SAND STORM

朝ぼらけ

2009年10月18日

Alien Shooter: Fight for Life

Filed under: 未分類 — Tags: , — sajin @ 20:13

(NORMAL clear)

Official Site

Alien Shooterの追加mission pack。campaign1つ(全5MAP)。元はSIGMAのsiteからRegNOW経由で12.50US$で販売されていた。現在では様々なまとめ売りに含まれているようだ。

[Story]

2026年6月1日、地球に侵略してきたAlienの勢力は日に日に拡大しつつあった。軍隊は防衛に失敗し政府はAlienを抹殺する致死性病原菌の開発を決定。

2007年10月30日、秘密研究所にて病原体は完成したが、まだPrototypeが存在するのみで大量生産には至っていない。Alienの支配地域はさらに拡大し人類の滅亡が迫っている。

2007年11月5日、Alienどもが研究施設の防備を破り侵入してきた!警備隊では到底持ちこたえられそうにない。望みは外部からの救援だけだ・・・

expansion packをinstallするとmenuにCAMPAIGN 2が追加される。難易度の追加は”The Experiment”を導入すると為されるもので”Fight for Life”ではならないので注意。

開始地点は本編とほとんど変わらない。同じように研究所内に入って明かりをつける。

しかし最初から強い敵が多い!

expansion packということもあるが、本編をNormalとすれば”Fight for Life”のそれはVery Hard級の難しさだ。

×早い段階で強力な敵が出過ぎる
研究所に入るとすぐに蜘蛛が出てくるが、早期からあまり段階を経ずに強力な敵がまぜこぜに出てきて、徐々に盛り上がっていく感じがない。

初期のlevelこそ壊せる壁なども多く、敵/武器/Secretすべてinflation化したのかと思ったら・・・

足りない、まるで足りないのだ。武器、弾薬、救急pack、手に入る金、こちらを強化するすべてが不足している。

×××極めつけは最終mapに至っても最強武器が買える金が貯まらないという点。あの武器が使えないで何がAlien Shooterか。

敵だけはやたら多いので結局alienが同士討ちで減るのを延々待ち続けることになる。

Alien Shooterでは武器ごとの威力格差が大きいためどの武器でも上手く使いこなしさえすれば強敵相手でも立ち向かえるということはなく、この段階ではこの武器と弾薬を持ち合わせていないと火力不足でまったく歯が立たたないというdamage balanceだ。

結果として、今持っている武器の強さを超える敵が多数登場すると、残された戦法は壁を隔てて敵を同士討ちに追い込むしかなくなる。これをやるとAlien Shooterは実につまらない、その上bugでたまに壁を透けて弾が飛んでくるため長時間つまらない待ちplayを続けた挙句死んでしまうこともある。

××短い

level数が少ないからこそexpansion packを買ったのだが、ととにかくmap数が少ない。使いまわしが多くてもいいからlevel数だけはもっと用意しといてくれ。

Alien Shooterが本編ともにmap数が短いのは製作側がlevel editorを作ってないからだろう。2Dなんだから比較的簡単にできそうなものだし、その方が作業効率も結果もよかったと思うのだが。

このmap数の少なさで、ある程度のplay時間を確保しようとしたためにこんなitem/資金が少ないという劣悪なbalanceになったと思われる。

BOSSもいないし、endingは画像が数枚表示されるだけ。

[総評]:

・短い

・理不尽に難しい

・何もかもbalanceが悪い

・明らかに手抜き

といったexpansion packにありがちな悪い要素が目白押し。

balanceが取れてなかろうが、理不尽に難しかろうが、短かろうがとにかくもっとAlien Shooterをしたいという人向け。値段分の価値は無いと割り切って買うべし。


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net