SAND STORM

朝ぼらけ

2017年5月26日

投資日記 2017/05 vol.3

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 04:51

◇仮想通貨関連株暴騰

最初は3825 リミックスポイントがこの相場の始まりだった。ここは自前の仮想通貨取引所を運営する子会社を持っているが、そこが航空会社と提携したとか、中共の取引所と独占契約を結んだとか、Bitcoinが暴騰する中でそういう報道が連発し、連日STOP高、今日もS高に終盤まで張り付いたり剥がれたりしていた。

Bitcoinを始めとする仮想通貨の暴騰に加えて今日改正銀行法が成立したので、昨日から軒並み高騰していた仮想通貨関連株がさらに上げた、同じく仮想通貨取引所を持つ3807 フィスコも今日資金が流入して一時S高となった。

インフォテリアは別に仮想通貨取引所を持っている訳ではないが、BCCC会長であることもあって、ZENという仮想通貨を協力してやっているので仮想通貨銘柄として扱われた。

三社の日中5分足を見る。

3825 リミックスポイント。前場S高に張り付いていたのが後場に剥がれ始め、利確の売り逃げが起こる。最終的には戻したが、14時からはかなりの崩れが起きていた。

3807 フィスコ。後場に3825の資金が流れてきて、それまでにもかなり上げていたのをS高近くへと一気に押し上げる。

最後は3853 インフォテリアで、昨日の上げ過ぎからダラダラ下げてきていたのが、14時に3825から逃げてきた資金が流入し、上げて終えた。

それでこの相場が来週も続くかだが、良くて月曜で終わりだと思う。根本的にBitcoinやEthereumといった仮想通貨の相場が天井を打って崩れつつあるから、狂騒状態にあった仮想通貨への投機全体が疑問視され、その中で買われたに過ぎない関連株も下げていくだろう。そもそも仮想通貨取引所の運営がなぜ大きな利益をもたらすと思うのだろうか? 世界の小規模取引所が莫大な利益を上げているとでも思っているのだろうか。せいぜい手数料収入があるだけである。Mt.GOX破綻後、世界には大手取引所が幾つも乱立、隆盛し、遅れてきた日本のそれを使う理由はまったくない。わざわざ日本の取引所を使うのは日本語を求める日本人ぐらいのものだ。
(more…)


関連記事


2017年5月23日

投資日記 2017/05 vol.2

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 15:58

◇1552 国際のETFVIX 200:1の併合と対称変更

1.平成29年9月14日時点の受益権を対象として、同年9月15日に200:1の比率で併合を行います。(当該併合により、200口の受益権が1口となります。)

2.主要投資対象の変更

    主要投資対象を指数連動有価証券から、外国有価証券指数等先物取引に係る権利および米国国債等に変更するものです。あわせて当該変更に付随する約款変更を行います。
    ・理由
    金融商品取引業等に関する内閣府令第130条第1項第8号の2に規定される信用リスクの分散(以下「分散投資規制」といいます。)に対応するため、主要投資対象を変更いたします。
    分散投資規制とは、投資信託が抱える信用リスク(投資対象となる有価証券の発行体の元利金返済能力の悪化により、元本および利子の支払を受けることができなくなるリスク)を制限するため平成26年12月1日に施行された規制です。当該規制については、施行日から起算して5年間、適用除外となる経過措置期間が設けられており、期限である平成31年11月末までに対応する必要があります。 本ETFは指数連動有価証券を主要投資対象としています。指数連動有価証券を主要投資対象とし続ける場合、上記規制が求める水準での信用リスクの分散を図ることができないため、主要投資対象を変更することで分散投資規制対応を図るものです。

    ・実施日 書面決議が可決された場合、主要投資対象の変更に係る約款変更の適用日は平成30年8月14日となります。

「国際のETF VIX短期先物指数」 重大な約款変更に係る書面決議基準日設定および 受益権併合のお知らせ

200:1の受益権併合が2017/09/15、対象変更が2018/08/14。前者はいいとして、後者は具体的に何にどのような割合で連動するようになるのかハッキリと示されていない。

1552売りないし2049買いは、逓減があるので売ってさえ、買い持ちしていさえすれば儲かるという認識が広がっているが、これは今の金融緩和相場が続いている状態で、なおかつFRB/ECBといった中央銀行が2015,2016の市場下落に対策を取った結果であるからこそVIXが低く抑えられ続けるので妥当性はあるものの、これからQE(金融緩和)が縮小していくと、VIXの変動は元の15-20が当たり前、下り相場や事件が発生すれば簡単に30を超えるといった状態になるのでかなり危険な考えだと思う。特に「持ち続けさえすればいずれ逓減で利益になる」という仕掛けの理由は損切りを早期に行わない強固な動機となり、致命的事態を招く可能性が高い。

実際、VIXの歴史を振り返ると、Lehman shockから一年ぐらいは40を超えるのが当たり前(最高89.53)だったし、May 2010のFlash crashのような突発事態で48.2を付けたり、2011はS&Pが大して下げた訳でもないのに15ぐらいを底這いしていたのが急上昇し、数ヶ月に渡って20-30をうろついている。2015 China shockでは58.29まで到達した。だから私はVIX15以上でしか仕掛けてはならないと思っていたし、安全域は20を超えてからで、それでも非常に危険なriskがあると思って去年(2016)は取り扱っていた。それに加えて政治eventでの認知の歪みがあったから仕掛けて取った訳で、環境認識とtechnicalの高度な組み合わせである。

VIXの通常域というのは長年15-20であり、10前後が当たり前となっている現状はかなり異常な理由が重なったものとして、環境認識をちゃんと行ってrisk制限をしていないと、1552売り/2049買いで儲けても、いつか必ず突発事態で死亡するのが必然だろう。

Price Charts on VIX | CBOE
VIX Options and Futures Historical Data | CBOE

(more…)


関連記事


2017年5月13日

投資日記 2017/05 vol.1

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 10:40

◇どうやって「過ちを犯す自己」を改め、「正しい行い」をできるようにしていくのか

20170512の日中(5分足)の市場の動き(TOPIXの方がtrend lineを素直に反映するのでこちらで見る)。bull連動ETF売建で下がったら儲かるようにしていたので、前引け手前である程度処分しようと思っていたのだが、週末だしまだ下げるだろうと放置するとどんどん戻してしまった。いつもの、「こういう状況だから、今目の前で有利になっていても、待てばさらに儲けられるだろう」と放置して失うpattern。

失敗した(記録を取り、反省すれば気づきの機会になる)
↓
ああするべきだった(記録の検証により何をやるべきかのfeedbackを獲得したが、まったくできる状態ではない)
↓
似たような状況でまた失敗した(feedbackの強化は得たが、まだまだできる状態から遠い)

なぜ気づいたのに「できない」のか?
失敗するということは、無意識的に誤ったことをする心身がすでに強固に構築されていることを意味する。
一方で正しい行いをする心身は、実践においては無力なほど薄っすらとしかできていない。
「誤った行いをする心身」から「正しい行いをする心身」に転換するには、それと同じだけの正しい行いを重ねて、正しい行いをする身体と神経網を構築していかない限り切り替わらない。

仮に前者が5あるとすれば、5以上の構築がなされるだけの回数を重ねていかねば切り替わらない。つまり、希薄化するように正しい行いを繰り返し練習・実践していかないと改まっていかない。人間の構造上、希薄化していけば、古い方は忘れられていき、新しい方が強い影響力を持つので、繰り返せば繰り返すほど楽になっていく。ただし、最初から上手くできるなどと考えてはならず、希薄化してさらに逆転させる過程には長い時間がかかる(『達人のサイエンス』で言う所のプラトー期間)。

相場は他の競技の様に部分を切り離して練習することが難しい。「仮想取引などで「練習」しても無意味だ、まるで違う」と多くの先人が語っている。意味のある実践の場で繰り返しの行いである練習を可能にするにはどうしたらいいか。建玉を少なくして仕掛けと手仕舞いをするしかない。資金量に対する比率を小さくすれば拙いやり方で繰り返しても問題は起きないからだ。

#これは逆に言えば、玉を増やして、資金量に対する比率を大きくすれば、「練習」と同じ場面が「大会」になってしまう。さらに信用などでlevarageを掛ければ人生をかけた大勝負と化す。相場における練習・本番・一世一代の大勝負などは、自己の側の建玉量(資金比率)で簡単に変わる。

何が課題かをすでに得ている、失敗のfeedbackで得た「ああすべき」、かつ今できていない「やること」を明確化し、問題の起きない少玉での取引にすればそれは必然的に意義ある練習となる。意義ある練習の回数を重ね、その中でさらにより正しい「ああすべき」をfeedbackとして獲得し、練習の「やること」にしていく。正しい行いをする心身が分厚くなっていけば、過ちを犯させる以前の構築は出る幕がなくなってくる。

この練習を繰り返すmasteryの過程に意味を見い出せば、「儲けにつながらない」少玉での取引が意義あるものとして感じられるし、いたづらに大きな玉を張らずに、玉を絞ったり、早目に分割で手仕舞いしていく良い理由ともなる。

◇20170512 – Infoteria決算

Infoteriaは決算日で、昼過ぎに決算発表が出たのか後場途中から急上昇する展開になった。そのかなり上げた所で見ていたのだが、「決算日を挟んで上昇に向うだろう」と思っていたので、特に利確することもなく、逆指値も置かず放置したらほとんど変わらない所まで下げてしまった。

結局、ここは「吹いたら売りつけられる」のがAIやalgorithm含め参加者の習性となっている。

日足をbollinger bandsで見ると、また長剣型で、下落必至。

一つ反省としては、Infoteria固有の特性としての「吹いたらとりえあず売り」だが、決算発表で感情的に殺到して一方向に流れ、それが反転していくという流れもあるのだから、やはり76.4%ぐらいで利確のstopを置いておくべきというのがもう一つ。さらに、資料をつくっているのだから、それを早急に更新して上昇率と比べれば決算playが出来たのではということ。何にせよすでに仕掛けてある銘柄の決算日は後場から変化が起きることを前提として構えておくべき。

◇『達人のサイエンス』

われわれがよく目にする競技者の写真は、一連の「勝利の興奮」や「敗北の苦悩」を写したものだ。激しい応酬で苦痛にゆがんだ顔、あるいは勝利の喜びでクシャクシャの顔など、どれもこれもclimaxの瞬間ばかりで、例外はほとんどない。しかしほんとうのmasteryの顔は、relaxしていて落ち着きがあり、時にはかすかな笑みさえあるものだ。
 実際、最高の選手は時に異次元にでも入り込んでいるかのように見えることがある。こうした選手は、敵に攻め込まれ観客が割れるような歓声を上げている中、超自然的にすら見える難しい技をやってもケロッとしているようにみえるし、混乱のさなかにあっても何らかの方法で調和を作り出してしまうのである。p.53

達人といわれる人は、自己の技倆を伸ばすことだけが目的で何かの技能に専念するのではない。ほんとうは、彼らはまず何よりも練習(practice)が好きなのであって、その結果、上達は後からついて来るのだ。そして上達すればするほど基本の動きを繰り返すのが楽しくなるという、cycle が出来上がる。
 われわれの合気道道場の基本を教える学級で学習している初心者は、ある動きの組み合わせを10回近くやると、しきりに新しい動きをやりたがってソワソワしはじめる。だが同じ学級でも黒帯たちには、きわめて初歩的な技においてもその繊細さと底深さを味わうだけの知識と経験があり、それがまた彼らの感性ともなっているのだ。p.82
(more…)


関連記事


Older Posts »

sand-storm.net