SAND STORM

朝ぼらけ

2018年6月19日

投資日記 2018/06 vol.1

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 15:00

◇雲

力尽きて地に転がり空を見上げれば
沈みゆく夕陽に照らされた紫の雲が
幾重にも筋を為して流れていく
ある雲は月を乗せて、ある雲は水母のように
多くは何の意味もなく流れて形じみたものをなしては消えていく
すべては流れに過ぎず
真理すら流れる存在でしかない
すべては雲と同じこと
流れに対して危ういことをするのは
その人がわかっていないだけなのだ
流れに対してIcarusになる必要はない

◇損切りして終了

NISA除いて全部切った。借金返済後に残るのは全投入資金の1/5ぐらいか。
ハッキリ言うが、日本株式市場にはヘドが出る。こんなやられ放題の属国の奴隷市場に関わって金を入れた事自体が間違いだった。
BrexitもTrump当選も今年の市場がすぐ崩れるようなものでないことも全部当てた。
今回の対象が将来的にどうなるかに対する読みも十中八九当たっているだろう。
その小利口さ故に、訳もわからないものに知った気になって金を突っ込んで自滅したのだ。
典型的な相場・投機・賭博の敗者の辿る道だ。

もちろん、もっと根本的間違いは環境の変化と将来の不安に駆られ、悪化し続ける体調を抱えたまま追われるように投機を始めたことだ。
結果として、無知蒙昧低能未練なまま、時間をかけることなく身の丈を超えた金を、期待しても仕方がないものに懸想して金を突っ込んでは多額の損を幾度も出したが、経験による訓育より病魔の進展の方が遥かに勝った。始めた当初の頭で今の経験と知識があればどうとでもしたろうが、最終的には経験を重ね技術を知りながら、狂ったように一つの対象に満玉を張って、後ろ手を縛って荒波に飛び込む狂気を晒して破滅した。

結局、これからは最初からそうすべきであったように強制的に自身の身体と環境に向かわされることになる。
ゴミクズ市場には、それに相応しい態度と何の期待もしない程度の関わりを続ける程度になるだろう。もうゴチャゴチャやる気も失せた。買ったものを投げておくだけだ。

◇追証

もちろん余裕資金をすべて突っ込んで、生活を限界まで切り詰めた挙げ句の高利の借金だ。
ぶった切られたら資金は1/5ぐらいか?
相場は家も蔵も土地も山もすべて飲み込むってな。


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net