SAND STORM

朝ぼらけ

2011年5月2日

G-Pad wide

Filed under: 未分類 — Tags: , — sajin @ 12:02

Released:
designer: ?
Developer: 小間久商店
Publisher: 小間久商店

Official: G-Pad / wide
Wiki: KomaQ – G-Pad Wide – マウスパッド | wasd.jp

glass製のmouse pad。

◇外形

表面のみ磨り加工がしてあり、両面とも四方は周囲に向かって斜めに削り落としてあって、手を置いたときの感触がかなり良い。

材質は製造者が日本のglass makerだけあって、まさに日本の建築用窓glassなどと同じ、工業製品として質の高い物。

また経年劣化がほぼまったく起きないというのは魅力だ。以前買ったSteelの5Lは表面のcoatingが削れて摩擦が高くなる上にムラがまちまちとなり、それを補うためにsilicon sprayなどをかけると一時すべりはよくなっても、余計ムラが出て精密な射撃には向かなかった。このG-Padならこのようなムラは一切起きない。

滑り止めの半球上ゴム足がついているので、平らな所に置けば滑って落ちることはまずない。

◇洗浄と堅牢さ

落下testまでやった訳ではないが、そこそこの堅牢さはある。しかし、普通のglassなので取り扱いには注意が必要。簡単に洗って新品同様の状態に戻せるが、逆に一番割りやすいのがその洗う時だ。

◇性能

○おそろしく滑る

以前の5Lでは滑りの重さ、ひっかかりが気になって仕方なく、つまみ持ちで半ば浮かせて滑らせていた。このG-Pad、持って浮かせたのとほとんど変わらない摩擦で滑らせることができる。

グッと押さえつけてもほとんど摩擦は生じない。これは即ち止めが効かないということでもる。狙いの場所で止めるには手の側で完全にcontrolしなければならない。

◇音

ほぼまったく気にならない水準と思うが、シャーシャー音が常にでる。不快音ではない。

◇温度

一冬通して使ったが、冷たさが気になったことはなく、glassということで想像したヒヤリとする感触はない。

◇実際に使用して

×ちょっとした操作で位置がズレる

これは別に射撃gameをやっていなくても、通常のOSの操作でもよく起こるが、ちょっと手を置いて垂直方向以外に力がかかったり、buttonをclickしただけでcursorの位置がズレる過敏さがある。

つまみ持ちで半ば浮かせるなど、完全なcontrol下におかないと、ちょっとした操作による微細なズレの為に、Shock Rifleのaltで出る球を撃つshock comboを全く動かず行っても当たらないということが結構起こる。Windowsだとfileをdouble clickして開いたはずなのに、一回だけclickした名前変更になってしまうことが起きやすい。

つまりある程度の緊張感を持ってmouseを持っていないと静止状態を保てず、動かす気はなかったのに動いてしまったということが起きる。このmouseの動きに対する軽く精密な反映はFPSの様な精度を競うgameには最適だ。逆に普通にOSをGUIで動かしたいだけという人間にはまったく不用なすべりと精細さ。半年ほど使って慣れてしまったので今ではまったく不満がないが、1-2ヶ月は細かな操作missが多かった。

[総評] : 慣れさえすれば一生物のbest pad

使い始めて1-2ヶ月は細かなmissや調整・認知のズレからしっくりこなかったが、UT3のgodlikeで普通に渡り合えるぐらいになっている。この精細さに慣れさえすれば最高のpadだろう。

mouse padは消耗品で、使っている内に劣化して性能が変わってしまうのが悩みの種だが、glass製はそれがなく大事に使えば一生物というのも大きい。

自分が買ったときは月半ば以降は-2000円とのことで、送料込み4000円だった。はっきり言ってこの価格はお得だと思う。

ガラス製マウスパッド @ なんでもガラス館

公式の販売所を見るとwide 4000yen,standard 3000yenで常に売っているようだ。

[Link]

ガラス製マウスパッド G-pad @ Rain or Shine


関連記事

4 Comments »

  1. glass製padの側は問題ないが、やはりfeetの削れる速度ははやい。
    カグスベールを試した所、UTでInhumanで苦労していたのが嘘の様に当たり出した。やはりfeetが原因だったようだ。
    それとmouse soleで検索してまったくひっかからないのでおかしいと思ったが、やっぱり”ソール(sole=足の裏、靴底)”は和製英語で通用しない。mouseの滑り部分を指す単語は”feet”。

    Comment by sajin — 2011年12月15日 @ 03:16

  2. mouse feetのよく接触する部分が削れて汚れがつき、白くて硬いものがこびりついた様な状態になる。これは摩擦力が異なり滑りにくくなるので掃除しないとmouseの移動量に対する結果が変わってしまう。
    padが硬い丈夫なものになったせいで、今度はfeetの側をどうするかが問題になる訳だ。問題は摩擦係数にムラがでることなので、極微細な紙ヤスリでも使って均してしまった方がいいかもしれない。

    Comment by sajin — 2012年1月22日 @ 21:37

  3. 購入検討していたので参考になります。

    Comment by deco — 2012年2月23日 @ 00:04

  4. 熱したヤカンを置く鍋敷きがない

    とりあえずここ置いとくか、硝子なら大丈夫だろう

    実際しばらく問題ない

    パリーン

    ヤカンからの熱による膨張と収縮が絡み合って割れたようだ。

    Comment by sajin — 2015年3月22日 @ 12:41

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net