SAND STORM

朝ぼらけ

2012年11月24日

カタカナ英語をやめよう – かんたんにできる社会全体の移行

Filed under: 未分類 — Tags: , , , — sajin @ 08:42

◇政府が介入する必要性と正当性

無茶苦茶なカタカナ外国語を捏造し氾濫させるのは皆が使う公共施設を荒らし、道路や標識を勝手に塗り替えたり壊しているのに等しい。経済で言う所の負の外部性、公害に当たる行為だ。政府は無闇矢鱈と表現に介入すべきではないが、こういう基礎的なinfrastructureの維持構築だけは率先してやらねばならない。そして言語はまさにあらゆる表現のinfrastructureに他ならない。

◇個人や集団としての移行

個人として移行するのは、当人が決心しさえすればいつでも簡単に行える。後はひたすら自分がどれほど曖昧で歪んでいて間違ったカタカナ外国語に依存しておかしな表現をしていたかに気づき、それを直していく作業に過ぎない。その過程でまともな日本語表現と正確な外国語の理解が身に付いていく。

集団としての移行は、合意や強制を以て行えばその集団内で同調させることは難しくない。自分の経験から言えば、そもそも原語化した外国語など使う必要はほとんどなく、多くはちゃんとした日本語表現に置き換えられていく。

ただし、国家としての日本が狂ったカタカナ外国語を規制しない限り、安易にその場のノリでカタカナ外国語を使う外部との軋轢に苦しむことになるだろう。

◇国家としての移行

・日本では義務教育で英語教育が半世紀以上行われている。社会全体が移行するのに問題はない。

これは使い物にならない試験英語勉強を強制されてきた日本人にいきなり英語を喋れというような無茶な事ではなく、単に原語表記しろということに過ぎない。

英語を理解し、読み書きしたり話す必要がある人はそれをより正確かつ円滑に日本語との間で自然に行えるようになり、そもそもカタカナ外国語など用いる必要のない人はちゃんとした日本語で読み、書き、話すようになっていく。

・翻訳や置換などをsoftwareで簡単にできるようになった現代ではその負荷は大したことではない。

digital化が進みそれが当たり前となるこれから、大量の文書のカタカナ外国語を原語表記する程度の事は何ら難しいことではない。問題があるとすれば、それはその様なカタカナ外国語で誤魔化してきた文章の怪しさ・曖昧さ・おかしさが明白になるということだけだ。

・税金と時間をかけることで無理のない移行が可能

政府が強権的に「今日からカタカナ外国語は禁止する。原語表記に統一せよ」と命じて実行した場合どうなるだろうか?社会的混乱と負荷はかなり大きいだろう。表現の自由にも反する。

では、独裁体制でも成立しない限りもう痛みなくカタカナ外国語まみれの状態から脱却できないのかといえばそんなことはない。鍵は”禁止する”のではなく”税金をかける”ことである。

カタカナ外国語を使った出版物(digital含む)に税金をかければよい。その際、弱小出版物は放置し影響力の大きいmedia(公共media、新聞、TV、internetであれば月刊閲覧数10,000以上など)から税金を取り立て ていけばいい。影響力の大きいmediaが移行すれば当然全体の移行は進む。またカタカナ外国語を原語に置き換えるutilityぐらいは直ぐに幾らでもでてくるだろう。大規模mediaがそのようなutilityを買って導入するのは難しい事でも何でもない。

表現の自由を侵害せずに、言語的退廃に陥った社会を矯正し、まともな言語を操ることで両方の文化で活躍できる人材を増やし、かつ政府収入にもなる。


関連記事

12 Comments »

  1. 税をかけるのはカタカナ英語を使ったかどうか監視するのに手間がかかり過ぎますし少々急ぎ過ぎかと思われます。
    学校教科書に原語表記を徹底し、国語の授業でそれを正しい日本語文章の書き方として教えていくのが良いのではないでしょうか。

    Comment by まる — 2012年11月25日 @ 02:36

  2. 新聞・TV、大多数が閲覧する媒体だけだから簡単だよ。影響力が大きく、目立つ所だけを対象にする。個人個人のblogだとか、大して売れてない本だとかSNSでの発言だとかそんなものは一切取り締まらない。そんなものまで対象にしたら、それこそ手間も税金もかかり過ぎる上に(官僚は喜ぶかもしれないが)、ほとんどの人が反発して政策として機能しない。

    Comment by sajin — 2012年11月25日 @ 02:41

  3. 税金をかけると言うのは実質的に禁止するのと同じ事なので、例えば報道各社であれば表現の自由だ何だかんだと「社会通念上で有効な反抗手段」を容易に発動され、全く機能しないでしょう。

    sajinさんの記事も日本語の文章として普遍的に読みやすいかと言うと全くそうではないので、カタカナ禁止はご自身だけの方法論にとどめるのが最上だと思います。また、世の中には旧仮名遣いで文章を書く人がいまだに生きてますが、カタカナ禁止はまずそいつらを絶滅させてからじゃないかな。

    Comment by 通りすがりの30代男性 — 2012年11月27日 @ 01:54

  4. 表現内容の禁止ではなく、社会に迷惑がかかる表現手法に税金をかける事が機能しないというのは思い込みでしょう。一旦規定されれば、そういう表現手法を取るなら税金を取るというだけのこと。どうしてもする必要があるなら払えばいい。

    私の文章の上手い下手を除いて、原語表記が読みやすいか読みにくいかというのは、単に慣れの問題。現状に慣れているとまずカタカナ外国語が先に出てくるから違和感を感じてしまう。

    それと旧仮名遣い表記をしている人たちの絶滅?この時点でかなり頭のおかしい執着に取り憑かれているようにしか見えないが。どうも正かな遣いの主張を見た時に、誹謗中傷をしてまわっているおかしな連中がいると見たが、あなたの様な人らしい。何ら社会に迷惑をかけていない上に、歴史通用性においては戦後表記よりむしろ重視されるのでまったくそんな事に加担する気はないよ。

    もっとも明治~敗戦まで一種の漢字中毒でやたらと難しい漢字表記を取り入れたり、作り出しては駆使したりというのをまたやれということでもない。あれはあれで一時代の流行でしかない。

    Comment by sajin — 2012年11月27日 @ 02:34

  5. >それと旧仮名遣い表記をしている人たちの絶滅?この時点でかなり頭のおかしい執着に取り憑かれているようにしか見えないが。

    表現が過激だったのは訂正したいです。要するに旧仮名遣いを禁止して欲しいと私は思っています。

    >どうも正かな遣いの主張を見た時に、誹謗中傷をしてまわっているおかしな連中がいると見たが、あなたの様な人らしい。

    そんな人達を見た事がないのでコメントできません。

    >何ら社会に迷惑をかけていない上に、歴史通用性においては戦後表記よりむしろ重視されるので

    現代性を失って久しく、古語の類に入りそうなそれらを恣意的に多用するのは社会通念上好ましくない行為だと私は思います。
    日本語の問題は個々のイデオロギーの問題と深く結び付いていたりするので、ここで長々と書く気もしませんが。

    >まったくそんな事に加担する気はないよ。

    ちなみに、旧仮名遣いをご自身で将来的にも利用するご予定はありますか?

    Comment by 通りすがりの30代男性 — 2012年11月28日 @ 01:10

  6. カタカナ表記の事ももう少し書きます。

    maidが「メイド」だったり「メード」だったりするのは統一性がないので英語で書けと言う主張とか方法論は、それで統一されている限りにおいては見た目問題なく、かつ機能するように見えるんだけど、そもそも他言語の単語だけを切り出して安易に勘合させる行為自体が危険であろうから、あまり意味ないんじゃないかと思います。

    単語の持つ概念を正しく翻意することをあきらめたり、数などの属性を切り捨てたりしてるわけですから。

    Comment by 通りすがりの30代男性 — 2012年11月28日 @ 01:33

  7. > 表現が過激だったのは訂正したいです。要するに旧仮名遣いを禁止して欲しいと私は思っています。

    表現がおかしいのではなく、根本的に考えがおかしい。

    > 現代性を失って久しく、古語の類に入りそうなそれらを恣意的に多用するのは社会通念上好ましくない行為だと私は思います。
    > 日本語の問題は個々のイデオロギーの問題と深く結び付いていたりするので、ここで長々と書く気もしませんが。

    よりにもよって正当性の論拠が同調圧力だけとは呆れて口がふさがらない。単なる自分の好き嫌いを”社会通念上好ましくない”などと言葉を濁すのは止めなさい。「嫌いだから見たくない、権力で強制して絶滅してしまえ」というのがあなたの主張だ。”現代性”とやらは、あなたが自分が育った中で見聞きした三十年ほどの事に過ぎない。その程度を”久しい”と感じること自体があなたが歴史的視野を持っていないことを自白している。

    旧字旧かな遣いと戦後に変造された日本語の違いなど表層的な慣れれば済む程度の問題だ。旧字旧かなの文書がその時代の事を扱っているから勘違いしているだけじゃないのかね。言語は変更する必要がなければ千年前のことだろうが、一万年後のことだろうが、当然同じ言葉と表記で取り扱う。旧仮名遣いはその人たちが好きでやっているなり、正しいと思っているからやっているなり、自由の範疇でやっているだけのことだ。そこに社会に対する害など何もない。”嫌なら見るな”というだけの話だ。自分が見なければ済むだけの話を政府が禁止しろなどと言うから、”頭のおかしい執着に取り憑かれている”と言ったんだよ。

    私が、そして歴史的・国際的に広範囲から物を見ることのできる人間が問題にしているのは、ある時代の普遍性とは真逆のノリや慣れを盲目的に絶対化し、それを政府が強制して他を抹殺していくことなどではない。あなたの言うことからは時代を越え長続する文明や共同体にとっての基盤は何なのか、自由はどうあるべきなのか、自由が公共の福祉との関係でなぜ、どれぐらい制限されねばならないのかといった事を考えている形跡がない。

    > maidが「メイド」だったり「メード」だったりするのは統一性がないので英語で書けと言う主張とか方法論は、それで統一されている限りにおいては見た目問題なく、かつ機能するように見えるんだけど、そもそも他言語の単語だけを切り出して安易に勘合させる行為自体が危険であろうから、あまり意味ないんじゃないかと思います。
    > 単語の持つ概念を正しく翻意することをあきらめたり、数などの属性を切り捨てたりしてるわけですから。

    原語表記以前にそのようなカタカナ外国語を無闇に取り入れて、その場のノリで意味を付加変造して用いていること自体が問題だ、ということを幾つもの記事の基本的な所で繰り返し書いているが読んだのかね?”単語の持つ概念を正しく翻意することをあきらめたり、数などの属性を切り捨てたりしてる”なんてことは、その時点で発生していることだ。原語表記はそれを元に戻しているに過ぎない。原語を使うのが嫌なら日本語にある言葉を用いるのが本来だ。お手伝いさんでも小間使いでも給仕婦でも適切な言葉が幾らでもある。そして原語表記した時におかしくなるようなカタカナ外国語の取り入れや使用はそもそもすべきでない。

    こういったことは全て記事に書いてある。あなたは狭い視野から生まれる考え方があまりに歪んでおり、その歪んだ考えへの同調を求めているだけにしか見えない。そもそも記事に書いている基本的なことすらほとんど理解しようとしていないから以後は放置もしくは削除するよ。

    Comment by sajin — 2012年11月28日 @ 08:47

  8. >読んだのかね?

    私みたいなのがノコノコ来て、sajinさんに罵倒されたあげく捨て台詞を残して揮発する展開は昔の記事でかなり見た気もするんだけど、自分までそれだとやだなと思うので、激怒して帰るのはやめておきます。読むとの理解するのと同意するのはそれぞれ違うからね。

    私の論理展開はsajinさんとさほど変わらんので、自分の影を説教してるのと同じだと思いますよ。恣意的な税金かけたら死ぬ人(と、法人)は結構いるわけだから、カタカナ英語を公害とみなして税金かけろって言うのは実質的には禁止だし、強制だし、権力の乱用そのものだろう…… とか何とかまた長くなるし、そもそも削除されたらあれこれ書いても無駄かな。

    Comment by 通りすがりの30代男性 — 2012年11月29日 @ 20:23

  9. いくら英語の出来ない年寄りを心から憎んでいるからと言って、たとえば医療期間から出される書類や
    薬局から出されるお薬の説明の横文字の部分を全て英語にしたら…もうわかりますね。
    今すぐそんな議論を止めて下さい。
    それとも明日から国民全員が一斉に英語を話せるようになる方法があれば別ですが。

    Comment by 今すぐそんな意見は取り下げて下さい。 — 2013年4月12日 @ 01:43

  10. 必要ならallergy(アレルギー)など括弧内に表記しなさい。カタカナ英語(外国語)を使っている時点で、本来の意味とかけ離れた勝手な解釈に陥るのでそれだけで有害です。

    そもそも、私が提唱しているのは、いきなり”英語全体を解し、英語をそのまま使え”という昨今話題に上るような無理のある話ではありません。むしろ本来外国語であるものを必要もないのに安易にカタカナ化して取り入れることで歪んで無茶苦茶になってしまった日本語を本来の正常なものに戻し、かつ外国語は外国語としてちゃんとした意味で用いるようになることで両者に橋をかけるのが目的です。

    あなたは英語に対して変な劣等感を抱かされてしまったようですが、歴史や科学、算術・言語という本来誰にとっても役立つ物を、誤った使い物にならない形で強制することで、むしろ嫌いにして遠ざける日本の最悪な教育の結果が今の状況を生んでいるんですよ。

    Comment by sajin — 2013年4月12日 @ 01:55

  11. なるほど、とても面白い考えだと思います。
    ですが、まあ無理でしょうね

    Comment by ルー大柴かなにか? — 2013年4月21日 @ 21:42

  12. ルー大柴は祖父がmultilingualで芸として意図して面白可笑しく喋っている人だよ。内心では外国語をこういう受け取り方しかできない日本人を馬鹿にしてるんじゃないかな。それと今の日本人は国語がいかに人造的なもので体制転換でコロコロ変わることを知らないから、無理だ、とかありえないとかいった先入観をもってしまう。他人が作った国の中で受動的に生きてきたから、自分たちが主体として国や体制の根っこを決めていく、最低限意見を持つという所に意識がほとんど及んでいない。これからの日本でそういった受動的に適当な政治家に任せていれば、なんとなく経済繁栄して己の生活に耽っていられるといった戦後の感覚でいると、平和なぬるま湯の国では考えられなかった所に落ちますよ。

    Comment by sajin — 2013年4月22日 @ 06:40

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net