SAND STORM

朝ぼらけ

2018年1月9日

投資日記 2018/01 vol.1

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 00:13

◇雀鬼会の目的と心得

一つ、 雀鬼会は、雀鬼の周りに集う人達の、人間力をつけるための斗いの場である。
一つ、 雀鬼会は、斗いの場である以上、言い訳は無用であり、負け即ち敗者である。
一つ、 雀鬼会は、入会した以上己の持つ力をフルに活用し、漢の意地とプライドのぶつかりあいの場である事。
一つ、 雀鬼会は勝って当然、負ければ惨めと思う事。
一つ、 雀鬼会の目的は、伝説の雀鬼の雀風を会員が身につけることである。従って、その打ち方は雀鬼流でなければ無意味である。
一つ、 雀鬼会に於いて、己の打ち方を良しとする者は、これに参加する資格はないものとする。
一つ、 雀鬼会では、桜井一人が師であり、後は一律門下生、弟子となる。
一つ、 雀鬼会では、教室に一歩入ったら、礼儀を重んじ、師に対しての私的感情は、一切御法度である。
一つ、 雀鬼会では、己の殻を破って雀鬼流麻雀で打つ事。
一つ、 雀鬼会では、師に言われたことは己の能力や分析に理由づけ・言い訳をせずに素直に従う事。
一つ、 雀鬼会選手は、週数回定期的に道場に出て打ち込み、並びにノートに参加する事。
一つ、 雀鬼会選手は、やる気と約束を尊重し、自主性を当然とし、お互いに研究指導を怠らぬ事。
一つ、 雀鬼会選手は、己の主義や身勝手は許さず、他の会員に対して寂しさや、悲しみ、空しさを極力与えない事。
一つ、 雀鬼会選手は、より良い麻雀を打つために結果より経過に納得感を持ち、互いにそこに内容を求める事。
一つ、 雀鬼会選手は、必然性、偶然性に頼らず、最善の努力、工夫、改善を求める事。
一つ、 雀鬼会選手は、素直を持って心を表し、勇気を持って行動する事。

勝負、鍛錬、精神・態度の修養という意味でも良いが、「他の会員に対して寂しさや、悲しみ、空しさを極力与えない事」というのが他にない優れたところだ。勝ち負けにこだわっていると、まず忘れていく所だから。
(more…)


関連記事


2017年12月20日

投資日記 2017/12 vol.2

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 11:19

◇出来高

異常な出来高が生じた時は、まず間違いなくplayerの入れ替わりが起っている。playerが入れ替われば、価格にこれまで生じ得なかったような変化が起こる可能性が高い。
逆に、価格変動が大きいように見えても、出来高が変わらない場合、playerが変わっていないのでそれまでと同じような振る舞いに戻る可能性の方が高い。
(more…)


関連記事


2017年12月12日

投資日記 2017/12 vol.1

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 03:21

◇そもそも大量保有の大口支配のため価格操縦が必然の仮想通貨

The Bitcoin Whales: 1,000 People Who Own 40 Percent of the Market – Bloomberg

年初20倍だかのbubbleとなっている仮想通貨だが(より正確には暗号通貨、実態は暗号商品)、そもそもこの手の仮想通貨はICO関係者が大きな割合を握っているため、簡単に価格操作ができる。Bitcoinもこれだけ時間が経って相場が動いた後ですら40%を初期からの大物が保有しており、彼らは下手に相場が下がらないように価格操縦を繰り返しつつ売り抜いているので、通常の投機相場なら絶対に崩壊する流れで必ず押し目買いが入って相場はさらなる上昇へと継続するpatternが構築されている。

では、それがいつまで続くのかというとさっぱりわからない。唯一通貨代替としての役割を果たしているBitcoinですら、Steamが最近BTC支払いを取りやめたように公益性を失いつつある。
(more…)


関連記事


Older Posts »

sand-storm.net