SAND STORM

朝ぼらけ

2012年3月1日

ことば関連 log – vol.1

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 17:34

◇言葉とその修得

言葉は(込みの全体の内、人間が知覚できる)現象を表す象徴として無意識次元で結びつけられるが、意識次元で(論理的な死物として)使用できる。

#例えば狼の吠え声や鯨の超音波も言葉である

この意識次元で利用できることばかりを押し進めたのが効率のよいバラ撒きを目的とした近代的な学校教育。肉体を核とした生態が織りなす前提、それが新たな生態を生み出すために求める接続を無視するので、ほとんどの人間がこの切り離されたやり方で言語を修得することはない。

◇歴史通用と世界通用

ことばの変化、取り分け外来語との関わりでそれを見る時、そもそも理解の為の言葉を乱さないためには、”歴史通用性”、つまり時間軸における通用性と、”世界通用性”、つまり同時空間における通用性の二つの軸が大事だ。

戦後日本語の様な、明らかに人為的に変造された挙げ句に、時が経てば経つほど正体不明の狂乱状態を呈しているような言葉は、人為的に和語の古典世界、つまり漢字以前に正統性を置いて矯正した方がいい。

Forvo

これは面白いな。user参加型発音登録site。辞書でも字書でもなく発音書か?


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net