SAND STORM

朝ぼらけ

2010年3月14日

WidgetTD (DEMO)

Filed under: 未分類 — Tags: , — sajin @ 18:41

Released: March 27 ,2009
designer: Mike Johnstone
Developer: Graybox games
Publisher: Graybox games
Engine: unity game Development

Official: Graybox games – Widget TD
Forum:
Wiki:

主観での射撃を取り入れたTower Defense game。


[Patch]

最新v1.1

client一体配布。

[Protect]

serial keyでのunlock式

[販売]

$15での自前販売のみのようだ。

[Demo]

key入力しない本体がそのままDemo版。

[menu]

解像度:4:3-16:10て1920-1200まで設定可。背景補完。引き延ばし無し。


一見した所、ちょっと見た目が綺麗なだけのありふれたTower Defenseに見えるが、WidgetTDの独自性はsell/updateのbuttonと三角形をなす片目印のiconを押するとすぐにわかる。突如画面がその砲台に向かってzoom Inし、主観での射撃が始まるのだ!

そう、このgameは既存のTower DefenseとFPS(というより固定砲座shooter)が融合したgameになっている。

描画は3Dで、視点はTop-viewの時もある程度の範囲で変更可能。

この主観視点の射撃はただそれができるというだけでなく、game play上も大きな意味がある。直上視点では隣接する対象への自動射撃だが、攻撃対象をplayerが自由に選べる上、(turretだけだが)攻撃範囲がmap全体になるからだ。playerはただtowerを設置するだけでなく、主観での射撃を駆使して敵を削り殺していかなければならない。

[砲台]

Turret: 砲台。一人称modeで遠距離射撃可。upgradeで威力だけでなくreload速度も高速化。

Cold: 命中した敵の動きを遅くする。upgradeで弾数増加。

Flame: 隣接範囲に火炎を浴びせる。1%の確立でx100のcritical hit。

Poison: 周囲一枡に同時攻撃。攻撃頻度が遅い。

Electric: 通路を挟んで二つ置いて挟めば電撃を張り、通る敵に大きなdamageを与える。

Silo: map全範囲に届く自動追尾misslie。攻撃頻度がかなり遅い。

全般にupgradeによる攻撃力他の増加幅が大きい。

売却penalty:有 1/10程度

耐性のある敵がいる為、各unitはまんべんなく使わないとclearは困難。自力での射撃によるturretもそうだが、Flameの1/100 Critical Hitが大きな意味を持つgameで、Puzzle以外のrandom性が働く余地が大きい。

[批評]

基本部分は正当派のよくできたTDで、主観視点での射撃も面白味の一部として機能している。問題はWidgetTDの特徴であるFPSがそのまま欠点にもなっていること。

このgameは設置しておきさえすれば、towerが最大効率で攻撃してくれる訳ではなく、一番下位のturretで通常の攻撃範囲を無視して狙撃できるため、それを前提に登場する敵の強さを組んである。よってplayerは時間制限の中で設置の工夫を行うと共に、暇さえあればturretでの手動射撃にかかりきりにならねばならない。

最適解を組んでしまっているとそうでもないのだが、試行錯誤の中で通常のTDの作業をこなしながら、際限なく出てくる敵をFPSでずっと狙い続けなければならないのは面倒で疲れてしまう。さらにこの主観視点での射撃は効果音や破壊表現が元々top viewで作られているものを主観にしただけのものであるからか、爽快感、快楽性が低い。それに通常のshooterの様に、撃てば壊れる訳ではなく、あくまでTDなので他のtowerと協力して削っていくのが主だ。主観での射撃も作業なのである。

普通に楽に構えてTDをplayしつつ、気が向いたら主観の射撃も行うといったplayは無理で、とにかく砲台作業員としての射撃作業をplay中ずっと頑張らなければならないこのgameではFPSが逆に仇となっている。

[総評]: もう一歩作り込めば・・・

主観での射撃が売りのgameながら、そこが一番作り込まれていない。turretはplayerが操作しなくとも、自動で広範囲攻撃を行うなどplayerにかかる負荷を減らし、FPSの快楽性を高めれば化けるgameだと思うがTDとしての質が高いだけに惜しい作品。現状、割高な自前販売しか行われていないのも難で、download販売などに安く出てくれば買うかという所。


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net