SAND STORM

朝ぼらけ

2006年9月6日

出来の悪い対戦型Multiはもういらない

Filed under: 未分類 — Tags: , — sajin @ 01:00

昔はとりあえずMultiが無いと・・・という感じだったがそれはMultiで遊べる良質なTitle数が少なく,実験的な物でいいから欲しいという期待が強かったせいだろう。
Enemy Territory・CS・BF2・UTなど対戦型Multiを代表する良質なFPSが揃った今でも出来の悪い対戦型Multiに対するNeedsは高いのだろうか。
Multiは専用に開発して長い期間多くの調整を経た後でも不満が多いのが実際だが、singleのおまけ程度にMultiを作ってもせいぜい発売当初に賑わってその後は廃れて誰もいなくなるというのが大半だと思う。
今やちょっとした独自性があるというだけのとって付けたようなMultiでは人気の対戦Multiの足元にも及ばない。そんなものなら最初から無い方がいい。
Multi専用ならMulti専用として最初から開発し、その後も末永くSupportを続ける。singleメインならsingleの開発に全力で投球し、その上でMultiを載せるなら相性のいいCOOPにする。そういうメリハリが欲しい。Sam以降Coopがほとんどつかないためにせっかく作ったsinglemapの面白さを十二分に発揮できていないのが勿体無い。

ということをChaserをやりながら思う。対戦型Multiは真剣勝負の面白みがあるのは確かだが、

・負けたらstressが溜まる
・相手の「強さ」が見ててほれぼれするような本当に上手いplayをしているから、というのならいいが大概はsystem上の不出来、Imbalanceやcheat、それに近い卑怯技を利用したもので解消しようがない。しかもその様な不出来は長期間の調整によってしか除去されない
・勝てるようになるまでの知識収集、Hardware投資、修練など物理的・時間的投資が大き過ぎ

結果そのgameに居座り続けるヌシみたいなのと初心者の二極化が進んでしまい、腕前ごとにserverが分かれるぐらい人数の居るgame以外まともに楽しめない。

COOPの場合

・気軽に入れる
・腕前ほとんど関係なし
・勝ち負けなし
・Samの様な簡単にCliant serverを立てられるtypeなら適当にplayしながら人数が集まるのを待っていられる

パッと集まってパッと盛り上がって疲れるか飽きたらやめればいい、とstressの溜まる要素がほとんどない。それなのになぜCOOPが廃れて猫も杓子も対戦型とばかり流行ったのだろうか?多分一時UTなどがHITした為その幻想に惑わされているのだろう。

game makerには中途半端な対戦型Multiの無意味さを早く悟ってCOOPに回帰してもらいたいものだ。

それにUBIやSTEAMのような有料account管理を前提とするならcheatの類は使用が判明した瞬間account抹消の措置を取るのが当然だろう。もちろんcheatの被害にあった、それを見かけた他のplayerによる報告・報償制度を採用すればいい。”cheatでやられた→証拠を撮って報告→調査→cheaterのaccount抹消→cheaterはgameをやめるか買い直すしかない”これがmakerにも真っ当なplayerにも利益がもたらされる道であり、安心して遊べるonline gameとしてウリになる体制である。卑怯技やImbalanceの報告と兼ねてpatchに反映させるのもよい。

online game運営者はcheaterに甘い対応を取っている限りまともなplayerは離れ続けるだけというのをさっさと理解すべきだろう。運営側にとってcheaterを含むsystemの穴の利用者は客ではなく犯罪者も同然で、account管理が前提のMMORPGでcheatやBotが蔓延るなんてのは考えられないほど馬鹿げたことだ。即account抹消という措置を取っていれば多くは防げるはずである。


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net