SAND STORM

朝ぼらけ

2010年6月10日

News & Study (June 2010)

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 19:56

中国製ラプター @ Aviation Now

中国が開発中の戦闘機は予想外に強力で、どうかするとアメリカの最新鋭機F-22ラプターを凌駕するかもしれないと伝えられる。

中国の軍事力は大方の考える以上に急速に強化されつつある。新しい戦闘機も8年以内にF-22と同じ能力をもって、立ち現れるであろう。これはペンタゴンが予測していた時期よりも早い。

ゲーツ国防長官は昨年、中国は2020年までに第5世代の戦闘機を実現するが、実用になるのは2025年と見ていた。ところが今や、2018年までに第5世代の戦闘機を中国が実用化するというのがアメリカ政府の公式見解。

共産中国はすでに工業製品の生産大国であり、個人levelで優秀な中国人、中国系~人は大勢いる。元々Spy行為を行い続けているが、そこに豊富な資金が加われば追いつくぐらいの事は簡単だ。

gamers have reactions of pilots @ Fudzilla

Cyber-sportsmen had mental sharpness and psychological traits comparable to ‘real’ athletes. In fact they reacted to visual stimuli almost as fast as fighter jet pilots.

However he found their fitness levels were shockingly low and comparable to people either much younger or much older than their actual age. One gamer in his twenties appeared to be slim and healthy with a physique similar to an endurance athlete. But he had the lung function and aerobic fitness of a heavy smoker in his sixties.

Micklewright blamed the gaming lifestyle of spending 10 hours a day in front a computer screen and warned youngsters against such a sedentary lifestyle.

座ってgameばかりやっている人間は、脳神経の反応力が戦闘機のPilot並であるにも関わらず、その運動能力はHeavy Smoker並に持続力がない。

Sega confirms a Dreamcast strategy @ Fudzilla

SEGAがXBOX360/PS3向けにDreamcastのgameをdownload販売し始める。発売はDreamCaste十周年を記念して今秋になる予定。

Beyond saying that, the conversion of these titles would in some cases include higher resolution graphics (HD Support) and surround sound; the company has only confirmed that all of the released titles would include online scoreboards and achievement/trophy support. The game play itself is expected to remain faithful to the original titles that Dreamcast players remember.

ただのべた移植ではなく、Surround AudioやHD graphicになるようだ。

最近GamersGateでGenesis(Megadrive)のTitleがひとつ300Yen程度で売り出されたが、XBOX360で動く=PCでも動くということなので、PCにも出てくるかもしれない。

Google ditches Windows on security concerns @ Financial Times

Googleが社員へWindows使用禁止令。社員はLinuxかMacのどちらかを選ばねばならない。共産中国と敵対しているGoogleとしてはSecurityの確保が表向きの理由。

The move created mild discontent among some Google employees, appreciative of the choice in operating systems granted to them – an unusual feature in large companies. But many employees were relieved they could still use Macs and Linux. “It would have made more people upset if they banned Macs rather than Windows,” he added.

なぜMacが許されるのかというと、Google社内でWindows userは少数派で、MacとLinux使いが大半だかららしい。

Google and Microsoft compete on many fronts, from search, to web-based email, to operating systems.

もちろん「Windowsは最早代行品で置き換えられる無用の長物」という誇示でもあるだろう。

最近の変化を見ているとWindowsがどんどん古臭くて扱いづらいだけのデカブツに落ちつつあると感じる。XBOXの様なClosedな世界はともかく、PCの様な開かれた世界でMSの覇権が崩れる日も近いんじゃないか。

Official Shogun 2: Total War Fact Sheet Leaks Out @ VooDoo Extreme

Total War franchiseの嚆矢となったShogun: Total Warの2が制作中の様だ。

Total Warはもうgraphicは十分なので、初代のみ辛うじて実装されていた索敵の要素なんかをちゃんと取り入れて欲しいね。

Do Video games Equal Less Crime? – Economix Blog – NYTimes.com

The fact that crime has continued to fall is one of the more surprising aspects of the Great Recession. The F.B.I. reported the latest numbers today: violent crimes fell 5.5 percent last year and property crimes declined 4.9 percent.

事実として、この大不況の驚くべき側面の一つは犯罪が減少し続けていることだ。F.B.I.の最新報告によれば暴力的犯罪は昨年と比べて5.5%減少し、窃盗犯も4.9%減っている。

One factor for the decline seems to be the sheer number of people who have been locked up in recent decades. Some, no doubt, are being kept in prison even though they present little danger; but other prisoners would probably be committing crimes if they were free. Another factor is the spread of smart, data-driven police strategies.

その要因の一つは、釈放されていればまず犯罪を犯したであろうおおぜいの人間が刑務所に収容されていたこと(1977と比べて2008年には五倍以上に収容人数が増えた)、もう一つは警察がdataに基づく戦略的取り締まりを行っていることにある。

Lawrence Katz, a labor economist, has an intriguing item to add to the list of potential causes: video games. When I spoke to him recently, he was very careful to say it was only an idea. He is far from sure that it’s correct. But, as The Economist put it, “Larry Katz, a Harvard economist, suspects that video games and Web sites may have kept the young and idle busy during this recession, thus explaining the surprising lack of an uptick in crime.”

そこに、Harvard大の労働経済学者Lawrence Katzは興味深い原因を加えようとしている。それはVideo gameだ。最近彼と話した際、彼はまだ確信からほど遠い思いつきの段階に過ぎないとことわった上で、”この不景気にあっても若者はだらだらとVideo gameとWeb browsingに夢中になっており、これが本来なら上昇しているはずの犯罪率が低下していることを説明するのではないか”と語っている。

この記事は一つの記事を元にして書かれている。

A Crime Theory Demolished By HEATHER MAC DONALD  @ Wallstreet Journal

がそれで、結構重大な内容だ。

1960年代にKennedy, Johnson and Carterら歴代の民主党大統領に仕えたRichard Clowardらによって、”人種差別や貧困が若者が犯罪に走る主因であり、犯罪は社会への批判なのだ”というroot causes theory(犯罪の原因は貧困、経済格差、人種差別など根っこにあるとする説)が謳われた。

この理論に基づくと、犯罪の本当の原因である貧困を是正するために政府は職業相談、斡旋など様々な福祉政策をとらねばならないということになり、実際に様々な政策がClowardによって作られ施行された。FBIもこのroot cause theoryに影響され、”警察にできることなどたかが知れており、起こったことに事後的に対応するだけだ”という報告書を出した。

ところが、この大不況にも関わらず犯罪率は低下し続けており、これは貧困原因説の学者の言うことと矛盾していて、不況が生み出す犯罪を抑止するために政府は様々な雇用対策を行えと謳う学者やliberal mediaの言うことなど迷信に基づいたタカり行為に過ぎない、と暗に言っている。

また、この記事では犯罪率低下の原因は、刑務所に収容している人数が1977年に比べ五倍にもなり、そもそも犯罪を犯すような人間が刑務所に隔離されたこと、そして警察がdata-driven policingという進化した取り締まり法を実施し始めたことにあるとしている。

つまり、”犯罪予防に警察ができることは何もない、それは政府の役割である”などという考え方はまったくの出鱈目で警察の対応こそが犯罪抑止の決めてであり、犯罪抑止を出汁に貧困撲滅を謳って無用の政策を行う連中は既得権に群がる詐欺師であるという主張だ。

gameは犯罪を減らす? ― 米国の経済学者がユニークな説を展開 @ gameBusiness.jp

gameは長時間の娯楽を提供するだけでなく、フラストレーションのはけ口ともなります。2008年には「暴力描写を含む映画を上映することは暴力行為を抑制する」といった調査結果が発表されており、gameにもこれが当てはまるのではないかとしています。

過激なgameでstressを発散するのは楽しいもの。Katz氏は自説を「仮説に過ぎない」としているそうですが、これが本当だとすれば、gameは誰にも迷惑をかけないstress発散場所ともなり得るわけで、公平な視点での検証を期待したいところです。

それにgameばかりやっていると頭ばかり小利口になるから、犯罪を犯すような肉体・思考状態から遠ざかる。

gamerにQuestionare(アンケート)を取ったり、犯罪を犯した、もしくはおかしそうな予備軍の少年にgameを与えてその結果を統計で取ればかなりハッキリした数字がでるんじゃないか。

game産業が「バリアフリー」を無視し続ければ年30億ドルの損失に―米国の調査結果 @ gameBusiness.jp

*多様なサイズのフォントや書体を用意

*特定の色を別の色に変更可能に

*認識をサポートするための追加画像

*画面表示を案内するボイスナビゲーション機能

*多様な動きに対応する可変スピードセッティング

*全てのボイスダイアローグと重要な音に字幕/キャプション

*片手でplay可能など、別パターンの操作を許容する機能

*複数キーの同時押しを要求しないuserインターフェイス

これは本当広がって開発者に意識されるようになって欲しいね。PC gameはfontが小さくて当たり前、また字幕すら出さない英語のhearingが出来て当たり前といったNativeの健康な若者以外に配慮しない作りが幅を効かせてきた。障害者だけじゃなく、自分みたいなMonitorから距離を置いてplayするといった、多様な環境で使いたいplayerや非英語圏のplayerを遠ざけている。

「うまい」「はやい」「やすい」の三拍子で日本の game開発現場を支援する・・・RADgameツールズ日本代表に聞く @ gameBusiness.jp

これほど変化の激しい業界でRADが時代遅れにならずに、ここまで継続して発展しながら展開しているのは意外だった。弛まぬ更新と丁寧なSupportの結果なんだろう。


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net