SAND STORM

朝ぼらけ

2020年1月12日

日誌 – 令和ニ年一月

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 21:33

◇多段構造

年末年始に繰り返し彷徨していて、腹背痛も酷くなる中でおぼろげに気づいてきたのだが、生物というのは原始的な進化の段階でミトコンドリアなど他の生物を取り込んだ内側への細胞内共生と、外側への共生である皮膚や胃腸に多種多様な菌を棲まわせている。これら共生細菌が免疫においては非常に重要な役割を果たしており、複数の生物が多層で関わるが故に、これほど免疫の病気は解決を見ないものになっている。

特に腸内細菌叢が自分の場合明らかに狂っていて、それはsick houseの原因になるような毒性化学物質への長期暴露->免疫指令の慢性化->慢性的免疫物質生成->腸内細菌叢が物質を常時作り続けることを前提に最適化しつつ変化->慢性炎症の悪化
という過程を辿り続け、腸内細菌叢が悪い方向に変化し続けている。この細菌叢は自分の身体と直接繋がったものではなく、あくまで別生物の共生であるために、宿主である自分の制御が効かない。

別の環境にいけば劇的に改善するという訳ではないのだが、この病気を作り出し、悪化させ続けているこの家にいると何とも言えない免疫のざわつくような感じに常に襲われている。

平山和宏 「シリーズ 腸内細菌叢1 腸内細菌叢の基礎」『モダンメディア 2014年10月号(第60巻10号)』

(more…)


関連記事


2019年12月10日

日誌 – 令和元年十ニ月

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 04:34

◇水子

自分には生まれる前に死んだ兄がいたそうだが、彼は自殺したと考えている
あれらの下に生まれたら、同じ目に合うのが当然だから

◇耳鳴り

夏場のキツさを食事統制の進展と炎症=発熱管理を新たに取り入れることで乗り切ったのだが、冬になってから、新たな症状として耳鳴りが止まないようになって、さらに厳しさが増した
最近、進められている研究参加に申し込んだので、運が良ければ来年の春から夏には公的な病気診断がされるだろう
この手の免疫暴走の治療法はallergy(アレルギー)などへの根本的治療法が無いとの同じで、あるのは対処法だけだから、有効な対処策は結局自分で調べ上げ、試し続け、見出していくしかない
障害年金などがつかないと医療費がすべて自分持ちになり、改善も何もされない無駄な治療のために負担だけさせられることになるので、分水嶺になる
(more…)


関連記事


2019年11月12日

日誌 – 令和元年十一月

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 18:35

◇冬の獄門

冬の獄門のなかで、人はあらゆるものを捨て去っていかねばならない
社会で生きるために、何かをしようとして、身につけたもの、積み上げたもの、全てが獄に並ぶ棒につかえ身動きが取れなくなる
爬虫類も虫も蚯蚓ですら身に着けているものが多すぎる
捨てたものだけが生命の原初の玉になってくぐり抜けていく
(more…)


関連記事


Older Posts »

sand-storm.net