なのでそこまで使えないskillではない。ただし、これを特技とするheroを選んでballista付きで始めるべきだろう。

・Ballistics 塔からの攻撃による投射部隊の損害を減らす点で思っているよりも役立つ。

・Diplomacy skillはLibrary of Enlightment に入るのに必要なlevelを一段階ごとに2下げる。expertでlv4,advancedでlv6,basicでlv8で入館可能。

・First Aid skillは7th level creatureのみでmapを探索し、雑魚を掃討する際に有効。

・TacticsはStronghold,RampartやCastleの様な足が速いunit多数のfactionに有効。多くの部隊が先手を取って相手を叩けるから。足が遅いunit中心であればAirのmass Hasteの方がいい。

・Tacticsは双方の効果がそのまま発揮されるか、相殺するかを選択可能。

・Luckが200%するdamageは基本分だけ。attack-defense skill差による追加分にはされない。

・Eagle Eyeは小さなmapで呪文を獲得できる場所が少ないのに敵が重要な呪文を押さえている際に有効。しかし、それであっても実際の戦闘で相手に使わせないといけないのでかなり厳しい。

・Mysticism Intelligenceを獲得できないか、獲得しても大きな意味がないknowledgeの少ないmight heroで探索する場合は価値がある。最低限のhaste/shield切れなどを禦いでくれる。

・hypnotyzeは敵の小さなstackにかけて、強力な敵stackに攻撃させて反撃機会を消費させる。然る後こちらの部隊で反撃を受けずに攻撃を仕掛ける。

・FireはexpertでのBlindは少なくとも反撃を奪う。Berserkは範囲が広いので破壊的影響を与える。Frenzy/Slayer/Sacrificeなど使用機会を選ぶ事で大きな効果を得ることができる。

・特技が特定creatureのheroが与えるbonusは(hero level/creature level)*5%になる。繰り上げだから最低+1のbonusをattack/defense/speedに加えられるが、lv 21のheroで初めてlv 1のcreatureに+2のbonusを与えることができる。lv2のcreatureであればlv 41、lv 6であればlv 121だからほぼ期待できない。実質lv 1かよくてもlv 2のcreatureにしか+2 bonusは訪れない。


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net