SAND STORM

朝ぼらけ

2017年9月13日

投資日記 2017/09 vol.2

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 16:34

◇Market Speedの参照限界

Market Speedの過去dataって週足・月足なら1995年辺りから参照できることに最近気づいた。
日足が2007/09までしかないのが惜しいね。

東証1部時価総額は15年5月に591兆3007億円となり、バブル絶頂期の1989年12月29日の590兆9087億円を突破。15年8月10日に過去最高を記録した後、いったん減少したが、ここに来て再び膨らんだ。

89年12月29日の日経平均終値は3万8915円87銭と現在の約1.9倍。同日のTOPIXも2881.37ポイントと、きょうの終値の約1.7倍の水準にある。一方、当時と比べ東証1部上場の国内企業は7割超、上場株式数は約3割、それぞれ増加。時価総額の記録更新は株高に加え、株数の増加によるところも大きい。
東証1部時価総額が過去最高の613兆円、15年8月の記録を更新 | ロイター

◇2049 VIXインバースETN

連動元のSPVIXSPITが3.66%の上昇に過ぎないのに、ほぼ6%も上げて、異常な乖離を生じていた二番底を今更調整した。というよりも、日本株式市場が安倍政権の解散宣言もあって、久々に大きく上げたのでそれにつられたのだろう。2049は、米国株の変動性を対象とする仕組債なのに、直接関係ない日本株式市場の上下に強く影響されるというトンデモない仕組債である。

そもそも自分の手仕舞い計画は、三空の上げで一旦整理し、押しの下げが入った所で半玉入れ直すというものだったが、区切りを入れる方を優先したので執行を見送ったらこうなってしまった。

こういう非合理的な動きをするカマシの入った紛い物には触りたくないものだ。VXXなどを触った方がよっぽどいい。

◇Pocket card

当社完全子会社によるポケットカード株式会社(証券コード:8519)の株券に対する共同公開買付けの開始予定に関するお知らせ

還元が1%(というより1%削減請求)のPocket cardは他の高還元cardが撤退した今では楽天credit cardと並ぶ有力cardだが、

35.0% 三井住友銀行
26.6% 伊藤忠商事
14.7% ユニー・ファミマHD

46% 伊藤忠商事
34% ユニー・ファミマHD5019
20% 三井住友銀行

これまでSMBCが筆頭株主だったのを、(伊藤忠の完全子会社)GITと(伊藤忠が34.6%の筆頭株主で持分法適用会社)ユニー・ファミリーマートHDが、完全子会社化を目指してTOB(株式公開買い付け)を行うことを発表したのでS高した後はまったく値動きが無い状態になってしまっている。最近、Family Mart関連の動きが激しくなっており、Circle K Thanks(サークルKサンクス)を運営するユニーとの合併や、ドンキとの提携が取り沙汰されているが、こういったことはおよそ伊藤忠が絵を描いているのだろう。

企業沿革|企業情報|ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社

ユニーが運営していたCircle K ThanksがFamily Martに統合されて来月には消えるのだが、CKTは楽天pointでやっていたのにT-POINT専一にされてしまう。なぜかと思っていたが、これはファミマが2015年8月に(株)Tポイント・ジャパンの株式を取得するなど、T-point前提の戦略を進めていたからだった。T-point経済圏とはほとんど関係ないので迷惑な話だ。

ポケットカード株式会社 IR

株式を100%取得して非公開化するということなので、(株)ポケットカードは上場廃止になるのだろう。これまで上場企業だったおかげで出ていた詳細なIRがでてこなくなる可能性が高いのが残念。

◇区切り

三空で戻し上げて、そこそこの含み益状態になったので信用も現物もすべて手仕舞った。米株が最高値を更新し、安定が明らかなため「段階的に玉を減らして行こう」と考えていたが、酷暑の中で持ち続けてきた長期の引かれ玉を物理的にも精神的にも一度整理して区切りをつけた方がいいと思ったからだ。

すべて整理したので、計画していた幾つか有望な仕掛け先を始めてもよかったのだが、しばらく区切りをおいて、密着した感覚を離してからの方がよいと感じて何もしなかった。結局、point siteは「何かやらなくてはならない」という、良くない衝動を躱すための暇つぶしとして利用するのが一番いい。

◇7270 SUBARU

もうずっと日計りはやっていないが、今月末で手数料無料化が切れるので、環境が整ったらやろうとは思っている。
寄付きからのpatternを試考していたが、結局、寄付きからの仕掛けは一時的な振れの最中に起こる逆ヒゲ想定にだけ入れるのが正解だろう。有利な側でだけ待ち、逆に流れたら切ることができる。

◇2049 VIXインバースETN

戻るのはわかっていた。金正恩が暴発しないのも、Trumpが不味い事態を引き起こさないことも、二番底がこれ以上ありえない絶対的な底であることも。理論上はまだ突っ込むこともできた。しかし、万が一が起きたら、相場行為をやめざるを得なかった。だから待つだけ。


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net