SAND STORM

朝ぼらけ

2009年10月11日

Logicool G5 Laser Mouse

Filed under: 未分類 — Tags: , — sajin @ 06:57

高さがあり、大きめで手が大きくないと扱いづらいmouse。

G5はG7と似て非なるmouseで、まず左右の持ち手の部分が滑り止めのゴムになっているので手から逃げずらい。これはG7にこそ欲しかった仕様でザラついたゴムの感触は人によって好き嫌いがあるだろう。

また反応速度がG7と変わる感じはせず、やはりG7の無線通信は飛びぬけて優秀だ。

△Wireの外巻きが編み込みの紐仕様のためWire止めに使用するものによってはこの編み込みがバラけて醜くなる。耐久性はこの方が有利なのだろうか?

×重り
G7の電池用に開けた穴が余ったから付けたオマケだが、こんなものはoption販売にしてコストカットしてもらいたい。重さ自体は電池の入ったG7とそれほど違わず軽過ぎるということはないのでmeritが見出せない。

2つ併用時のSetpoint

Ver3.30.105

同じSetpointで回せるからと同じmakerのにしたのだが、まず2つinstallすると一々Listを開いて選ばなければならない。上のTabに大きく表示して簡単に選べるようにならないものか。

××それはまだいいとしても、なぜか個々のmouse画像が表示されず設定中のbutton位置把握が簡単にできなくなった。
→以前、Setpointにすべての画像を同梱していたためsizeがデカいとの批判を受けて分離している。このPageで該当Hardをclick&実行すればinstallされる

設定自体はすべての項目で別々に設定・保存されるがOS Implementation(OSで実行)を選んでいると、移動速度と加速がOSのmouse設定と同期して一緒になってしまうので注意。

×上下scrollを設定できない

××Managed program(program個別設定)が同期してくれない
programごとに個別key割り当てをするManage programsは一々設定を分けずに一方で設定したら同期してくれればいいのだがこれも別々のため一々mouseごとに設定しなさなければならない。また設定fileは暗号化されているため自分で開いて編集・copy&Pasteするなどということは無理。

G5はAdvanced game Settingで秒間読み取り1000回を設定できる(G7は最大500回)。Report rate変更は以前はできなかったことでSetpointも着実に改良されてはいるだが微速前進という感じで痒い所に手が届かない。

開発しているのは本社Logitechなので日本の出先機関Logicoolに意見を言ったところで反映されにくいのも難(Supportが悪いといわれるのもLogicoolが自ら開発しているのではなく日本語化したものを営業しているだけという辺りに原因があるのだろう)。

またLaser MouseはmousePadにより相性でることがままあるのでLaser対応と謳ったPADやLazerが主流になってから発売されたPAD以外買わない方がいい。


4gamer – G5 Laser Mouse review

GIGAZINE – 超高解像度マウス「G5 Laser Mouse」を買ってみました


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net