SAND STORM

朝ぼらけ

2017年5月24日

日誌 – 平成二十九年五月

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 08:50

◇ピロリ菌除去の副作用

 ピロリ菌の除菌といわれると、ピロリ菌のみを除菌しているように思う方も多いかと思いますが、抗生物質は「菌」が身体にとって良い菌か悪い菌かを判別することができません。抗生物質は身体の中にある常在菌を、良い働きをしているものまで、ことごとく除菌してしまうのです。

 抗生物質を飲んで下痢や便秘をしたことのある方は多いと思います。それは、抗生物質が悪い菌だけでなく良い菌も殺してしまい、腸内のバランスを崩してしまったからです。この副作用は、ピロリ菌除去のための抗生物質を飲んだ時にもよく起こります。

 腸の中には、免疫細胞の8割があることがわかっています。そこに強力な抗生物質を長期間送り込むのですから、ピロリ菌が消える前に身体のどこかに不具合が出ても不思議ではありません。ピロリ菌をガンガン叩こうとすることで、別なところにまで火花が飛び散り、身体が傷つけられているかもしれないのです。

 かわいい名前とは裏腹に、ピロリ菌は今や「日本人の仇」のように扱われていますが、胃液の逆流を防ぐといった働きがあり、食道がんや食道炎を抑制する作用も報告されています。つまり、除菌することで、食道がんになるリスクを高めるかもしれないのです。そうだとしたら、なんとも皮肉な話です。

 中学生にピロリ菌検査を行い、陽性の生徒には除菌を薦めるという自治体も出てきました。ピロリ菌を持っていて、すでに胃粘膜の炎症や委縮が認められる場合には、除菌をすることで胃がんになるリスクを減らすことができるでしょう。しかし、ピロリ菌を持っていても、胃粘膜の異常がなければ、役に立ってくれているかもしれないピロリ菌を、腸内バランスを崩してまで除菌することが、はたして必要なことなのでしょうか。

胃がん原因の98%・ピロリ菌、除菌で食道がんリスク増や必要な菌除去で腸内バランス崩壊も 文=宇多川久美子 | ビジネスジャーナル

強力な抗生物質ですべての菌を洗浄してしまう。

では、なぜ今も、「ピロリ菌は除去するべき」「しないべき」という議論が起こるのでしょうか?

鈴木 まず、日本での潰瘍などを含む患者の平均7.8年の観察で、ピロリ菌陽性者からは約3%の人にがんが見つかりましたが、陰性者からは1例も見つかりませんでした。次に、「ピロリ菌陽性者に除菌すれば胃がんが減るか」という問いに答えるためには、「除菌する人」と「しない人」に分けて、長期間比較する必要があります。早期胃がんで内視鏡治療をした500人以上を対象に行った研究では除菌した人のほうが、その後の胃がん再発率が明らかに抑えられていました。胃がんや潰瘍のない人に関してはどうか、ということでは、以前国立がんセンターが研究を開始しましたが、症例が集まらずに中止になった経緯があります。

しかも現在は、日本ではピロリ菌の除菌が保険で出来るようになっているので、同じような研究は不可能と言わざるを得ません。

不可能、とはどういうことですか?

医者から「あなたは胃がんの原因であるピロリ菌に感染しています。保険で除菌ができますが、除菌しないでこのまま胃がんが出来るかどうか、経過をみさせてください」と言われたら、いかがでしょうか?

もちろん、断ります!

鈴木 そうなりますよね。

しかし、海外ではこのような研究が行われていたりします。中国のグループからの報告では3千人以上を対象にして、7年の経過を追ったところ、除菌した人のほうが胃がんの発生が抑えられていました。同じような研究は欧州や韓国でも進行中で、結果が待たれます。除菌しても意味がないというのは胃がん発生は減らせるかもしれないが、死亡率減少効果には結びつかない、というのが主だと思われます。しかし、海外の研究を基にしたデータをピロリ菌の菌種や食生活も異なり、早期胃がんの割合や治療効果が高い日本人に一概に当てはめることはできません。

ピ|「ピロリ菌を除去しても本当に大丈夫なの?」現場の医師に聞いてみた

これからはピロリ菌を除去している人の方が多くなるので、その結果としてどのような副作用が出てくるかが次第に判明してくるのではないだろうか。
(more…)


関連記事


2017年4月26日

日誌 – 平成二十九年四月

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 00:37

◇朝五時起床

朝五時に起きれば、すべてがうまくゆき始める。ぼやっと起きて、一時間ぐらいかけて、じわじわ動き出す。
六時台になれば、どんな少しでもいい、外に出て軽く運動するだけで、信じられないくらい快便になる。
仕事が始まるまで時間があるので、状況を確認するのも、資料を整えるのも、食事をしてもたっぷり余裕がある。
自分の体調を整えながら、周囲の環境と体調の良し悪しをじっくり確認して事に臨むことができる。とにかく焦る必要がない。
(more…)


関連記事


2017年2月23日

日誌 – 平成二十九年二月

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 15:46

◇旅

東京に行ったついでに電通のAd Museumにいってきた。

内部は撮影できないが、江戸時代の看板から、戦前の広告や戦後の白黒時代のTV CMなどが展示してあってかなり面白い。

例の手帳から消された鬼十則。
年表を読んだが、鬼十則を発し、電通をここまでにした吉田秀雄は大活躍して国際的にも表彰されたが早死したそうだ。

臼井から佐倉を自転車でうろついた。

面白い写真がいっぱいあるのだが、偏った生活を送っているせいで、旅日記の制作が滞っている。残念ながら来月は遠出できそうにない、ということは即ち旅による生活潰乱がないので、相場行為がある程度落ち着いてきたら、旅日記をつくろうと思っている。
(more…)


関連記事


Older Posts »

sand-storm.net