SAND STORM

朝ぼらけ

2016年4月26日

[旅行記] 白浜 壱(到着) – 平成二十七年七月

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 14:31

◇到着

館山からbusに揺られて白浜に到着する。

着いたのは安房白浜駅で、ここは駅と言ってもbusの駅。駅前は潰れたsuper marketで、早速廃れたお出迎え。とりあえず、近くのきよ都という割烹で夕食を食べた。こういう所は高いものかと思っていたが、いい魚料理が良心的な価格で食べられた。房総の南端という土地柄もあるのだろう。

◇宿

自分が泊まったのは南国ホテルやグランドホテル太陽ではなく、

ここだ。かなり癖のある宿だった。

◇町

翌日町を少しうろつくと、生クジラ・ゆでクヂラといった鯨肉を売っている。

Sea Shepherdが乗り込んできそうだな。

白浜の町は前近代の漁師町を窺わせる古い建物はほとんど残っておらず、高度成長期のそれが老朽化しているといった態。

◇海辺を歩く

海岸の方に行くと、昔からの漁に使っていた建物があった。これも今は使われていないのだろうか。

その表に海女の像が立っている。伊勢志摩の碧志摩メグも、こういうのにしとけば満足したのかね。騒いでたおかしい連中は。

伝統的な本来の海女の姿

白浜の推す海女の姿と碧志摩メグ。実はメグが一番露出や透けに配慮している。

近くは沖縄っぽい社があったり。観光地として色々整備してあるのだが、人工的に構築して磯溜まりみたいになった場所を掃除しないので、有機物のゴミと普通のゴミが混ざって臭くて仕方ない。観光地として売っている所ですら、海辺の町は掃除をしない所が多いのはなぜなのだろう。

さらに歩くと遠くに野島埼灯台が見える。

木の船が幾つも浮かんでいるが波に流されたりしないのだろうか。日がな一日、船の上でブカブカ浮かんで過ごしたいものだ。

なんとなく灯台の方へ向かってみる。


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net