SAND STORM

朝ぼらけ

2012年3月1日

Linley’s Dungeon Crawl

Filed under: 未分類 — Tags: , , — sajin @ 17:00

Released: 1 October 1997AD
designer/Developer: Linley Henzell
Publisher: Linley Henzell
Engine: SDL

Official: Linley’s Dungeon Crawl / Dungeon Crawl Stone Soup
Forum: The TavernDungeon Crawling Advice
Wiki: CrawlWiki / だんじょんひらおよぎ

Dungeon CrawlとはRogueから派生したRoguelike gameの一つ。Dungeon Crawl(ひたすら迷宮を徘徊して敵と戦っては財宝を漁る)そのものはRole-playing gameの本来の意味をわきまえないplay styleとしてよく使われる言葉で、そのままでは紛らわしいので製作者の名前を取って”Linley’s Dungeon Crawl”と呼ばれる。

Moriaのように地上世界があったり、HackのようにPetを引き連れたりといったことはできず、冒険は一貫して迷宮の中を潜っていくことで行われるが、様々な派生洞窟が存在し、生半可なことでは攻略できない。種族・職業ともに数多く、さらにはgame途中で信仰する神を選んで特殊な関係を築くなど多様で奥深い世界を築いている。

世界観もD&Dや指輪物語からはみ出さないRogueの正統進化といった趣が強く、後発ながらRoguelikeでは高い人気を誇るものの一つになっている。

悪く言えばひたすらdata増加とDungeonのvariation追加に走ったgameでもある。

[導入]

◇文字のみversion

※日本語OSでは正常描画されない。

Linley’s Dungeon Crawl
正式版 最終 v4.0.0b26 (24 March 2003)
開発途上版最終 v4.1.0α版 (July 2005)

日本語版Dungeon Crawl

◇Tile版

文字表示ではなく描画に置き換えた版。文字でのRoguelikeに馴れてないならこちら。

[Dungeon Crawl Stone Soup]

Dungeon Crawl本体の更新は長らく滞っているが、有志改良版が今も更新されており、その中でもStone Soupと呼ばれるものが後継本流となっている。

Dungeon Crawl Stone Soup

Dungeon Crawl Reference @ Souceforge forum

v4.1.0αをBaseにさらに改良していったもの。実質後継本流だろう。現在も更新が行われており、元版より操作性などが改良されてplayし易い。

Tile版をplayしたい場合はtile版を落とす。残念ながら日本語版は無いので元の日本語版で一通り内容を踏まえておかないとplayは辛い。

raydarken’s sound addon page

Stone Soupに効果音を追加するMOD。SS_soundfiles.zipを解凍、中のsound.zipを”sound”folderに解凍して、Stone Sopeのfolderに入れる。SS_init_addon.txtをtext editorで開いて中身をすべてcopy、そのままinit.txtを開いて一番下にさっきcopyした内容をすべて追加する形で貼り付け。

[攻略]

CrawlWiki – 英語spoiler

だんじょんひらおよぎ – data解析、攻略、いわゆるspoiler

Linley’s Dungeon Crawl – The almost perfect roguelike


◇wininit.txt

fontの大きさやwindowのsize調整可能。

Tile:DngnX=24
Tile:DngnY=17
Tile:mapPx=4
Tile:MsgX=53
Tile:MsgY=12
Tile:windowTop=-15
Tile:windowLeft=0
Tile:fontName=8×13
Tile:fontsize=24 [8-24]
Tile:DosfontName=Terminal
Tile:Dosfontsize= [8-24]

Xは各windowの横、Yは縦のsize。
Dngn:Tile map表示window
map: 右のMinimap
Msg: 下のmessage表示
fontsize=fontの大きさ。windowの位置に影響する。大きくするとHelp分の右端が途切れて見えなくなる。

◇init.txt

各種文字色設定可能。


batch files

新規作成 -> text file -> 内容をcopy&past -> 保存 (ANSIもしくはSJIS)-> 拡張子を.batに書き換え

◇速攻restart

del saves\*.sav
crawl

面倒なQ > YES入力を省いて、途中saveされたcharacterのsave dataを消して新しいcharacter作成からやり直す。

◇多重save

save-1.bat
copy saves\[character名].* saves\1\ /y

Load-1.bat
copy saves\1\ saves\[character名].*

手動で数字名folderにsave dataをcopyするbatch fileを組んだだけの簡単なもの。character名のついたfile=savedata。

一番いいのはsave fileを期日時間名のついたfolderに分けて一定時間ごとにbackupしていくutilityがあればいいのだが、freewareでは単純なfolder間同期のbackup softwareしか見当たらなかった。

◇手動自動save

batch経由でcrawl.exe起動>crawl.exeをどんな形でも終了するとsave fileが生成>7zaが必要なfileだけを保存>crawl.exe再起動

:start
“[dungeon crawl installed path]\crawl.exe”

@ECHO off

set dd=%date%
set dd-year=%dd:~0,4%
set dd-month=%dd:~5,2%
set dd-day=%dd:~8,2%
set tt=%time%
set tt-hour=%tt:~0,2%
set tt-minute=%tt:~3,2%

set ddtt=%dd-year%-%dd-month%-%dd-day%_%tt-hour%-%tt-minute%

echo date=%date%
echo dd-year=%dd-year%
echo dd-mont=%dd-month%
echo dd-day=%dd-day%
echo time=%tt%
echo tt-hour=%tt-hour%
echo tt-minute=%tt-minute%
echo attatch date = %ddtt%
7za a -t7z “[save path]\%ddtt%.7z” “[dungeon crawl installed path]\saves\” -xr!sprint -xr!zotdef -xr!db -xr!des

goto start

※”(double quotation)の字がHTML表記との関係でかtext editorにcopyすると違う字になっているようだ。改めて半角の”に置き換えないと稼働しない。

◇定期自動save

※game中はsave dataがlockされていてこれを使っても肝心のfileが保存されない。

まず7zip command line版をdownloadして7za.exe.exeをwindows\system32に入れておく。

・日付時刻付加save batch

@ECHO off

set dd=%date%
set dd-year=%dd:~0,4%
set dd-month=%dd:~5,2%
set dd-day=%dd:~8,2%
set tt=%time%
set tt-hour=%tt:~0,2%
set tt-minute=%tt:~3,2%

set ddtt=%dd-year%-%dd-month%-%dd-day%_%tt-hour%-%tt-minute%

echo date=%date%
echo dd-year=%dd-year%
echo dd-mont=%dd-month%
echo dd-day=%dd-day%
echo time=%tt%
echo tt-hour=%tt-hour%
echo tt-minute=%tt-minute%
echo attatch date = %ddtt%

7za a -t7z “[save path]\%ddtt%.7z” “[dungeon crawl installed path]\saves\” -xr!sprint -xr!zotdef -xr!db -xr!des
exit

pathは自分の環境に合わせて変更。[]自体は不用。※”(double quotation)がHTML表記との関係でtext editorにcopyすると違う字になっている。改めて半角の”に置き換えないと稼働しない。

・Task Scheduleの自動作成実行>Dungeon Crawl開始>終了>task自動消去batch

junction -d “%TEMP%\Dungeon_Crawl”
junction “%TEMP%\Dungeon_Crawl” “[dungeon crawl installed path]”
SCHTASKS /Create /SC MINUTE /MO 1 /TR “%TEMP%\Dungeon_Crawl\DingeonCrawl-autosave.bat” /TN “DingeonCrawl-AutoSave” /F
“[dungeon crawl installed path]\crawl.exe”
SCHTASKS /Delete /TN “DingeonCrawl-AutoSave” /F

1: errorの原因になるので以前つくったjunctionを削除。
2: game programのあるfolderへのjunctionを定期saveを作成する場所に作成し、操作しやすくする。ここではR:(ramdiskで作成したdrive)のTEMP(ramdisk上に移したWindowsの一次処理指定path)にしている。R:\TEMP\save辺りに上の日付時刻付加save batchの[save path]を指定しておく。
3:Windows付属のtask schedulerをcommandlineで設定する。GUIでbatchは実行できない。/SCは月・日・時間・分・秒などの単位、/MOはその単位の数でMINUTEで1なら一分。/TRは実行するbatch file。先ほどjunctionで擬似的に通したpathから本来のDungeon Crawlの存在するpathに置いているbatchを実行。/TNはtaskの設定名。/FはY/Nの承認待ちを省いて即実行。
4:Dungeon Crawl本体を実行。DOSのbatchで実行すると前の行のprogramが終了されるまで次の行は実行されない。
5:定期自動保存taskを削除して、これ以上日付付加save fileが増えないようにする。crawl.exeを終了して初めて実行される。

1~2はなくても良い。その場合すべてprogram本体のあるpathを直に指定する。

Junction @ Microsoft TechNet

SCHTASKS @ Microsoft TechNet

pathは自分の環境に合わせて変えること。%TEMP%はWindowsが指定しているtemp directory。自分はramdiskに置いているので、一分ごとという頻度もありこうしている。

/MOの後の数値が何分ごとに時刻を付加したsave fileを作成するか。これをbatch fileに保存したら、以後はこれ経由でDungeon Crawlを起動すればgame中は自動的にn分ごとにsaveが日付時刻を付加して保存され、終了したらtaskも消えるのでgameをやめた後に増えることはない。

◇幽霊抹消

del saves\bones.*

Dungeon Crawlの特徴として、前に死んだplayer characterがそのままの強さで亡霊として死んだ階に敵として登場する。当然これは極端なgame balanceの破壊にも繋がる。溜まったら消すのも手だろう。


関連記事

1 Comment »

  1. StoneSoap最新版だが、タチの悪いことにplay中は[character name].csに対していかなる操作も効かないようにしてある。copyすら不可能。
    当然この仕様ではgame play中に定期自動saveを走らせる意味がない。
    意味を為すのはprogram終了>save batch実行だけだ。

    Comment by sajin — 2012年3月1日 @ 21:02

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net