SAND STORM

朝ぼらけ

2009年10月8日

Ultima Collection

Filed under: 未分類 — Tags: , — sajin @ 19:50

Releaed: Feb 24,2000
Publisher: Electronic Arts
Distributor: LOCUS

Official: ウルティマ コレクション @ EA Japan
Wiki: Ultima Wiki

名作Ultimaの1~8を一挙収録したUltima Collection。一見魅力的なtitleだがその中身は手抜きとしか言いようがないものだった。

◇収録されているtitle

    Ultima I : 日本語 PC98版emulator image
    Ultima II : 日本語 PC98版emulator image
    Ultima III : 日本語 PC98版emulator image
    Ultima IV : 日本語 PC98版emulator image
    Ultima V : 日本語 PC98版emulator image
    Ultima VI : 日本語 PC98版emulator image
    Ultima VII : 英語版 Serpent Isle。Forge of Virtue,The Silver  Speedの両add-on統合済
    Ultima VIII : 日本語版DOS用file

1~6はただ日本語版のemulator用Image、7は英語版、8は日本語版のDOS実行fileをぶち込んだだけで、installしてもshortcutからPC98 emulatorのAnex86しか起動できない。つまりplayにはemulatorやDOSの知識が必要になる。また、同梱のemulator Anex86は使い勝手が良くなく、再現性も完璧ではない。(emulatorはNekoProject2を推奨)。

英語版のみのVII,VIIIはDOS環境構築必須でまともに遊ぶのは困難(やるのならDOSBoxを自分で設定して使用)。

×××Ultimaといえば重厚なstory、世界設定、呪文などを記したmanualやbook、地図などのgoodsが付き物だが、英語manualをscanして.HLP fileにしたのとそれの和訳文のtext fileがあるだけで、当時の日本語manual類が一切ない。

このHLP fileは見辛いにもほどがある。和訳text fileに到ってはこれ以上の手抜きがあるかという代物だ。はっきり言って寄せ集めも大概にしろといいたい出来。名作Ultimaの過去seriesを多くの人に遊んでもらおうという意志がまったく感じられない。

まず当時の日本語manual/map類をscanして入れたり、7・8のmanualを和訳して入れることは最低限やっておかなければならないことだ。

それにWindowsへの移植程度のことはprogrammerを雇えば簡単にできることで、定価8000円の値段からすれば7の日本語化をやっていてもおかしくない。むしろそれをやってこそ売り出すべきだろう。

◇収録されているべきなのにされていないtitle

collectionとして収録しきれていない作品があるのも気にかかる。

  • Akalabeth: World of Doom – Ultima 0とも呼ばれる、3D dungeonを実現した先駆作。英版collectionには収録。
  • Savage Empire(邦題『恐竜帝国』) – 6のengineを使ったspin-out作品。日本語版も出ていた。
  • World of Adventure 2: Martian Dreams – Savage Empireの続編
  • Ultima Underworld 1,2

恐竜帝国など収録に何の問題もないものは元より、Ultima Underworldが収録されていない。同じようにemulator用Imageで日本語版で発売されたUltima Underworldの1・2を収録することも簡単に出来たはずだ。UUもRPG史に名を残す記念碑的名作で、当時から入手困難なUltima好きならずとも絶対に外せない作品だが、こういったものをたとえ現存のemulatorで満足に動かなくとも収録するのがこのcollectionの役割ではないのか。

[総評]:

Ultimaはその名の割りに遊んだことがある人は少ないgameだが、良質なrevivalがなされなかったことがその大きな原因の一つであり、このcollectionがそれに輪をかけたことは間違いない。実際7・8を最後までclearした人は日本で百人もいないのではないか。

それぞれのtitleの日本語manual,book,map類を入れていないのはそれだけでも許し難い。このcollectionは日本語版のgame本体が手に入るという以上の価値はまったくない。

※I~IIIは元が初期の8bit PC向けに開発された原始的な描画で、移植に当たって独自に開発された最後発の日本語PC版が格段に美麗。IV以降は言語が替わるだけでほぼ同じ。GOGで英語のI~IX,外伝,Ultima Underworldかすべて簡単に手に入るようになったのでI~IIIの描画や日本語にこだわらなければpatchやmodなどが出ているそちらの方が環境はいい。


◇Link

ウルティマ コレクション 日本版 発売決定!!「アバタールの伝説、ここに蘇る!」 | Crazy Unit

Ultima Arena – 総合情報site。Patches and updates for the Good Old Games Ultima Releases 英語版で遊ぶ際は必須。

Crazy unit – 1-9のpatchへのlink・解説ほか様々なdata

Running Ultima VII: The Black Gate/Serpent Isle in DOSBox – DOSBoxで動かす場合のSetting

Ultimate Warrior! – Ultima series攻略site


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net