SAND STORM

朝ぼらけ

2014年11月14日

[旅行記] 秋葉原 – 平成二十六年十一月

Filed under: 未分類 — Tags: , , — sajin @ 23:56

◇秋葉原

夕方頃に秋葉原に行った。

良平で食うかと思ったが遠いので、前来た時は混み過ぎていて入らなかった「かんだ食堂」で腹ごしらえをする。ここの女将はこれぞおもてなしといった対応をしてくれる。

まず、近くのTry Amusement Towerにジャンボウ目当てに行ったが、撤去されそうになっていた(playしろ!)。ここはretroが充実しているが、時代を経て、当時の様には面白さを感じなくなったものと、まったく変わらなぬ面白さの作品があることに気づく。今入っている中では雷電IIが変わらぬ面白さだった。

さて、今回の主目的はここではない。限られた日の限られた時間にだけ開くナツゲーミュージアムこそが本命だ。

中に入るとズラリと並ぶupright筐体は元より、中央を占めるtable筐体の放つ威力が素晴らしい。

任天堂のシェリフなど、単に懐かしいだけでなく、「これぞ!」「うーんこれは・・・すばらしい」と唸らせるものが揃っているのはさすがだ。

特に今回凄かったのが日本物産のShoot’em upが揃い踏みだったことで、Moon Cresta(Youtube)から始まって

Nichibutsuの名声を打ち立てたTerra Cresta

得意のformationを流行りのrobotと融合させた”UFO Robo Dangar”

Terra Force(Youtube)などtable筐体はすべて専用のspeakerをつけて、やかましい中でも確実にBGMが聞こえるようにしてくれている。

中でも100円玉を連続投入するほどハマったのが1988と最終作と思われるArmed Formation。COMPILE開発でHUDSON名義で発売されたGUNHEAD(archive)を思わせる面白さだ。

他にも30円でひたすら機会を計って山を登る山登りゲームと玉を弾いてすごろくの様に進めていくジャンピングラリーが熱い。ジャンピングラリーは硬貨の飲み込みが悪かったり、玉がひっかかったり、景品が出てこなかったりするので、playerがやさしくこづいたり、店員と交渉することが必要だ。

一旦やり込んだので、一度店を離れて駅西側で客引きのmaidをすり抜けて甘い物を補給し、またTry Towerでジャンボウなどをやって、ナツゲーミュージアムに閉店間際まで入り浸ってから帰った。


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net