SAND STORM

朝ぼらけ

2012年12月6日

Intel HD Graphics 使用記録

Filed under: 未分類 — Tags: , — sajin @ 00:36

◇半導体売上高世界一のインテルが苦境に陥った原因 ちらつくアンドリュー・グローブの幻影 by湯之上 隆

伝統的なPCばかり見ていると圧倒的優勢に見えるIntelも半導体(semiconductor)で見れば既に王座から転落の兆し。user視点から見るとIntel vs AMDなどの小さなことにとらわれがちだが、半導体市場で見るとまったく違った構図になる。日本企業は半導体市場の有力なplayerとして競争し続けているので、かなり詳しい内容になっている。

Semiconductor sales leaders by year @ Wikipedia

page 2の図からWindows 95が発売された1995ADからのWintel連合が決定的な力となったことが容易に見て取れる。その1995AD時点でもSamsungは日本の最有力企業と肩を並べるほどだったが、Dec,1997ADのKoreaへのIMF介入から国家体制そのものが今のSamsungにとって最適なものに変化して行った(つまり国策としてを通り越して国家そのものがSamsungの様なglobal企業を成長させるように組み替えられた)後、日本勢が没落して撤退する頃から異常に伸び始めIntelを追い越すのではないかという勢いになっている。

インテルの基幹事業PCがスマホに“破壊”されつつある。マイクロソフトがWindows8をARM系のプロセッサに開放したことから、PCを独占してきたウィンテル連合も崩壊した。

ARM系チップは、通信機器、ゲーム機などの携帯機器をはじめとして、ルーターや車載半導体まで幅広く使用されている。2011年にARM系プロセッサは、何と79億個も販売された(図5)。これに対して、PC用プロセッサだけのインテルの販売数は3億3000万個である。

その虎の子の3億3000万個にもARMの侵略が始まっているのである。そして、スマホへの参入は失敗続きで、これまでの新規事業はすべて空振りに終わっている。

multi-core化が進み出した頃から普通の人にとってのCPUの性能は十分なものになり、買い換え需要以外の新規需要は低迷する。一方でmobileが進化し、PCでしかできなかったことをどんどん可能にしていくことで新規需要は圧倒的にsmartphoneに集中した。ARMは既に市場の3/4を制しており、それがさらにPCへも広がっていく。

最終的にIntelは専門分野に特化していくことになるんじゃないだろうか。

(more…)


関連記事


2012年8月1日

消費電力 – 関連記録

Filed under: 未分類 — Tags: , — sajin @ 22:58

(more…)


関連記事


2012年5月27日

焼損したHDDの基盤を取り替えてdataを吸い出した

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 22:47

[経緯 – Scythe製電源による焼損事故]

新しいdesktop PCを組もうとScythe(サイズ) 超力2を買って新品のM/BとHDDを繋ぐと、最初BIOS時にHDDは見えており一回だけWindowsが起動しかけたものの途中で停止。以後、resetして再起動を試してもBIOS類の読み込みから先へは進まないのでもろもろの接続などを確認しつつ何度も試している内にHDD四本が死亡し、しまいにはM/Bまで焼損するという電源不良による焼損事故があった。

(more…)


関連記事


Older Posts »

sand-storm.net