SAND STORM

朝ぼらけ

2015年1月3日

[旅行記] 東京(正月・自転車) – 平成二十七年一月

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 19:34

◇南千住

今回宿を山谷の深部寄りに取ったのでうろついてみる。山谷の中心であることからなかなか凄まじい情景だ。「あしたのジョー」の舞台がここで、商店街を抜けると像が立ったりしている。商店街の雰囲気が悪いから店が全部悪いという訳ではなく、使い勝手の良さそうな麺麭(パン)屋なども数軒あることに気づいた。とは言え、店はまだ三ヶ日の内でほぼすべて閉まっており、入ることはできない。

機動隊の車両が何台もあるのでどういうことかと思ったら、正月近くのせいか、毎日炊き出しが行われており、それを警戒してのことだった。高齢化の進む山谷で暴動が起きる心配はほとんど無いと思うが・・・

◇自転車

宿で自転車を貸してくれるのでそれに乗って東京北東部をうろつくことにした。やはり都会において自転車の効力は圧倒的で、足や地下鉄の移動では面倒な数百mから数kmの近くて遠い範囲で絶大な力を発揮してくれる。それに都市の把握に重要な通りを体感できるので、足とも車とも違う土地勘の形成が行える。

上は湯島天神への参拝の行列だが、関東の人間は並ばないと気がすまない病気か何かなのか?

浅草を抜け、一度混みあった上野に入ったが、用がある訳でもないので秋葉原へ向かう。秋葉原で昼食を取るかと思ったが、正月で閉まっている店が多いのと人出が多いのが合わさってどこも混んでいるので、一旦自転車で御徒町方面に遠ざかって見つけた朝鮮料理屋でカルビクッパを食べた。こういう機動性の高さがやはり自転車の良いところだ。

腹が埋まったのでTry Tower Amusementでひたすらgameをして遊ぶ。ジャンボウは撤去されてしまっており、替わりにAkazukinやら「なめんなよ」やら台湾か香港製の変わったretro shooterが入っていた。

Akazukinはいかにも1980s前半の単純さだが、逆にそれがアツイ。中華製は射撃方向が左右任意でかつ、敵が炎に変化するのに対しては自機がdragonに変身して体当たりすることでしか倒せないという特殊ruleが上手く機能していて面白い。なめんなよはそれこそなめんなよと言いたくなる内容。

改めて思ったが楽しみながら暇を潰すということにおいてarcade(ゲームセンター)に勝る所はない。arcadeなら、自分で遊ぶのはもちろん、座って過ごしたり、他人のplayを眺めたりと、せかせかせずに過ごすことができる。ただ、やはりgameは1990s辺りまでのものでないと、緩やかに過ごす相手としては向かない。格闘gameに始まる複雑化した対戦モノ、2000s以降のやたら派手なshooterはそれに入れ込んでやるか、やらないならさっさと失せるかといった選択肢しかないように思う。arcadeがほとんど消滅した今こんなことを言っても時代外れな話だが・・・


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net