SAND STORM

朝ぼらけ

2017年11月18日

投資日記 2017/11 vol.3

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 10:21

◇公益

三ヶ月に渡るシードとメニコンを比較した取引で、二頭の龍が絡み合い、自分はそれに翻弄された。巨大な失敗となったこの山は、まるで大量の貴金属、宝石の眠る鉱山のようである。

すべての問題の根っこは、他者の公益を考えず、見ようともしなかった自分の意思が歪んでいたということだ。根本的に公益を無視したり軽視した状態で、己の欲や都合、考えを優先させた結果失敗に失敗を重ねた。

メニコンに関しては、社会的価値のあることをしている今伸び盛りの対象に売り向かったこと自体が間違っていた。シードもそうであるが、メニコンは乱視用のcontact lensという新商品を出し、それで業績を大きく伸ばしている最中であり、他にもorthokeratology(オルソケラトロジー)の子会社を買収して広めようとしている企業だった。

それら乱視対策商品は、まさに乱視に悩まされている自分が欲しいと思っている新商品なのである。世の中の人にとっても、まさに求めていた商品が出てきたという所だったのだ。短期的には行き過ぎ感もあったが、まだ市場の拡大(というより新商品故の市場開拓)が望め、特にメニコンは安定した会員制のメルスプランもあり、長期保有する者にとって最適の対象であった。今ちょっと上がり過ぎたように見えるからといって、売り逃げる者はいなかったのである。

そもそも、株式というのは「崩れない限り」買い方が有利なものである。現物なら配当で、信用買なら上がり過ぎを売った側から逆日歩をもらい続けられる。金利や逆日歩の支払いを日々迫られる空売りは時間が経てば経つほど不利になるものなのだ。現物を「崩れない限り」売る理由は何もない。そして上がり続けたのだ。当然のこととして。

自分はシードに比べてPERが高過ぎるとかシードは下げて調整しているといった公益を無視した比較ばかり行っていた。

そもそも、なぜGoogleは行き過ぎの上昇を続けここまで来たのか?
なぜAmazonはこんな馬鹿げた上昇をし続けてきたのか?
それは人々の公益に応え続けてきたからに他ならない。

「公益に逆らう」仕掛けに微塵の勝ち目もない。
(more…)


関連記事


2017年11月14日

投資日記 2017/11 vol.2

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 19:51

◇結局悪い結果を招いたこと「家」と「要塞」

当初、軽々しく仕掛けては大きな損失を繰り返したのは資金をまるでvirtualなものに感じていて、無くすことに実感がなかったからだった(その内当たって戻すだろうぐらいに適当に考えていた)。しかし、あまりに減ったので途中から、自分の皮膚・血肉と同じぐらい大事なものだと感じるように意図的にしていった。

結果としてそれは、負けること、失うことを極度に嫌わせていく一方で、より確実に勝てる、優位な材料を探して、それに基づく方向を思惑として強く抱き、軽々しく手放したり損切しない、思惑を捨てない感覚へと育っていった。

思惑や仕掛けの根拠など、常に仮のボロ小屋とみなして感じていなければいけないのだが、強固な防備と武装で固めた要塞か、長年住み続けた家であるかのように感じるようになっていた。状況が悪化しても、そのような「要塞」や「家」に玉を積み増して引きこもっていくことと、損失を吐き出して簡単に捨てて出ていってしまうことでは、深層心理が選ぶのが前者であるのは言うまでもないことだった。
(more…)


関連記事


2017年11月7日

投資日記 2017/11 vol.1

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 18:17

◇6534 DACHD 20171108 – trendの内側にいるという感覚の欠如

DACHDは諸環境を調べた結果、安定した好決算という最も強い材料を元にしばらく上昇する流れに入ったというのはわかっていた。
今日は日経が大きく上げた後、急落して元の木阿弥になるという派手な展開だったが、安定して上げを維持し、最高値を更新した。
(more…)


関連記事


« Newer PostsOlder Posts »

sand-storm.net