SAND STORM

朝ぼらけ

2017年5月13日

投資日記 2017/05 vol.1

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 10:40

◇どうやって「過ちを犯す自己」を改め、「正しい行い」をできるようにしていくのか

20170512の日中(5分足)の市場の動き(TOPIXの方がtrend lineを素直に反映するのでこちらで見る)。bull連動ETF売建で下がったら儲かるようにしていたので、前引け手前である程度処分しようと思っていたのだが、週末だしまだ下げるだろうと放置するとどんどん戻してしまった。いつもの、「こういう状況だから、今目の前で有利になっていても、待てばさらに儲けられるだろう」と放置して失うpattern。

失敗した(記録を取り、反省すれば気づきの機会になる)

ああするべきだった(記録の検証により何をやるべきかのfeedbackを獲得したが、まったくできる状態ではない)

似たような状況でまた失敗した(feedbackの強化は得たが、まだまだできる状態から遠い)

なぜ気づいたのに「できない」のか?
失敗するということは、無意識的に誤ったことをする心身がすでに強固に構築されていることを意味する。
一方で正しい行いをする心身は、実践においては無力なほど薄っすらとしかできていない。
「誤った行いをする心身」から「正しい行いをする心身」に転換するには、それと同じだけの正しい行いを重ねて、正しい行いをする身体と神経網を構築していかない限り切り替わらない。

仮に前者が5あるとすれば、5以上の構築がなされるだけの回数を重ねていかねば切り替わらない。つまり、希薄化するように正しい行いを繰り返し練習・実践していかないと改まっていかない。人間の構造上、希薄化していけば、古い方は忘れられていき、新しい方が強い影響力を持つので、繰り返せば繰り返すほど楽になっていく。ただし、最初から上手くできるなどと考えてはならず、希薄化してさらに逆転させる過程には長い時間がかかる(『達人のサイエンス』で言う所のプラトー期間)。

相場は他の競技の様に部分を切り離して練習することが難しい。「仮想取引などで「練習」しても無意味だ、まるで違う」と多くの先人が語っている。意味のある実践の場で繰り返しの行いである練習を可能にするにはどうしたらいいか。建玉を少なくして仕掛けと手仕舞いをするしかない。資金量に対する比率を小さくすれば拙いやり方で繰り返しても問題は起きないからだ。

#これは逆に言えば、玉を増やして、資金量に対する比率を大きくすれば、「練習」と同じ場面が「大会」になってしまう。さらに信用などでlevarageを掛ければ人生をかけた大勝負と化す。相場における練習・本番・一世一代の大勝負などは、自己の側の建玉量(資金比率)で簡単に変わる。

何が課題かをすでに得ている、失敗のfeedbackで得た「ああすべき」、かつ今できていない「やること」を明確化し、問題の起きない少玉での取引にすればそれは必然的に意義ある練習となる。意義ある練習の回数を重ね、その中でさらにより正しい「ああすべき」をfeedbackとして獲得し、練習の「やること」にしていく。正しい行いをする心身が分厚くなっていけば、過ちを犯させる以前の構築は出る幕がなくなってくる。

この練習を繰り返すmasteryの過程に意味を見い出せば、「儲けにつながらない」少玉での取引が意義あるものとして感じられるし、いたづらに大きな玉を張らずに、玉を絞ったり、早目に分割で手仕舞いしていく良い理由ともなる。

◇20170512 – Infoteria決算

Infoteriaは決算日で、昼過ぎに決算発表が出たのか後場途中から急上昇する展開になった。そのかなり上げた所で見ていたのだが、「決算日を挟んで上昇に向うだろう」と思っていたので、特に利確することもなく、逆指値も置かず放置したらほとんど変わらない所まで下げてしまった。

結局、ここは「吹いたら売りつけられる」のがAIやalgorithm含め参加者の習性となっている。

日足をbollinger bandsで見ると、また長剣型で、下落必至。

一つ反省としては、Infoteria固有の特性としての「吹いたらとりえあず売り」だが、決算発表で感情的に殺到して一方向に流れ、それが反転していくという流れもあるのだから、やはり76.4%ぐらいで利確のstopを置いておくべきというのがもう一つ。さらに、資料をつくっているのだから、それを早急に更新して上昇率と比べれば決算playが出来たのではということ。何にせよすでに仕掛けてある銘柄の決算日は後場から変化が起きることを前提として構えておくべき。

◇『達人のサイエンス』

われわれがよく目にする競技者の写真は、一連の「勝利の興奮」や「敗北の苦悩」を写したものだ。激しい応酬で苦痛にゆがんだ顔、あるいは勝利の喜びでクシャクシャの顔など、どれもこれもclimaxの瞬間ばかりで、例外はほとんどない。しかしほんとうのmasteryの顔は、relaxしていて落ち着きがあり、時にはかすかな笑みさえあるものだ。
 実際、最高の選手は時に異次元にでも入り込んでいるかのように見えることがある。こうした選手は、敵に攻め込まれ観客が割れるような歓声を上げている中、超自然的にすら見える難しい技をやってもケロッとしているようにみえるし、混乱のさなかにあっても何らかの方法で調和を作り出してしまうのである。p.53

達人といわれる人は、自己の技倆を伸ばすことだけが目的で何かの技能に専念するのではない。ほんとうは、彼らはまず何よりも練習(practice)が好きなのであって、その結果、上達は後からついて来るのだ。そして上達すればするほど基本の動きを繰り返すのが楽しくなるという、cycle が出来上がる。
 われわれの合気道道場の基本を教える学級で学習している初心者は、ある動きの組み合わせを10回近くやると、しきりに新しい動きをやりたがってソワソワしはじめる。だが同じ学級でも黒帯たちには、きわめて初歩的な技においてもその繊細さと底深さを味わうだけの知識と経験があり、それがまた彼らの感性ともなっているのだ。p.82

◇20170511 – 逆の側から見る

日経225はrisk onによる円安回帰とともに、外国勢が帰ってきて一気に上がった。

たった上位4社(ファーストリテイリング・ソフトバンク・ファナック・KDDI)で20%、上位10社で31%もの支配的影響力を持つ日経225は指数としてかなり歪んでいるので、TOPIX(東証一部指数)の方が市場全体を移していて歪みがない。

positoinを建てる前、そして自分がpositionを持ってしまった後ほど、相手の立場から見るようにすればいい。

だって、
自分が売りたいと思っても、相手から見ればまだ買いたい所だし、
自分が買いたいと思っても、相手から見ればまだ売りたい所だったりする。

それに、
買ってくれる人がいないと売れないし
売ってくれる人がいる時しか買えないのだから。

そうして逆の立場から見る時は、単に「trendに乗る」とか単純なtechnicalで見ればいい。
oscillatorがかなり振れたとか、保合の天底だとか、trend lineに触りそうとか、移動平均線に突きそうだとか。
そういうのがいい。

◇政治と国際

みんな素直ということだ
素直なみんなに、やらせてやらせて好きなようにやり尽くさせてあげて
その後に拾いに行けばいい
残り物には福があるのだから

◇黄砂から風邪へ

黄砂と五月の気候変化が流行のvirusと組み合わさって風邪と化したので、すでに作戦化されたpositionの増減と既存のpositionの始末だけをしていたよ。
認知の歪みを巡って立ち回るgameなので、体調が悪い時点で認知が歪んでいる上に、立ち回りもできないよ。

◇知的な準備に基づく、心体的競技

ここまで一年半相場に関わって、特にこの半年修行に近い取り組みをして、相場は「知的な作業による準備に基づき、心理制御と肉体的技法で闘う武術」という姿勢に完全になった。特に、最近ウメハラ本を読み込んで、投機の心構えは「損した」「儲けた」でなく、内的な実力の涵養と成長のみに置くべきだとの認識に変わっている。より言えば、困難が伴う実践の場では、心理的要素を可能な限り減らして、身体的技術と反応に多くを任せる必要がある。そのために、より実践に近い場で継続的かつ効果的練習を積まない限り、上手くいくことはない。

George Leonard “Mastery The Keys to Success and Long Term Fulfillment” 『達人のサイエンス―真の自己成長のために』は、合気道の道場に通って修行した人物の達人に至るための継続的学習実践論。Masteryの本質は正しさを求める継続。

Doug Lemov “Practice Perfect: 42 Rules for Getting Better at Getting Better” 『成功する練習の法則―最高の成果を引き出す42のルール』は、教師としての実践から法則化したもので、運動競技のような身体的学習を多く事例としている。これも相場行為に近い。

規則 思い込み 再検討
成功を体感できるものにする 練習で完璧なものになる。練習すれば上達する。 練習で永遠になる。成果の上がらない練習もあるし、正しく練習しなければマイナスの効果になることもある。
最大の価値を生む20%に集中して取り組む 役立つスキルをできるだけ多く練習する。 重要なことを選んで、少ない項目をうまくなるまでじっくり練習する。
無意識にできるようになるまで徹底する 試合中に判断できるように準備する。 試合中に判断しなくてもいいように準備する。
無意識にできるようになれば、創造性が解き放たれる スキルの自動化は高次元の思考の妨げとなる。 高次元の思考はスキルの自動化の上に成り立つ。自動化から、創造する心の余裕が生まれる。
目的を目標に置き換える 目的を持って練習すべきだ。 管理と測定が可能な目標をまず設け、専門的な指導をつけて練習すべきだ。
得意分野を見つけて磨きをかける 不得意なことを克服するために練習する。 すでに得意なことがもっと得意になるように練習する。
実践練習ではなく反復練習でこそ上達する 本番の局面をできるだけ多く再現した実践練習が一番練習になる。 本番の局面を切り分け、単独のスキルを取り出した反復練習のほうが、実践練習よりためになることの方が多い。
批評ではなく、正しい方法でやり直しをもとめる フィードバックをすれば自動的に上達する フィードバックをした後、もう一度やらせることで上達する。

だから、最近呼んでいる本はこういう練習・技術の学習本で、相場の細かな技法本はほとんど意味がないと思うようになってきている。

◇20170508 – 市場全体が急上昇

Trump政権の政策が早期に実現しそうにない、期待剥落による下落の途中に、さらにSyriaへのmissile攻撃や北朝鮮問題を解決しようとして動いたために落ちていた底から、急激に上昇していたが、先週の米国株の新高値更新連発、さらに今日の仏大統領選でEU残留派のMacronが当選したことで、今年新高値をつけるさらなる窓開けの上昇となった。

理想的なのは、下手に下落途中に買いを入れず、底まで落ちて揉み合いから復帰の動きが出た時に買いを仕込んでおくことだが、その手前で新興株に手を出して右往左往していたのでまったく取れず。今日は逆に日経連動ETFの売りを仕込んだが、原則通り後場を待てばいいものを、前場で半分入れたので平均値が悪くなってしまった。

結局、こういう「うねり」を取っていくのはナンピンをすることでしかないのだが、そのナンピンをする時の待ち、凧糸・釣り糸の出し方(玉の量と値の離し方)が実践経験が足りないためにうまくできていない。

スバル。昨日から黄砂と気温上昇で地獄のような免疫暴走状態のために日中取引はやらないつもりだったが、幾度が手を出す。後場の急上昇で横抜けを待たずに仕込んだので平均値が悪くなり、損益ほぼなし。得たのは、大きな変動後の反転の細かい追従でなく、感覚的な待ちの方が良いということ。

◇1552 国際のETFVIX

・VIXが10.11と史上最低に近い場所にまで下げたこと
・1552が減価し過ぎてVXXの僅かな減少では動かなくなったこと
・政治riskの可能性が少ないながらあること
の三点から長期保有厳禁の1552を買っておいたが、やはり正解のようだ。

と思ったら、やっぱり駄目のようだ。週明けの仏大統領選が終わって材料出尽くしの反転がなければ早い内に処分する。

◇20170502 6534 DACHD – 最後の方、淡い期待、想定外の、逆行の・・・

GW中で取引は少ないかと思ったら、普段通り。国際情勢の不安が失せたことで上昇回帰していた相場は、為替が円安に振れたことで寄付きからさらに急上昇する。

これに過剰に反応したスバルやDACHDを前場から後場途中までは上手く扱って、久々に気持ちよく利を取っていた。

しかし、14時手前から悪夢が訪れた。自分のscenarioでは、これから大型連休に入り来週まで取引はできないので、暴落はないとしても、「当然手仕舞い売りが進みかなりの下げを取れる」というもので、それを前提に構築したり、建玉が有利な位置に進んだにも関わらず、利食いや損切りをしなかった。

14時手前からDACHD自体がそれ自体の相場つきでかなり戻していた所に、急激な円安の追加更新があり、本来手仕舞い売りが進む場面で市場全体が強烈な買い上げに入ってしまったのだ。14:30の時点で脱出かせめて逆指値をちゃんと置いておけば損失はほとんど出なかったのだが、scenarioを捨て切れず最後まで待ったので、前半の儲けをすべて失ってしまった。

そしてようやく、わかった。
これは悪夢だったのではない、自分が勝手に妄想をみていたのである。

これまでも、「諸条件を考慮、判断」して勝手に描いたscenarioに基づいて作戦次元で待ちを選んだ挙句、本来戦術的にはやって当然の逆行での損切りを行わず損/大損に至ることが数限りなくあった。

それが、今、目の前の克服しなければならない最大の課題として明白に認識できた。

これは事前に想定したscenarioの逆行にどう対処するか、scenarioどおりに進んでいる内に、どう適切に手仕舞い・分割手仕舞い・逆指値を置いておくかといった作戦・戦術の根本の関わることでもある。

大事なのは、それにいたる「状況の流れ」と「間違いを為さしめてきた己」を認知できたということ。これまでは嘆いてみせても、はっきりと知覚できていなかった。経験を積んでようやくわかった。

ようやく真実の桟敷まで来た。
どうして今やめられるだろうか?
己自身に届いているというのに。

◇20170501 – 6534 DACHD

寄付きは1400と十分下げていたので、持ち越した売建をそこで成行買埋め処分すればよかったのだが、さらに落ちていくscenarioも十分あると思い、多少上に逆指値を置いた。そうしたら、寄付きの成行が1400-1420辺りの板の指値を全て浚って、bid(売り注文で売れる買い提示の最高値)-ask(買い注文で買える売り提示の最安値)差が異常に開いた状態になって、15円も離れた1420から上で買埋めする羽目になった。 板の並びから、成行がそれらを食えば流動性がなくなるのは容易に想像できた。そして、やはり中途半端な場所はよくない。今日の場合、寄付き即でないなら、一旦昨日終値+騙し余地ぐらいにおかねばならなかった。

※流動性のない状態では、それがある寄付き・引けでのみ処分せよ。

◇自分の認知の歪み

つまり、人々の認知の歪みを捉えて仕掛け、かつ常に生じる自分の認知のゆがみを防ぐ、もし歪んでいたら、認知の前提をなす己から即座に切り捨てる精神的態度と振舞いの構築が必要。

その上で運に恵まれた場合にだけ勝利できる。


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net