SAND STORM

朝ぼらけ

2010年1月7日

GoG版 Pro Pinball: Timeshock!を高解像度で遊ぶ

Filed under: 未分類 — Tags: , — sajin @ 05:18

GOG版のTimeshock!はDOSBoxで動かしているため、最大1600×1200まである解像度がgame optionで1024×768に制限されている。これを最大解像度の1600×1200でplayする方法。

GOG forums > Pro Pinball series > DOSBox hires settings

まず、dosbox.exeとdosboxTimeshock.confのbackupを取っておく。

1. download DOSBox from http://home.arcor.de/h-a-l-9000/. This is crucial, as from what I see the game version does not support hires modes.

2. Replace game’s dosbox.exe with the new version

DOSBox MegabuildというDOSBoxの改造版を落して、dosbox.exeを差し替える

3. Edit dosboxTimeshock.conf file, e.g.:

dosboxTimeshock.confを開いて以下の項目を書き換える。

fullresolution=1680×1050 # これはtrueでいい。(Timeshock!側で高解像度にしたのを、DOSBox側で使っているLCDのbest sizeに変換しているため数値指定している。)
output=ddraw
machine=svga_s3 (defaultのvgaでも問題なく1600×1200にできる)
core=auto
cputype=
autocycles=110000 (cycles=maxのままだと、gameがカクカクになる)
aspect=true (上のfullresolutionを数値指定して変換している場合、aspectがおかしくなるのでtrueにしている。)

4. Run the game and select appropriate resolution.

Notes:
– Machine types available: hercules, cga, tandy, pcjr, ega, vgaonly, svga_s3, svga_et3000, svga_et4000, svga_paradise, vesa_nolfb, vesa_oldvbe. You may want try some of them if svga_s3 doesn’t work for you.
– cycles: 110000 works fine on Core 2 Duo @3.2 GHz, but you may want to decrease it if the game does not run fluently.

この投稿者はMegabuildのconfigureをちゃんと読んで追加設定していないのでcolourを最大に設定できず、またErrorが出ている。

# vmemsize: Amount of video memory in megabytes.
#             The maximum resolution and color depth the svga_s3 will be able to display
#             is determined by this value.
#              0: 512k (800×600  at 256 colors)
#             1: 1024×768  at 256 colors or 800×600  at 64k colors
#             2: 1600×1200 at 256 colors or 1024×768 at 64k colors or 640×480 at 16M colors
#             4: 1600×1200 at 64k colors or 1024×768 at 16M colors
#             8: up to 1600×1200 at 16M colors
#           For build engine games, use more memory than in the list above so it can
#           use triple buffering and thus won’t flicker.
#
# captures: directory where things like wave, midi, screenshot get captured.
#  memsize: Amount of memory DOSBox has in megabytes.
#             This value is best left at its default to avoid problems with some games,
#             though few games might require a higher value.
#             There is generally no speed advantage when raising this value.

svga_s3 modeを実装したMegabuild専用の設定。8で最大限に機能が発揮されるので8でいい。これをやればcolour=16,000,000が可能になる。

[dosbox]

language=
machine=svga_s3
vmemsize=8
captures=capture
memsize=64

こういった形で設定すれば最大解像度/最大色が設定可能になる。

[Trouble]

・gameが異常に遅い、カクつく

cycles=auto,maxだとどちらも読み込みの時点から異常に遅くなる。

cycles=1100000のように自分のPCのCPUに合わせて直に数字で指定する必要がある。

Phenom x4 955BEではたまにカクつく。cycle up/down設定を大きくして自分で調整の必要有り。

CPUの性能によるが、1100000はかなり高い。500000辺りで試した方がいいのではないか。

・音が途切れ途切れになる

まず、cyclesが高いと音が途切れる。

それとsoundblasterの項目をMegabuildのものに替える。

[sblaster]
#       sbtype: type of sblaster to emulate.
#               Possible values: sb1, sb2, sbpro1, sbpro2, sb16, none.
#       sbbase: The IO address of the soundblaster.
#               Possible values: 220, 240, 260, 280, 2a0, 2c0, 2e0, 300.
#          irq: The IRQ number of the soundblaster.
#               Possible values: 7, 5, 3, 9, 10, 11, 12.
#          dma: The DMA number of the soundblaster.
#               Possible values: 1, 5, 0, 3, 6, 7.
#         hdma: The High DMA number of the soundblaster.
#               Possible values: 1, 5, 0, 3, 6, 7.
#      sbmixer: Allow the soundblaster mixer to modify the DOSBox mixer.
#      oplmode: type of OPL emulation. On ‘auto’ the mode is determined by sblaster type. All OPL modes are Adlib-compatible, except for ‘cms’.
#               Possible values: auto, cms, opl2, dualopl2, opl3, none, hardware.
#       oplemu: Provider for the OPL emulation. compat or old might provide better quality (see oplrate as well).
#               Possible values: default, compat, fast, old.
#      oplrate: sample rate of OPL music emulation. Use 49716 for highest quality (set the mixer rate accordingly).
#               Possible values: 22050, 49716, 44100, 48000, 32000, 16000, 11025, 8000.
# hardwarebase: base address of the real hardware soundblaster:
#               210,220,230,240,250,260,280

sbtype=sb16
sbbase=220
irq=7
dma=1
hdma=5
sbmixer=true
oplmode=auto
oplemu=default
oplrate=22050
hardwarebase=220

[sblaster]の項目を以上に差し替え。


[結果]

色々調整してみたのだが、音は何とかなるものの、カクつきから完全に逃れるのは不可能の様だ。


関連記事


2009年10月20日

DOSBoxの解説

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 18:12

DOSBoxはDOS(Disk Operating System)のemulatorでWindowsのDOS窓では動かないDOS時代のprogramを動かすことができる。

Official: DOSBox, an x86 emulator with DOS / SourceForge
Forum: VOGONS > DOSBox
Wiki: DOSBoxWiki / StrategyWiki
Manual: DOSBox Manual


[Menu]


◇SPEC

CPU: 286/386 realmode/protected mode
memory: XMS/EMS
graphic: Tandy/Hercules/CGA/EGA/VGA/VESA
Sound: Sound Blaster/Gravis Ultra Sound card
MIDI: Roland MPU-401

634kb!

◎誰もが昔悩まされたcombentional memoryはほぼ最大限確保されるので心配ない。


[互換性]

互換性はemulatorの常として100%ではないが、最近のversionでかなり向上しているようだ。それにDOSといってもIBM-PCで主流だったMS-DOSでPC98のものは動かない。

◇DOS32A

またDOS/Vでも末期の386 Protect modeを使うDOS4GW.exeを介するものは動かないが、DOS4GW.exeの代わりにDOS32Aを使うことにより起動するものも多い。

1.DOS4GW.exeを_DOS4GW.exeなどにrename
2.DOS32A.exeを同じfolderに入れDOS4GW.exeにrename

DOS32A @ DOSBox Wiki

DOS32Aの方が軽いのでそれで動くなら置き換えてしまった方がいい。

◇Test結果

Zork 正常動作
Dune 2 正常動作
Wolfenstein 3D 正常動作
Master of Magic 日本語版 正常動作。mouseの反応が遅いのでCPU速度を上げておく必要有り。
Destruction Derby2 demo DOS32A置き換えで起動
System Shock 動かず。DOS32Aでもダメ。CDcheckもしくは日本語で×

問題が出るとしたらやはり末期の386CPU/CD drive/graphic Board/MIDIなど新しい上級hardwareを使用したものになるだろう。

◇注意点

DOSとは言え、emulationにはかなりのCPU powerを浪費する。使わない時はAlt+Pauseで強制停止させておけばこの浪費は防げるが、Alt+Pauseでの停止はmouse cursorがDOSBoxに捕らわれた状態になるのでAlt+Tabなどを連打して脱出しなければならない。


[使い方]

◇D-Fend

gameごとに登録したprofileを選択しておけば別々の設定で起動できる、front end utilityのD-Fend reloadedを使うのが便利。

D-Fend ReloadedはWindowsのみだが、同じD-Fend派生でmultiplatform対応のDBGLがある。

◇shortcut法

DOS内からcommandを打つ方法や外部fileで起動する方法もあるが、DOSの知識が必要になる。gameごとにshortcutを作るのが簡単。

DOSBoxのショートカットを作り、propertyを開いて、リンク先のDOSBox.exe以降に追加。

DOSBox.exe [実行fileのパス] -c “Mount C [実行fileのあるpath]”

例えば、

DOSBox.exe C:\DOS\Wolfenstein3D\wolf3d\WOLF3D.EXE -c “Mount C C:\Wolfenstein3D\wolf3d” -noconsole -fullscreen

といった形で指定する。※commandやPATHが空白を含む場合は””で囲む。

-noconsole DOS画面のみを表示
-fullscreen 全画面表示
-conf dosbox.confの代わりに指定した.confを読み込む
-exit 起動した実行programが終了した時、DOXBox自体も自動的に終了する。

chdir C:\Game\RPG\#Wizardry\1~5\
C:\Game\#DOSBox\DOSBOX\DOSBox.exe -conf WIZ5.conf -noconsole -c “exit”

DOSBox本体とgameの実行programがあるpathが異なり、作業場所を実行programのpathにしないと動かない場合、batch fileを組んでchdirで移動してから、fullpathでdosbox.exeを実行し、同様に.confのある場所が実行programと異なる場合もfullpathで.confを指定する。

Usage – DOSBox Wiki

・DOSBox内での入力

Mount c H:\MoM

で自分のPCのH: driveのMoM directoryをemulateされたDOSBoxのC: driveとして設定。

[Trouble]

◇key配列と実際に出てくる文字が異なる

英語keyboard入力しか受け付けないので’半角/全角’が`(チルダ)になっているし、「:」はSHIFT+;(セミコロン)、’\’は右SHIFT左横のKEYで入力。Ctrl+F1でkeymappingし直さないと「”」は入力できないといった事が多発する。

我慢して配置、入力法を憶えるか、

  1. Control Panel(コントロールパネル)>地域と言語のオプション>言語
  2. テキストサービスと入力言語>詳細
  3. installされているサービス>追加>入力言語で”英語(米国)”を選択>OK
  4. その後に既定の限定を”英語(米国)-US”を選択、適応。

で入力言語を変更、もしくは

日本語keyboard版 @ モンちゃん寄ってって!

などで日本語keyboard対応版をinstall。

◇右SHIFT keyが効かない

Control Panel > System > Systemの詳細設定 > System Property > 環境変数 > 新規作成

で変数名(N)に”sdl_videodriver”,変数値(V)に”windib”を入れてOKする。


[shortcut key]

Alt+Enter: desktop⇔fullscreen切り替え
Alt+Pause: 強制Pause。Alt+Tabで切り替えないとmouseがDOSBoxに囚われたままになる。
Ctrl+F1: key割り当て変更
Ctrl+F4: mountしたfile情報を更新する。Also cycles through disk images mounted using imgmount.
Ctrl+F5: screenshotを撮る(Dosbox\Captureに保存)。
Ctrl+ALT+F5: 動画の録画を開始/停止
Ctrl+F6: 音声をWAV形式で\Captureに録画開始/停止
Ctrl+ALT+F7: OPL Commandsを録画開始/停止
Ctrl+ALT+F8: MIDIを録画開始/停止
Ctrl+F7: frameskipを減らす
Ctrl+F8: frameskipを増やす
Ctrl+F9: DOSBoxを終了
Ctrl+F10: mouseをDOSBox内部のものとWindowsのとで切り替え
Ctrl+F11: CPU速度Down
Ctrl+F12: CPU速度Up
Alt+F12: CPUの最大能力までspeed up。turbo機能。

manual和訳

[key mapping]

DOSBox Wiki > Mapper

CTRL+F1を押してkeymapping画面を出す。とりあえずこれを見れば日本語keyboardでもどれを押せばどの出力に該当するのかがわかる。saveすると、mapper.txtが生成される。基本的にGUIで操作するより、このmapper.txtを見た方が早い。

key bindを変更するには該当keyをclickして緑色にし、Addをclickした後にbindしたいkeyを押す。これは何度でも行うことが可能で、一つのkeyで同時に複数の出力を行うことができる。Nextで登録されたものが次々表示され、Delで今表示されているBINDが消去される。

例えばkeyboardを英語にして半角/全角を押しても`(tilda)がでない場合、Addで他のkeyにmappingすれば入力できるようになる。

※!#$%などのSHIFT同時押しでの出力をbindすることはできない。これらはqとQが表裏一体であるように表のkeyと一体である。また”など存在しない出力もあり、これらを出すことはできない。

hold: 該当keyを押している時だけ作用する。

mod: CTRL+ALT+F5など同時押しに使用するkey。自由に登録して好きな同時押しを機能させることができる。

Tips: Joystick/Padなどのbuttomもkeyboard同様に適用できる。


[設定]

◇Sound設定

DOS gameのSetup.exeやinstall.exe,install.batなどは単なるfileのinstallerではなく音声設定を兼ねているものが多い。当時の音はDirectSoundやOpenALのように統一されたAPIがあってそれに合わせている訳ではないので、これで使用hardwareを指定しないと音がならないものが多数ある。だから、音が鳴らない場合は一度Mountした状態でDOSBoxを起動した上でDOSBox内からinstall.batやsetup.exeなどを実行し設定する必要がある。

VDMSound(Forum,Wikipedia) – VDMSoundはWindows上でDOS program用にsoundcardをemulateするutility。Vista移行には対応しておらず、開発は停止している。すでにcodeはDOSBoxに移植されているのでDOSBoxを使うなら必要ない。DOS窓+VDMSoundの利点は負荷が低いことだが、CPUの性能向上などによりもう考えなくていいだろう。

◇dosbox.conf

DOSBoxの設定fileである”dosbox.conf”をメモ帳で開き設定する。

[sdl]
# fullscreen — fullscreenで開始する(true/false)
# fulldouble — fullscreen時にdouble bufferingを行う
# fullresolution — fullscreen時の解像度を指定(original もしくは 指定size 1024×768など)
# windowresolution — window時のsizeを指定(original もしくは 指定size 1024×768など)
# output — fullscreen時、画像出力に何を使うか(surface/overlay/opengl/openglnb/ddraw)
# autolock — DOSBoxのwindow上でclickした時、mouseを自動的にgame内部のものに切り替えlockする(CTRL+F10同様)。falseだとwindowの領域内にcursorがある時のみDOSBoxのそれとして機能し、windowから外すとdesktopに戻る。(true/false)
# sensitiviy — mouse感度
# waitonerror — DOSBoxがErrorを起こしたときに勝手に終了せず待つ
# priority — Windows上における実行優先度。,の後に2つ目を指定するとそれは最小化時の優先度になる (lowest,lower,normal,higher,highest)
# mapperfile — 専用にcustomしたkey配置設定fileを読み込む
# usescancodes — OSが受け付けない同時key押下を避ける(true/false)

fullscreen=True
fulldouble=True
fullresolution=1920×1200
windowresolution=original
output=ddraw
autolock=true
sensitivity=100
waitonerror=true
priority=higher,normal
mapperfile=mapper.txt
usescancodes=true

[dosbox]
# memsize — DOSBoxが使うmemory sizeを決める。当時のmemory sizeなど知れているので64MBもあれば十分過ぎるぐらい十分。
# machine — 描画に使用するhardwareを決める。(hercules,cga,ega,vga,tandy,pcjr,svga_s3)
# captures — screenshot/音声/動画を保存するpath

Hercules(Hercules Video Card): 白黒。CGA互換。

CGA(Color Graphics Adapter): 320×200/640×200,同時4色/16色(cyan&magentaかlight green&light yellowといったドギツイ色の組み合わせしか表示できない)

EGA(Enhanced Graphics Adapter): 640×350 同時16色/64色 CGA互換。

VGA(Video Graphics Array): 640×480 同時16色/262144色 CGA/EGA互換。

SVGA(Super Video Graphics Array): 800×600以上。特定のhardwareでなくVESAの規格であるため内容は変わっている。

pcjr(IBM PCjr): IBM-PCのhome computer版(性能が低く大半のsoftwareが動かなかった)。King’s Questはこれでしか正常描画されない。

Tandy(Tandy 1000): PCjrのcopy

DOSBox Graphic and Machine Emulation, CGA, VGA, Tandy, PCJr, Hercules @ The Developer’s Tidbit

language=
machine=vga
captures=capture
memsize=64

[render]
# frameskip — DOSBoxが一回描画するごとにskipするframeの数
# aspect — 描画の縦横比率を正常に保つか否か(true/false)
# scaler — 低解像度描画のものをn倍描写する(none,normal2x,normal3x,advmame2x,advmame3x,advinterp2x,advinterp3x,tv2x,tv3x,rgb2x,rgb3x,scan2x,scan3x.)

none: まったく拡大しない。
normal2x/3x: 単純拡大。
sai: 拡大しぼかしをかける。質はもっとも低い。
supersai: SAI同様に拡大しぼかしをかけるが結果はかなり明瞭なものになる。処理は重い。
supereagle: SAIよりマシだが、SuperSAIよりボケる。Fraps無効化。directX/openglを通さない用だ。supereagleは2x。
advinterp:
advmame: SAIとは別のぼかし。ボケは少なく、単純拡大に近い。
hq: もっとも質が高く、拡大補間しながらもボケがでない。処理はもっとも重い。
scan: scanline(走査線)が入るのでPC用monitorでは逆に見づらくなる。
tv: TV monitor用の表示。scanlineに近い欠けた描画になる。
rgb: RGB  monitor用。scanlineに近い欠けた描画になる。

User Manual/Appendix: Graphic filters – ScummVM :: Wiki – 画像付きでそれぞれの差を説明しているので分かりやすい。
Image scaling @ Wikipedia

window表示で上手く拡大できない場合、Windowsであればmagnify.exeなどの拡大鏡utilityを使うといい。

frameskip=0
aspect=true
scaler=normal2x

[cpu]

# core — DOSBoxが使うCPUのcore数 (simple,normal,full,dynamic)
# cycles — CPU速度
# cycleup — Ctrl+F12を押した時に上がるCPU速度量
# cycledown — Ctrl+F11を押した時に下がるCPU速度量

core=dynamic
cycles=20000
cycleup=2000
cycledown=1000

cyclesがEmu内CPU性能でこれが遅いと異常が出るgameと速いと異常が出るgameの両方があるのでgameごとに調整の必要有り。Ctrl+F11/F12で上下。

[mixer] 音声出力に関する設定
# nosound — trueで消音。ただしsoundはemulateされている。
# rate — 音のsample rate(22050/44100など)
# blocksize — Mixer block size。大きい方が音が途切れることは少なくなるが代りに遅れ易くなる。
# prebuffer — blocksizeのtopに指定数x0.01秒分のdataを事前にcacheしておくか。

nosound=false
rate=44100
blocksize=2560
prebuffer=256

DOSBox Sound Emulation with DOSBox Audio and Music Samples @ The Developer’s Tidbit

[midi] Roland社のMIDI機器MPU-401の設定
# mpu401 –(none/uart/intelligent)
# device — device that will receive the MIDI data from MPU-401.(default,alsa,oss,win32,coreaudio,none)

mpu401=intelligent
device=default
config=

[sblaster] Sound Blasterに関するsetting
# sbtype — type of sblaster to emulate:(none,sb1,sb2,sbpro1,sbpro2,sb16) 基本的にsb16で良い。
# sbbase,irq,dma,hdma — The IO/IRQ/DMA/High DMA address of the soundblaster. IRQ,DMA,High DMAの設定。IRQは認識番号で他のhardwareと被ってはならない。DMAはdirect memory accessで通常変える必要はない。
# mixer — Allow the soundblaster mixer to modify the dosbox mixer. Soundblaster側の音を変更しようとするのをDOSBox側が反映させるか。
# oplmode — type of OPL emulation: auto,cms,opl2,dualopl2,opl3.
# On auto the mode is determined by sblaster type.
# All OPL modes are ‘Adlib’, except for CMS.
# oplrate — sample rate of OPL music emulation.

sbtype=sb16
sbbase=220
irq=7
dma=1
hdma=5
mixer=true
oplmode=auto
oplrate=44100

sbtypeの設定項目は見ておいた方がいい。この通り設定しないと鳴らないprogramもある。

[speaker] TandyのSound systemに関するsetting
# pcspeaker — Enable PC-Speaker emulation.
# pcrate — sample rate of the PC-Speaker sound generation.
# tandy — Enable Tandy Sound system emulation (off,on,auto).
# For auto Tandysound emulation is present only if machine is set to tandy.
# tandyrate — sample rate of the Tandy 3-Voice generation.
# disney — Enable Disney Sound Source emulation.

pcspeaker=true
pcrate=22050
tandy=auto
tandyrate=22050
disney=true

Sound @ DOSBoxWiki

[autoexec]以下に記述することでautoexec.batと同等の機能を果たすことができる。


[Link]

DOSBoxWiki > Dosbox.conf

DOS/32 Advanced DOS Extender Home Page

VOGONS :: View topic – Windows 3.1x DOSBox Guide


関連記事


D-Fend 使用法

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 18:10

D-FendはDOSBoxのfront-endでgameごとの起動設定を登録しておくことで素早く簡単に各gameを起動できるようにするtool。

D-Fend自体は2006ADに原作者が開発放棄しており、現在はOpen Source/FreewareのD-Fend reloadedがその全ての機能を引き継いだ上で、さらに改良・拡張しながら開発が続けられている。

[導入と使用法]

1.download&install

downloadの一番上にある最新版setupを落としてinstall。DOSBoxも含まれているのですでにInsallしていなければ一緒にDOSBoxもinstallする。

2.DOSBoxの場所を指定

install時の設定かfile > program options > DOSBox > DOSBox folderで場所を指定。

3.gameごとの起動profileを作る

D-Fendを起動してAdd>add from templateから適切なものを選ぶ。

Complex DOS games (VGA, 32MB memory, full sound support, 80486 66Mhz) – 後期の性能の高いCPUと多くのmemoryを必要とするgame。

Complex DOS games with 3D graphics (VGA, 64MB, sound, Pentium) – 末期の3D graphicsを描画するもの。

Early DOS games (CGA, 640KB memory, only speaker, 8086 4.77Mhz) – 初期のけばけばしい紫や青、緑だけで描写されるCGAを用いるgame。

Normal DOS games (VGA, 8MB memory, full sound support, 80386 25Mhz) – 256色同時描画のVGAかつかなりのmemoryを用いるもの。

Simple DOS games (VGA, 640KB memory, full sound support, 80286 12Mhz) – CGAから抜け出した頃の負荷の低いgame。

別windowが開き左treeの”profile”が表示されているので、Profile nameにgameの名前、program fileに起動program(拡張子がBAT/EXE/COMなど)を指定する。

“Setup”にはsetup.exeやinstall.batなどsoundなどの機器設定を行う起動fileを指定する(これはある場合と無い場合がある)。

左のtreeに戻ってDrivesを開き”\VirtualHD\”とあるのをdouble clickすると設定画面が開くのでFolder for Mountingに先ほどprogram fileに指定したfileのあるpathを指定する。

これで”OK”を押すとprofileが作成されるのでそれをdouble clickすればDOSBoxが開いて自動的にgameが起動する。各profileを右clickすればshortcutも作れるのでそれから起動してもいい。

毎回すべてのhardware設定を行うのは面倒なのでtemplateをつくるのがいい。

[他設定]

◇graphic tree

・Window resolution – window表示時の解像度。fullscreen時はoriginal表示であればscreenshotを撮影しても最低限の容量で済む。もちろんaspect維持。screenshotを撮るならwindows時の拡大もmagnify.exeなど外部のtoolを使った方がいい。

・Fullscreen resolution – fullscreen描画時の解像度。

・Keep correct aspect ratio – checkしておかないと画像が伸びたり文字がボヤける。

・Render – surface以外で指定しないと画面一杯に表示されず元の小さなsizeになってしまう。基本的にopenglでいい。

・Video card – 描画hardware。svga_s3が最高性能。

・Scale – 拡大時の補間方法。ぼやけ方が大きく異なる。


[D-Fend自体の設定]

DFend.iniでD-Fend自体のlayoutなど細かな設定ができる。

[programSets]
WaveEncOgg=H:\Tools\DOSBox\D-Fend-reloaded\oggenc2.exe
Location=H:\Tools\DOSBox\
MainLeft=-4
MainTop=-4
MainWidth=1600 D-Fend Widnowの横size
MainHeight=1000 D-Fend Widnowの縦size
TreeWidth=221 左のtree menuの幅
screenshotHeight=252 下部のscreenshot表示部の縦size
DefgameLoc=H:\Tools\DOSBox\games\
StartWindowsize=3
EasySetup=0
MainMaximized=1

[Extra]
LastModification=39549-7042
NrOfMounts=1
0=.\VirtualHD\;drive;C;false;
Environment=PATH[61]Z:\[13]


◇Templateを作る

Profile>Add from templateを撰んだ時にlistに表示させるには、D-Fend-reloaded\Templatesに.prof fileを作る必要がある。適当に他のをcopyして中を編集するのが早い。

それぞれの項目の意味についてはDOSBoxを参照。

# True=1,False=0


関連記事


sand-storm.net