SAND STORM

朝ぼらけ

2018年10月20日

投資日記 2018/10 vol.3

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 09:18

◇credit card手数料低減要請はpoint業界に何をもたらすか

政府が平成31年10月の消費税率引き上げにあわせ消費者にポイントを還元する景気対策で、クレジットカード会社に対し、小売りなどの加盟店から受け取る手数料を引き下げるよう要請する方向で調整に入ったことが18日、分かった。ポイント還元は、クレジットカードなど現金を使わないキャッシュレス決済をした買い物客が対象だ。政府は店側の負担を軽減してクレジットカードの導入を後押しし、消費者が幅広くポイント還元を受けられるようにする。

 クレジットカードを導入した店は、カードの読み取り端末を設置し、売上高に応じた手数料をカード会社に支払っている。手数料は数%で店により異なる。だが、手数料は「倒産などのリスクに備えるため、小規模な店ほど高くなる」(大手カード会社幹部)傾向にあるという。このため中小の店では手数料の重い負担を嫌って、クレジットカードの導入に二の足を踏むケースも多かった。カード払いができる店が少なければポイント還元による景気対策の効果も薄れるため、政府は手数料引き下げを促し、クレジットカードの導入拡大を図る。カード会社に要請する引き下げ幅などは今後詰める。
 政府が検討する景気対策では、中小の小売店で消費者がクレジットカードや電子マネーといったキャッシュレス決済で商品を購入したときに、増税分の2%をポイントで還元する。 レストランでの食事などサービス業でのポイント還元も検討する。期間は数カ月から1年程度を想定。ポイントを発行するカード会社などを通じて還元し、費用は国が補助する。

政府、カード手数料下げ要請へ 消費増税で – 産経ニュース

この報道で日本一のcredit card市場占有率を持つ楽天の株価は急落。自分は優待分の100株だけを残してすべて処分しているので大きな影響はないが。

問題はこの手数料低減要請(徐々に圧力がかかり規制に近くなる)が進められることで、日本のpoint業界が様変わりする可能性があることだ。楽天cardと楽天pointに代表されるように、ほとんどのpointはcredit cardの利用と表裏一体で付与されるようになっている。それだけの付与ができるのは当然小売に高い手数料を払わせているからだが、手数料が3%に抑え込まれればpoint還元などで付与するのは難しくなっていく。気になるのは以前から無差別に利用金額が自動1%割引になっていたP-One cardがどうなるかだ。あくまで要請なので当初は大きな影響を与えないだろうが、携帯電話業界への値下げ”要請”が手を変え品を変え強い圧力と化していき現在の状況にまで至っていることを見れば、実質規制と化すのは明白である。

キャッシュレス・ビジョン 平成30年4月 経済産業省 商務・サービスグループ 消費・流通政策課


◇老害

私の定義では、”老害”とは現実への対処能力を失い問題行動を引き起こしているにも関わらず、それを認知せず自己正当化(当然他者への責任転嫁)を行っている個体のことである。

“認知症”は「器質的に認知できなくなった者」だけでなく「性質的に認知しない」者にも適用した方がいい。

◇携帯

解約するauのガラケー簡単ケータイ K012から電話帳を取り出そうとしているが、USBが特殊形状で15,000円もするようなcableを買わないとPCと接続できないわ、microSDに電話帳は移せないわ、赤外線通信は不通だわ、仮にできても一件ずつしかできないわ、契約者は暗証番号すら取っていないわ、おかげで重要な契約の確認や操作も不能だわ、電話帳をdata閲覧するにはsercret解除が必要というから説明書どおりに操作してもまったく反応ナシとどうしようもない状態だ。

ありがちな話だが、父親はtouch screen操作ができず、物理的なbuttonが必要なのでsmartphoneにすることができなかった。結果、単に月払いの安さでY!mobileのSimply(603SI)にしたが、button類が小さ過ぎてあまりよくなかった。手慣れている楽天mobileは携帯の選択肢がAQUOS SH-N01しかなく、契約planはすべてdata通信を前提とした料金、国内通話のかけ放題もapplicationを通してしかできないので、既存の移動体通信事業者(carrier)系でdata通信抜きのplanを提供するY!mobileしか選択肢はなかった。
電話帳は当人が手動で一つずつ入力すると言っているのでそうさせるしかないだろう。

自動車の運転と同じで、老人にはinternetを前提とした利用や、複雑な契約形態は理解不能で、当然制御不能でもある。オレオレ詐欺と頻発する老害の暴走運転とこういったdigital divideなどは通底している。契約に関しては、日本の教育は公務員に代表される盲目的な終身雇用労働者を作り出すことだけを前提としていて、実社会で生きていく上で最低限必要な契約・権利の概念を教えたり、法律・裁判も含め実践的に対処できるよう訓練させることは一切ない。結果、連帯保証人の制度すら理解していない無知無能無警戒な大衆を量産して、そのまま老化してさらに学習能力を無くして手に負えなくなるということを繰り返している。

◇消費税とcredit cardでのpoint還元

来年消費税が10%に上げられるが、食品などは8%のまま据え置かれ、それと絡めて国策で”cashless(キャッシュレス)”化を進めるとか言い出して、その手段としてpoint還元を義務化し、末端小売にまでcredit card対応を強要するという「胸が熱くなる」ような展開が来年から待ち受けている。

そもそも”cacheless”などという言葉は英語ではほぼ存在せず、僅かに使われているのもPCなど「計算機のcacheがない」というという意味で、「現金不用」という意味ではない。また馬鹿な和製英語を弄んで愚かな国家資本主義的騒動を起こそうとしている訳だ。

cache NOUN
1 collection of items of the same type stored in a hidden or inaccessible place.

1 A hidden or inaccessible storage place for valuables, provisions, or ammunition.
‘there was a good supply of meat in the caches’

2 Computing An auxiliary memory from which high-speed retrieval is possible.
as modifier ‘typical cache sizes range from 64K to 256K’

cache | Definition of cache in English by Oxford Dictionaries

そもそも”cache”は倉庫や金庫に集積されたものなら何でも該当し、特に現金を指す訳じゃない。どちらかというと金庫とか倉庫とか置き場の意味の方が強いんじゃないか?

単にcash(現金)のcashlessだった。こういう間違いを引き起こすからカタカナ英語が嫌いなのだ。

◇楽天のrevolving支払いcampaign

楽天はよくあとリボ(事後に支払いを個別revolving払い指定)や自動リボで一定額以上払って三ヶ月ほど続ければ5000-7000point付与といったcampaignをやっているが、これはrevolving扱いになるのを条件スレスレの最低限に収め、まとめ払いで一番早い月に大半を支払ってしまえば金利より付与pointの方が遥かに多くなるので、基本的には得である(pointを浪費してしまうようでは意味が無いが)。

例えば上のあとリボcampaignは最低30,000円をrevolving支払いにして翌月・翌々月の支払いが生じるようにするという義務があるが、30,000*15/100/12*2=750であるから多少のブレがあるとしても1000p程度は稼げることになる。まとめ払いで素早く30,000の大半を支払い、残りは少額にすれば1500pも可能だろう。

ただ、自動リボの場合、その期間中に追加で使用すると当然年率15%の金利が乗せられてしまうので、他社や家族cardなど別のcredit cardを使わねばならないので面倒ではある。

※本人の楽天cardを自動revolving支払いにした場合、同じ口座で払う家族cardも自動revolvingになってしまう。他社cardか別の口座のcardを使うしかない。

一般にrevolving支払いは無自覚な人が知らぬ間に金利を支払わされ続けるものとして警戒されがちだが、計算の元に完全管理下に置いていればタダの得な制度に過ぎない。

◇auに勝手に契約させられていた無用課金の解除

TEL157でauのsupportに電話して、それぞれの解除してもらえる電話番号と決済番号を教えてもらいスマートパスをついでに解約、クックパッドは電話ですぐ解約、ビデオマーケット、music.jp、フジテレビオンデマンドは、結局smartphoneのau ID>三MENU>auかんたん決済>継続利用サービス一覧で何が契約されているかを把握し、smartphoneでそれぞれのweb siteに行った上でmenuからlog-inすればau IDによるlog-inのbuttonがあるので、それを押して解約手続きすれば解除できた。

au WALLETの残高を0円にする(使い切る)方法 au解約の前に忘れずにやっておいた|SKEGLOG

WALLET pointがいくらか残っていたので、prepaidにchargeして、他のsiteでcredit card登録をして使っておいた。急ぐ場合は金券が無難だろう。auのprepaid cardは解約すると使えなくなる。

◇auの詐欺的な商法

親の携帯契約縛り期限が来たと言うのでauから乗り換えさせることにしたが、中身を見ると酷いもんだ。
父はmailすら使わないし、smartphoneを持っている母もYahoo!とLINEの電話ぐらいしか使わないが、まったく使うわけもないserviceを契約させられていて、その利用料を知りもしないままずっと支払わされていた。しかも、これらの解約は一々各service業者にlog-inして手続きしなければならないが、IDもpasswordもない。

さらに、それらの支払いによりau Wallet pointとかいうのが溜まっているから消費して処分しようとしたら、一見かんたん決済がAmazonや楽天の支払いに対応しているので使えるように見えるものの、上のようなpoint利用選択はでないので、使わせないというやり方だ。

pointの利用手段は三つしかなく
1.au WALLET プリペイドカードへのチャージ(入金)に使う
2.au WALLET クレジットカードの利用料支払いに使う
3.提携ポイントに交換する

この内、1と2はauかんたん決済のそれとは違うもので、かんたん決済の支払いをau WALLET credit cardに指定しておかないと、pointは使われず、期限が来て自動的に消滅するように仕組まれている。3はACCORDIA GOLFポイントプログラム、マツモトキヨシ現金ポイント、スターバックス カードの3つのみで使い道など無いも同然だ。

携帯の大手事業者など寡占のボッタクリもいい所だと思っていたが、ここまで詐欺同然のことを老人に対して行っているとは呆れるを通り越して怒り以外の何の感情も湧かない。


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net