SAND STORM

朝ぼらけ

2014年12月17日

海賊版とDRM関連記録 – vol.4

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 04:21

"How To Learn Absolutely Nothing In Fifteen Years," By The Copyright Industry | TorrentFreak

In 1999, Napster was a one-time opportunity for the copyright industry to come out on top of the Internet. Napster was the center of attention for people sharing music. (Hard drives weren’t big enough to share movies yet.)

1999ADにおいて、Napsterは著作権業界がInternetの潮流の先頭に立つことができる一度だけ与えられた機会であった。Napsterは人々の音楽を共有したいという欲求の中心に位置したからだ(その頃はHDDは映画を保存するには容量が足りなかった)。

Everybody knew that the copyright industry at the time had two options – they could embrace and extend Napster, in which case they would be the center of culture going forward, or they could try to crush Napster, in which case they would lose the Internet forever as there would not be another centralized point like it.

誰でも知っているように、著作権業界は二つの選択肢を持っていた。Napsterの拡大を受け入れ文化の前進にその主体として関与するか、Napsterを叩き潰すことでInternetにおける支持を永遠に失って音楽文化の中心であることをやめるかである。

The copyright industry, having a strong and persistent tradition of trying to obliterate every new technology for the past century, moved to crush Napster. It vanished. DirectConnect, LimeWire, and Kazaa — slightly more decentralized sharing mechanisms – popped up almost immediately, and BitTorrent a year or so later.

二十世紀において新しく現れる技術をことごとく叩き潰そうとしてきた伝統を持つ著作権業界が選んだのは後者だ。Napsterは消滅したが、すぐさまDirectConnect、LimeWire,Kazaaといったより分散的な共有の仕組みが雨後の筍の様に現れ、数年後にはBitTorrentが開発された。

TPBの壊滅を15年前のNapsterに対する著作権業界の対応と重ねて指弾している。

Napsterというのは、それまでCDで撒かれるのが当然であった音楽を最初にP2Pで共有する仕組みを作り上げ、今のiTunesなどの販売の先駆となったserviceだ。あまりにもこれが流行したために、著作権業界は合法な企業として生まれ変わろうとしたNapsterを攻撃して叩き潰したが、それは既存の音楽業界がinternet時代において人々の求めるものに反し、結果として時代の流れに乗ることができず今日の没落を招いた、というのはかなり一般化した見解だろう。

So in a way, this was welcome. We need that innovation. We need to not grow complacent. We all need to stay ahead of the crumbling monopolies – a dying tiger is dangerous, even when it’s obviously insane. But The Pirate Bay’s legacy will never die, just like Napster’s legacy won’t.

In the meantime, the copyright industry is a case study in how to really insist on not learning a damn thing from your own monumental mistakes in fifteen full years.

今回のTPBの閉鎖だが、音楽と映画という違いはあっても、前世紀と異なり単に大きなtrafficによる通信が可能になったために、映画なども扱われるようになっただけのことで、著作権業界はかつてNapsterに対して犯した過ちとまったく同じことをやっているに過ぎないというのがこの記事で指摘されていることである。

◇The Pirate Bayの壊滅とcopy site

Dec,9 2014にSweden警察はThe Pirate Bay(TPB)の運営基地を著作権法違反の容疑で襲撃し、致命的な打撃を与えてその活動を停止させた。

The Pirate Bay goes offline after police raid server room | The Verge
Swedish Police Raid The Pirate Bay, Site Offline | TorrentFreak
Pirate Bay Has Been Raided and Taken Down: Here's What We Know | WIRED


TPBの活動はすでに大元の創設者たちの手を離れているが、五月には創設者の一人Peter SundeがSwedenで逮捕され(Pirate Bay co-founder Peter Sunde reportedly arrested in Sweden | The Verge)、さらに11月にはGottfrid Svartholmはserver進入幇助の罪で三年半の懲役になって刑務所行き(Pirate Bay founder Gottfrid Svartholm Warg sentenced to 3.5 years in jail over CSC hack | Naked Security)になった。加えて、同じ11月にFredrik NeiがThaiで逮捕されるなど当局の追求の手は強まっている。

UK,France,Netherlandsからの接続遮断や、Google検索結果からの除去、さらにこういった創設者たちの逮捕(直接TPBを運営したからという訳ではないが)に続いて、今回の襲撃が起きている。

“We were not that surprised by the raid. That is something that is a part of this game. We couldn’t care less really,” Mr 10100100000 informed TF through an encrypted channel.

襲撃自体は驚くことじゃない。当局とのgameの一齣にすぎない。実の所、何の注意もしてなかったね。

“We have however taken this opportunity to give ourselves a break. How long are we supposed to keep going? To what end? We were a bit curious to see how the public would react.”

われわれは、この機会を自分たちへの休暇と捉えている。それがいつ終わるのかって?この件に世界がどう反応するのか、興味深く見守っているよ。

Without hearing about the exact issues, we get the feeling that a comeback may be more complicated than most people assume. It seems unlikely that the site will return within the next few days, but if it does eventually come back online people will surely notice.

問題全体を聞いてはいないが、復帰は皆が考えているより厄介なことかもしれない。僅か数日で復旧するようなことはまずないだろう。しかし、それが為されれば、onlineに関わっている人は間違いなく気づくことになる。

“Will we reboot? We don’t know yet. But if and when we do, it’ll be with a bang,” Mr 10100100000 says.

我々が再始動するのかって?まだそれはわからない。でも、もしそれをやる時には、確実に成功するものになるだろう。

Pirate Bay Responds to The Raid, Copies and The Future | TorrentFreak

襲撃後、TPB側は沈黙を保っていたが、”10100100000″を名乗るmemberが声明を出している。TPBの復帰は未定で、teamは休止状態。再開するなら、襲撃によって崩れたりしない、with a bang=成功が約束されたやり方でやることになる。逆に言えばそれが見つかるまでは行なわない。

しかし、Pirate Bayは2012にsystemを複製可能でportableに対応したものに改造しており、Isohuntがそっくりそのままcopyしたものを運営しているとのことだ。IsohuntはTPBが復帰次第copy siteの運営はやめると言っている(BBC News – Pirate Bay 'copy' goes online after shutdown)。

The Pirate Bay Goes Down Worldwide | Reddit


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net