SAND STORM

朝ぼらけ

2016年11月20日

日誌 – 平成二十八年十一月

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 22:47

◇老害と交通事故

最近老害の交通事故が急に目立って報道されだしたが、とんでもない運転をする老害はこれまでもたくさんいたのに、これまで報道されてこなかったことの方がよっぽど怖い。
自動車はわずかに操作を誤っただけでとんでもない事故を引き起こす殺傷装置であるのに、「お年寄りは大事に」という一見正しい道徳を見境なく当てはめて老害の運転を野放しにしてきた訳だ。こういうpolitical correctness(ポリティカル・コレクトネス)が蔓延って事実を歪め、特定の集団・層を不正に優遇することが蔓延ったからTrumpが勝ったんだよ。自分は伝統的保守だろうが社会主義だろうがpolitical correctnessで問題を歪めようとする連中が大嫌いだ。

◇大工ばかりの日本の歯医者

7年前、歯科医師会に呼ばれて、糖尿病と歯周病について講演したのをきっかけに共同研究が始まったのです。それ以来、食後にはフロス(歯間清掃用の糸)をし、定期的に歯石を取ってもらうようにしました。歯をきれいにすると、汚したくないので間食が減ります。不思議と体を動かして汗をかきたくなり、ウオーキングや自転車に乗るようになりました。

自分はtooth brush(歯ブラシ)やfloss使用だけでなく、重曹で洗い布で一本一本歯を磨く本当の意味での「歯磨き」をしているが(虫歯菌によって形成される歯垢は風呂場のカビ並にへばりつくので圧を掛けてこすらない限りきっちり落ちない)、以前は自分の歯のことなどほとんど何も知らなかったのが今では一本一本の形を知るまでになっているし、歯磨きついでに口の中を指でmassageするようになってから、肉や顔の筋肉まで含めた口の中全体のことを知るようになった。

また、alkaline(アルカリ)性の重曹に慣れると、虫歯菌が酸を産出する時にとても敏感になり、早期に磨きたくなる。

森氏 歯科というのは、ただ歯を治すだけでなく、内科の予防に役立つのだということを訴えています。米国では予防歯科が進んでいて、虫歯だけを治す歯医者さんは「カーペンター・デンティスト(大工みたいな歯医者)」と皮肉を込めて呼ばれます。まず歯科で体の異変を察知する。歯科は、病の進行の最前列に位置すると考えているのです。ただ私もそれに気づいたのは10年前ぐらいのことです。

 ――どんなきっかけですか。

 森氏 当時、歯周病の治療の一環で、口の中をマッサージして唾液を出す処置をしていました。唾液には歯周病菌の力を弱めたり、口の中の傷を治して、菌が血管に入り込むの防ぐ効果があります。あるとき、患者さんから血糖値がよくなった、血圧がよくなったという声が上がってきました。顔のほてりがなくなったとか、更年期障害が軽くなったとか。なにか体に関係あるなと。

日本の歯医者に大工の名人はたくさんいるが、予防医はほとんどいない。予防が仕事になってない。自分は子供の頃から掘りまくられたが予防指導はほとんど受けていないし、受けたのも有効性は低い。

日本医師会の雑誌が、歯科衛生士に関する興味深いデータを掲載しました。入院中の患者に対し、歯科衛生士が歯のケアをした場合と、看護師がした場合を比較したのです。その結果、入院日数は看護師の場合が4カ月、歯科衛生士は2カ月でした。

 ――それは何を意味するのですか

 西田氏 入院日数が延びるのは、まちがいなく感染症によるものです。プロの歯科衛生士のケアと、歯科については素人の看護師のケアで、この差がついている。2カ月が4カ月になれば、医療費は数倍以上になると見ていいでしょう。

 森氏 近い将来、歯科衛生士の争奪戦が起こるということですね。歯科医の業界ではよくいわれることですが、歯科衛生士は、その技能に比べると、労働条件や社会的評価が必ずしも高くないため、離職者が多いのです。出産を契機にだいたい辞めてしまって、復職しません。歯科衛生士の免許登録は20万人なのに、実際稼働しているのは10万人しかいないんです。

糖尿病を予防したければ歯医者へ行け  医科・歯科連携、2氏に聞く :日本経済新聞

日本ではまともな歯磨きの方法や本当の虫歯・歯周病の予防がまるで普及しない構造になっているために、本当生活の質を下げていると思う。若い時からまともな歯磨き方法を研究して身に着けていれば、老人になっても歯を全部残すことは難しくもなんともないだろう。

◇新時代の韓国

現在韓国では、崔順実問題に関連し朴大統領のみならず与党や与党公認で次期大統領選に出馬しようとしていた潘基文国連事務総長の支持まで減少傾向にあるが、平行して親北で原理主義的民族主義者の文在寅氏や所属野党の「共に民主党」への支持が若い世代を中心に高まっている。

そして文在寅氏は、現在の韓国では露骨な親北やイデオロギー的な扇動はあまり支持を得られないため、民族・国民情緒に依存する形でポピュリズム的な民族主義の扇動を行っており、それに乗る形で選挙前に実質的な大統領権限を手に入れようとしている。

その結果扇動され易い国民性のこともあり、韓国はこれまでよりも更に民族主義が先鋭化してきており、どんな形であれ「(正確な状況判断なしで)不用意に関わると民間であっても危険」と呼べるほどの状態になりつつある。

韓国で加速していく民族主義ポピュリズム:日韓問題(初心者向け)

今の朴政権は100%ひっくり返るが、次はいよいよ極め付きの反日原理民族主義と仮面極左の融合体が表に出て来るようだ。Trumpの方針もあって、恐らく韓国は既存の日米韓同盟関係から離れるだろう。
つまる所、韓国というのは第二次大戦中に大日本帝国を分解するために極め付きのイカレた反日原理超民族主義者を使って、それにそのまま国を任せた反日原理主義国家なのに、旧大日本帝国の無茶苦茶な同一化方針の残滓を悪用されてterroristや工作員、敵性集団に区別不可能なまま入り込まれた状態なので、国内の在日も含めて一度対立すべきところをきっちり対立させ、日本人に取って受け入れられないものをすべて叩き出して拒否した上で受け入れ可能な者のみとの関係性を新たに構築するしかない。それへの長い道のりがようやく始まったという所。

◇新時代

腹の底を燃え滾る溶岩が流れるがごときよき時代なり

◇地方でPokeGo!

とにかくPokemonが出る、出過ぎてballが足りなくなるが、風邪が悪化して喘息allergyの亢進と口唇Herpesまで顕在化した状態なのでまったく補給が効かず、佐渡で蓄積したballが尽きたところで病院に行き、近くの三点Pokestop集中場を見つけ出してひたすら静養を兼ねて(allergenがないので保温さえしっかりしていれば外の方が良いのだ)ball蓄積と狩りに勤しむ。夜にも近所のpokestop地帯でball収集と狩りを重ねる。おかげでここ最近だけでlevelが10は上がったが、このgameは戦闘場の設計がまるでダメだね。Gymに最強Pokemonを入れるかどうかのgameでしかない。すでに存在する最強Pokemonに叶わないこちらのPokemonはすべて無意味。闘うだけ無駄だし闘わせることなどない。であるがために、戦闘以前のそれも、すでに存在する最適解に合わせてresource収集を行うだけのgameに貶められてしまっている。

◇Trump win

それにしても酷い歪曲報道だ。
いずれにせよこれで完全に世界の流れは変わった。

◇Pokemon GO!

今更Pokemon GO!にハマっている。ハマったのは理由があり、八月時点では地方では何km歩いても一匹もポケモンがでないというまったくの大都市専用gameだったのが、updateされたことでPokestopが遠いという不利はあるにしても地方で十分遊べるようになったからだ。単にポケモンがすぐ出るだけでなく、以前は見なかった種類がたくさんでるし、rare characterも自然に出てくるようになっている。

そして、最近PokemonGO!をやりつつ自動車運転して子供を轢き殺すとんでもない事件が連発しているが、これはこのupdateでgameとして上手く機能するようになったことと関係あると思う。

それでこないだ深夜にsmartphoneの懐中電灯で足元を照らしながらpokestopを巡って2kmぐらい歩いたのだが、それの疲れが祟って風邪を引いてしまった。人間、単に運動だけをしようとしても大してやりはしないが、他の目的や必要性があると普段からかけ離れた量を動いてしまう。

こういう潜在意識の動因がもっとも重要なものだと、三年前から動けば動くほど痛感するようになっている。


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net