SAND STORM

朝ぼらけ

2015年5月14日

[旅行記] 千葉 肆 (生実城・小弓城) – 平成二十七年五月

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 21:41

◇生実城

再び千葉中央駅へ戻り、三駅先の学園前駅で下りて生実(おゆみ)城を目指す。周囲は宅地開発が進み、道路を車が数多く走っていて、好ましくない意味での車社会化が進んでいる。

しばらく四車線沿いの道を歩いて行くと、大手口跡地の石碑が建っており、そこからすぐ先に城跡のある生実神社があった(説明板)。一帯の古絵図で見ると、出戸から神社・陣屋前、弁天池南端と一番通してほしくない所に一番広い道路を通してしまった訳だ。

説明板によると、元々この神社は権力闘争に破れ、朝廷により冤罪で罪をかけられた人を祀る御霊神社だった。生実神社となったのは明治四十三年に付近の神社を合祀した際に改名したもので神社としては随分新しい。菅原道真は例外として、関東で京での権力争いに敗れた人を祀るというのは奇妙な感じがした。

お伊勢参りのような形で、出羽(今の山形)の月山信仰が広まっていたらしく、脇には仏像などもある。

城跡含む一帯は昔から町の中心だったことが災いして現在では酷く開発されてしまっている。概念図には縄張りがはっきりと出ているが、陣屋跡は店になっているし、本城など城の肝心の部分はすべて住宅。神社の西隣りに唯一昔の堀の遺構が残っていた。ここは寄贈により奇跡的に残された土地という。

「ひみつ基地」などというものは、こういう場所にしか作り得ないものだろう。

また、江戸時代に陣屋を作った森川氏ゆかりの寺は残っている(陣屋部分古絵図)。ここら一帯も農地解放がなければ、この寺が多くの土地を保有して歴史的遺産は保たれたものと思われる。

西に隣接する弁天池は公園として整備されており、そこへ流れ込む川も自然に近い形で、往時自然の水堀となっていたことを窺わせてくれるのは嬉しい。

◇小弓城

生実神社から南へ1kmほど歩くと、今度は小弓城のあった埋蔵文化財調査センターに着く。ここはその名の通り発掘専門で、来る途中にあったらしい北の大覚寺古墳を中心に縄文~弥生時代の発掘品を多く展示している。展示中の中世城郭は発掘された馬加城だけであった。馬加は「まくわり」と読み、「幕張」の由来となった元々の地名。千葉氏は関東公方派と執事上杉派の争いで千葉宗家=上杉=京(幕府)方 対 馬加・原=関東公方方という血族を割った代理戦争となり、馬加方が勝ったことで馬加氏系が千葉本宗を乗っ取った、が、美濃にいた支族で歌人として有名な東常縁がこれを良しとせず、京の幕府の支援を得てこちらに乗り込んできて内乱になったため、康正元年(1455)三月、(馬加系)千葉氏は本佐倉城へ移り、これで千葉城(亥鼻城)は三百年あまりで千葉氏と関係がなくなってしまった。

武家家伝_下総原氏
馬加城とその周辺城砦 | 古城の丘に立ちて

職員に小弓城の資料はないか聞いてみると、生実城は発掘したためあるが、こちらは手付かずで特にないという。あるだけの資料をもらって、小弓城跡の方は早速歩いて探索することにした。建物裏手を登ると、「千葉大道場陽光農園」というよくわからない団体(崇教眞光か?)が城跡を一面農地として使っている。

城跡らしい場所は、博物館裏の道路から入った農地との間の僅かな領域で、右に広い曲輪が、左に墓地があり、そこが少し高い場所で本丸であったのではないかと思わせる。農地を奥に進むと、一応石碑はあるが、目印程度に過ぎない。

元々は、小弓城は小弓公方が入ることで城塞化したがその死により重要性は失せ、生実城は第一次国府台合戦での小弓公方の敗死後、入れ替わりにこの地を支配した原氏により建てられたといった整合性のある説になっていたのが、北の生実城を発掘してみると石板や城がない筈の時代の発掘品が出たりして、どちらがどうなっていたのかよくわからないという話になっている。生実城と南の小弓城は呼び名がともに「おゆみじょう」で、こういった場合、漢字はあまり関係なく両者が同一であるとか混同されたといった可能性も大きい。結局、今は北生実城・南生実城と南北をつけて峻別するようになってきているらしい。とはいえ、どちらも城の規模は大きく、何がしかの重要な役割を果たしていたのは確かなようだ。

小弓城(千葉市中央区南生実町) | 余湖くんのお城のページ – 絵図有り

城下手にある八劔神社の向かい、昔は堀だった場所を挟んで壇が設けられ石碑が立っており、月山信仰をあらわしている。この石碑たちは元々、城の東にある大百池の向かい、城の台という出城のような高台の上にあったのだが、公園開発で除けざるを得なくなりこちらに移したそうだ。

神社から下りて駅へ向かおうとすると、目の前を走る道路に向けてさらに新しい繋ぎの道が造られている最中だ。ここは田舎然とした場所でもあるのだが、既にしまむらやStarbucksが建てられており、車を中心とした開発がどんどん進められている。


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net