SAND STORM

朝ぼらけ

2015年11月3日

[旅行記] 新宿 壱 (東口側・歌舞伎町) – 平成二十七年十月

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 02:38

◇ややこしい新宿駅東方面

駅から歌舞伎町方面の出口を上がると(いわゆるアルタ前)広場のある「東口」だが、ここは”駅北端の東口”になる。どの段階でこう名付けられたのか知らないが、北口にでも改名してくれた方が遥かにわかりやすい。

目の前の通りは新宿通り(二車線)で、一つ北の靖国通り(四車線)との間がすでに歌舞伎町と似たような歓楽街となっており、一部椅子と机が置かれた歩行者天国。

そちらは置いといて新宿通りを東に行くと、伊勢丹のある新宿三丁目交差点に出る。ここを軸にして、北が靖国通りの五丁目交差点(北西が花園神社~ゴールデン街~区役所)から六丁目交差点、東は二丁目交差点(そのさらに東が一丁目)で、二丁目より東は繁華街ではなくなる。

一つ南が四車線で産業向けっぽい汚れの国道20号の四丁目交差点(上の写真は交差点を背後に東の御苑とその地下に潜る20号を向いている)。

三丁目にはLouis Vitton(ルイ・ヴィトン)の店がどんと構えているが、他にもこの駅東の一角は高級brandの店が多い。個人的にこれみよがしにbrand品を持つのは恥ずかしいと思うのだが、Vittonを筆頭に新品臭い型がついたbrand物の衣装を着るのが新宿の一つの正装である。他にはいい所の大学生風とか、細身で派手なsuitsのhost/hostess風とか(余談だが、こういった要素がほとんどそのまま当てはまるのは名古屋駅~東方面)。想像だが、高度成長期から1991ADの泡沫経済崩壊までの過程で私用・社用含め金の余ったwhite-collarの労働者や、それに養われる世田谷など近郊住宅地の家族の意識が融合して、suitsを基調にした格好になっているのだろう。

◇歌舞伎町

新宿に来て行かない訳にはいかないので歌舞伎町へ向かう。

新たに歌舞伎町の中心に建設されたTOHO Cinemasと、その向かいにある「I♥歌舞伎町」のneonが取り付けられたLOFT PLUS ONEのあるbuilding。一帯は観光客、オラオラ系のアンちゃん、黒人のcatchなどがゴロゴロしている。

ここから北がhostの店が多くある界隈で、誕生日やHalloweenが近いせいか、派手な祝いをやっていたり。

さらに北限の職安通りに近い辺りを歩いていると、Batting Center(バッティングセンター)が幾つもあるのが気になった。歌舞伎町周辺におよそ身体を動かす場所は見当たらないが、その中でこういう昭和的な施設がこの町に合っているのだろう。自分も機会があったら試してみたい。

[Link]

新宿・東口ー東京風景写真 – 2000s初頭の再開発が進んでいない時代の新宿。


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net