SAND STORM

朝ぼらけ

2016年8月31日

日誌 – 平成二十八年八月

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 22:30

◇気象病

昔から雨が降ると古傷が疼(うづ)くとよく謂われるが、こないだの台風10号で気象病という言葉が知られるようになってきた。

雨の日には交感神経(活動的になる方に働く)と副交感神経(休む方に働く)と呼ばれる二つの自律神経のうち、副交感神経の働きが優位になります。そのため日中でも眠たかったり、気だるかったりします。

いっぽう、気圧の影響で体内には「ヒスタミン」という神経伝達物質が増えます。「ヒスタミン」は体にさまざまな影響を及ぼしますが、大きな作用として交感神経を刺激する、というものがあります。交感神経は筋肉や関節では血管を収縮させて身体活動に備えるので、気圧の低い場所では血行が悪くなり痛みが出やすくなるのです。

また、ヒスタミンに交感神経が刺激されることで、痛みそのものを感じやすくなってしまうとも言われています。このように雨の日は、副交感神経が優位になりやすい上に、ヒスタミンの作用で交感神経まで刺激されてしまうのです。
つまり、自律神経が乱れる、ということ。それにより、体はだるいのに、筋肉や関節の血管がギュッとしまってしまい、関節などの痛みも発生しやすくなってしまうのです。逆に、気圧が下がることで脳の血管は拡張するため、頭の一部がズキズキする偏頭痛などが起こりやすくなります。

関節や古傷が雨の日に痛む、“天気痛”をご存知ですか? Doctors Me(ドクターズミー)

雨が降ったり台風が来ておかしくなるということは、気圧・湿度・気温の三つが変化するからである。長年悪化しながら苦しめられてきた経験から言うと、単に自律神経、というより古神経の制御部分(視床下部・三半規管から海馬まで含む)の機能混乱と調整不全の両方が重なって起こる。つまり、感知能力がまともに働かなくなってしまうと同時に、感知した上で調整を行う器官の働きもおかしくなり、目眩・圧迫感・硬直・思考不良・集中不可等さまざまな事が起こってくる。

ヒスタミンが関与するので、免疫系にもおかしな影響がある。仮にヒスタミンが主原因なら、抗ヒスタミン薬を飲むことで症状は緩和する筈だが、それで直るなら軽い方だろう。両者の壊れや狂いが大きくなってくると、気圧・温度・湿度の変化のすべてに反応するようになるので、雨や台風への変化だけでなく、そこから晴れへの回帰、気温の一時的下降から復帰、季節の変化に伴う波打ちながらの変化などがすべて響いてくる。例えば、私は夏や冬の季節に身体が対応するのに二ヶ月ぐらいかかるため、調整が済む頃には季節が変わり始め、またおかしくなるというのを繰り返している。

全身に出ていた湿疹も35度を越える蒸し暑い環境で連日過ごしていたのが根本原因の様で、一時暑さが戻るとまた増えかけたのが、涼しくなったらすぐおさまった。

◇ようやく治ってきた

佐渡~新潟の後半から、漆にかぶれたのか、蕁麻疹だか、帯状疱疹だか、湿疹だか、アドピーだかなんだかよくわからない痒みの塊が出て、最終日にバッと全身に広がった。帰って、しばらく経っても治る様子がない。一度、広げたほうがいいんじゃないかと思って爪を立てたりもみまくったら、痒みで狂うぐらいになったので医者に行って、ダイアコートという最強のsteroid(ステロイド)を塗ったものの、効かない。氷で冷やしたりしてしのいだ後、もう一度皮膚科に行って、テクスメンという一段階低いジフルコルトロン吉草酸エステルに変えたら、時期的に盆を過ぎて涼しさが出てきたこともあってか治ってきた。治りに入る頃に風呂で垢を落とすようになったり、運動量を増やしていって、新陳代謝を上げ、身体の構成を切り替えていったのがよかったのかもしれない。

アトピー性皮膚炎、新薬開発が活発化…抗体医薬は申請間近、新たな治療選択肢に高まる期待 | AnserNews

最近、小野薬品のオプジーボなど癌治療の新薬が次々出てきているが、allergy(アレルギー)系の中でかなりの期間問題になっている喘息に続いて、アトピー皮膚炎もsteroid頼りでない薬の開発が進んでいるようだ。現代社会の70%以上が何らかのallergyなのだから、本来は巨大すぎるぐらい巨大な市場であり、とうに色々開発されていて当然と思うのだが。

とは言え、人の免疫systemは複雑過ぎるので、minorな、例えば化学物質過敏症の様なものの根本的な治療は望めないだろう。allergyになるような環境を避けて住むという発想が、先進国で一般的でないのが不思議で仕方ない。

◇人権=”ヒト”という種のみを最優先する思想

人権という18世紀終盤に突如取り上げられ、ここ数世紀支配的になった思想は、つまる所、生物種の内、ヒトのみを極度に優遇する思想である。大量のヒトを優遇すれば、それは必然的にもっとも強い政治力となって、支配的な権力を創り上げていく。その過程ではそれを擁護する司祭(社会・社民主義者)と資本家が栄え続ける。しかし、その行き着く所、過度に優遇されたヒトが際限なく増殖し、自然と世界に対する負荷を増大させ続け、社会や世界が増えすぎたヒトに耐えられなくなると、その流れは反転する。21世紀は人権により増えすぎたヒトを調整し、持続可能なNationalismが幾つも試験的に打ち立てられながら世界の均衡を探る世紀になるだろう。

◇新世界と旧世界

Philippineで(フィリピン)大統領になり、射殺を繰り返しているRodrigo Duterte(ドゥテルテ)は新世界の住人。Donald Trump(トランプ)も新世界の住人。Hillary Clintonや共和党の”主流派”は旧世界の住人。今上天皇も旧世界の住人(東宮は新世界の住人にはなれないだろう)。Turkで近代開明派のcoup d’etatを逆手に取り、「民主的な」Islam独裁を確立したErdoganも新世界の住人。

旧世界とは何か?二十世紀前半を経て確立された二つのGlobalism(グローバリズム)、すなわちCapitalism(資本主義)とSocial democracy(社会民主主義)【Socialism(社会主義)から派生し、資本主義+自由主義国家を革命で転覆するのでなく、その内部に生息し、内から社会主義化を進める戦術を取った分派】の共同作業として行われた箱庭の形成。この両者にとって国境の無意味化、固有の文化の抑制解体、旧社会制度の破壊、人権、平等などは共通の利得として機能する。二つのGlobalizationが両輪となったために、世界は強烈なGlobal化に見舞われた。冷戦対立とは、資本主義を否定しながら社会主義を進めた勢力と資本主義を利用しながら社会主義を進めた勢力の併存だが、資本主義の車輪を欠いた社会主義・共産主義は硬直し滅んだ(Chinaは資本主義を取り入れることでGlobalizationに入り込み繁栄している)。

Germanの女君主は、旧世界の論理を利用し、最後にFourth Reich(第四帝国)を築き上げた。EUは国境の無意味化、各国自治の剥奪、人権の強制と資本主義による箱庭で、旧世界の理想郷だが、独逸の覇権が頂点に達すると同時にその負の部分は溢れだし、もはや維持困難であることが明らかになってきている。だから英国は箱庭に飲み込まれてしまう前に脱し、新世界に向け自らを改めた。

新世界とは?”人権”に代表される抑制の理屈、社会的正しさ(political correctness)を世界規模で担保し、強制する勢力がなくなる。結果、それぞれの国や勢力の都合が最優先される。USAはもはや旧世界を担保できないし、しない。

RussiaのPutinやPRC(People’s Republic of China=支那の共産党朝)は旧世界ではないのか?新世界は旧世界以前と繋がっている。つまり、旧世界の性質がそもそも人類史において異常であるため、粗野な覇権主義の彼らは新世界と半ば重なっている。しかし、それは封建主義を経ずに近代化を遂げるようなもので無理のある状態でもあり、新世界での大きな発展は望めない。旧世界が緩んだことでISISが生まれた。しかし反動では新世界の住人になれないのだ。

日本は?明らかに旧世界を脱しようとしている。それは最早世界を管理できなくなったUSAが鎖を解いたことが大きい。旧世界の理屈では最早社会を維持できないことは明らかだ。破綻と混乱から旧世界をいかに迅速に、効率的に切り捨て新しい形を創り上げるかの勝負になるだろう。

フィリピン新大統領の「10項目」経済界の不安打ち消す
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO04857820U6A710C1000000/

実際、ダバオでの会議に出席した企業幹部らは、ドゥテルテ氏に税制の「包括的な見直し」やビジネス規制の緩和などを提言した。するとドゥテルテ氏は「提言を検討し、見直す」と明言し、拍手喝采を浴びた。

■大手企業、こぞって「お膝元」の開発に乗り出す

 ドゥテルテ氏が経済政策として掲げるのは(1)現行の経済・通商政策の維持(2)税制改革(3)ビジネス規制の緩和(4)インフラ支出の増額(5)地方開発の促進(6)土地所有制度の改革(7)人材開発への投資(8)科学技術の促進(9)社会保障の充実、そして(10)「家族計画法」の徹底による貧困層削減――の10項目だ。5月9日の大統領選前、経済界にまん延していたドゥテルテ氏への懐疑的な見方は、これらの政策目標が明らかになったことで、慎重さは残しつつも楽観的なものとなった。

 ミンダナオ島は豊富な天然資源を誇るが、数十年に及ぶイスラムや共産主義勢力の反政府活動が経済発展の妨げとなってきた。ドゥテルテ氏は反政府組織との非公式協議に乗り出し、国内全域にまんべんなく経済活動を広げるために連邦制への移行を検討している。

Duterteは明らかにPhilippineに蔓延ってきた問題を快刀乱麻を断つ如く解決しようとしている。

DuterteやTrump等新世界に踏み出した人物・権力に対する報道には注意を要する。旧世界の恩恵を受けてきた国際的報道機関、資本家などが常に実態と乖離したこき下ろしをしているからだ。英国EU離脱のBrexit同様に。

◇山城に行け

PokemonGo!ようやく地方修正が入るようだけど、俺が欲しいのは『山城GO!』だ。
城を美少女に擬人化するような狂った発想でなく、城の攻略の醍醐味、関連する歴史をその場で知る喜び、一帯をcompleteする楽しみ、登城や城跡の情報を投稿・共有、姫・武将・刀・鎧などの褒美やitem、個々人が確保した城を勢力として他人と合戦・・・幾らでも発想が出るし、Pokestopの一億倍面白くて価値があるよ。

山城こそ今は打ち捨てられた地方の末端に数多く存在する唯一の遺跡だ。体が元気なら全国の山城周りつつ、行政機関に片っ端から営業かけてまわるね。

◇西成

やっぱり半年に一度ぐらい西成に行って、精神的に頬をバシーンとはたかれてこないと駄目だね。人間としての軸がブレる。

その前に京都をうろついたが、烏丸から二条城まで歩いて、四条・二条・洞院だの貴族が名前を取った通りを幾つも過ぎってきた。なぜあんな狭い通りで、どいつも車を持とうとするのか、そしてなぜ地中電線化を進めないのか。後、下層民が多いけど変な緊張感があるね。西成の開放感と真逆。

心斎橋駅の西、アメリカ村=渋谷の服装など自意識の中心地、東は渋谷・新宿の歓楽街、そこから南に歩いて宗右衛門町≒歌舞伎町、道頓堀を渡って千日前~なんばは東京に無い深大阪、日本橋~恵比寿≒秋葉原だが、オタク関連がなんばと繋がる形で発展したことで、千日前~なんばの派手な性質が流れ込んでいる。秋葉原も歓楽街化しているが、日本橋の方が大阪の混沌としたあり方を大きく受けて酷い。恵比寿の南端と新世界の間は少し真空地帯のような具合であったが、多少埋まりつつあるか。歩いていける距離だが、交流は少ない。

歓楽街としての新世界とその南隣の貧民街西成は繋がっており、動物園前など一昔前まで両者が融合したハレの場であったが、現在は排除されている。


◇Pokemon Go!

ゲームのコードを解析したところ、おこうを使うと5分に1匹の割合でポケモンが出現するようになっていました。ただし、これはプレイヤーが動いていない時の話です。プレイヤーが歩いていると、出現の頻度はもっと高くなります。移動距離が200メートルに達し、移動している時間が60秒を超えると、さらにもう1匹のポケモンが湧く条件がそろいます。このプロセスは、プレイヤーが動き続けるかぎり、おこうの効果が持続する30分のあいだずっと継続します。

すべてのポケモントレーナーが知っておくべき、歩き方の2つのヒント | lifehacker

ポケモンがいたのは、帰りにbusで長距離移動した時と、都会からの人間が集まるFerry港の待合場だけで、佐渡でお香炊きながら5km以上歩いたが一匹も見つからなかったぞ。だからPokemon Go!にはびた一文払わないと決めた。

そもそも一度訪れたPoke Stopが記録されない上に、すぐ訪問判定が解除されるので効率のいい同じ所にだけ行けばいいようになっている。それは人が集まる都会で、地方はごく僅かしかPoke Stopがない上にitem使う人もいないから絶望的に効率が悪い。足で長い距離移動してPoke Stopの数を潰していったplayerに貴重なitemを出すとかいったことや、その地方特有のrare monsterなどいはしないから、地方が意味をなしていない。単なる地方格差game。

◇旅

秋葉原の小学校前にて。個性豊かな子供が育ちそう。

閉じ込められたので16m下まで降りたよ、オリローで。

「ローカルルールにより死刑」「ク○犯人自主しろ」など主張の激しいお宅。けんしんってのはこの家の左に建っている信用組合。

激しく踊るニコペッパーとそれを撮影するめいどりーみんのmaidたち。

一年ぶりに泳いだよ

◇帰宅

最近、取り憑かれるようになっていた夏風邪からの喘息気味症状は佐渡で抜けたが、最終日に漆への接触から来たのか、あせもなのか、全身にallergy皮膚症状がガンガン広がり始めたのには参った。おそらく激しい移動と予定の連続を済ませて東京である程度落ち着いたことと、宿の蒸し暑さなどが組み合わさって、それまで緊張状態で出ていたCortisol(コルチゾール)が減り、一気に症状が広がったのだろう。

今年は、この佐渡行きで長期旅行を終わりにして最小構成で行くつもりだが、まだ忙しい。最近は夜行でのhighway bus移動+安宿+食費の抑制で出費が抑えられるようになっているので、出費はそれほどにはならないだろう。


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net