SAND STORM

朝ぼらけ

2012年7月11日

News and Study (June~ 2012AD)

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 15:42

◇Gameのruleを自動的に学ぶAIを研究者が発表

A Parisian researcher has created a computer system that can learn the rules of games by watching you play — and then beat you at it.

Parisの研究者が人間のplayを観察することでgameのruleを学び、それを用いて人間の対戦相手になるAIを創りだした。

Łukasz Kaiser, a cross-disciplinary researcher at the Paris Diderot University who has a love for logic, games, and computer algorithms, has created software that uses computer vision to learn the rules of five board games: Breakthrough, Connect 4, Gomoku, Tic-tac-toe, and Pawn Whopping [does anyone know what this game is?]. Kaiser records videos of winning games, losing games, and illegal moves — and then feeds them into the system.

Łukasz Kaiserという論理・game・computer algorithmsという複数の分野にまたがる研究を行うParis Diderot大学の研究者が5つのboard game(Breakthrough, Connect 4, 五目並べ, Tic-tac-toe(○×),Pawn Whopping)でgameのruleを画像情報から学習するsoftwareを創りだした。Kaiserは勝った時、負けた時、rule違反それぞれの動画を撮影しそれをsystemに与えている。

From these videos, the software strips out superfluous features, such as human hands, and focuses on the position of the games’ tokens (all five games are grid-based). From these positions (winning positions, losing positions, and illegal positions), the software works out the rules of the game. These rules are expressed as logical formulae, such as ∃x1Q(x1) ∧ ∃x0(C(x1,x0) ∧ x0 = e1). It only takes around 60 seconds for the video to be processed, and then a few more minutes to work out the rules — on an old-school Core 2 Duo laptop.

softwareはこれらの動画から人間の手など不要な情報を取り除き、gameの駒の動きに集中して勝ちにつながる位置、負けに繋がる位置、rule違反の位置の3つの情報からgameのruleを見出している。Core 2 Duoという旧世代のlaptopでも、映像処理に60秒、rule生成は数分程度で済む。

Both the computer vision/video recognition portion of the software (written in C++) and the rule-learning algorithm (written in OCaml) are integrated into Toss, an open-source games playing program. This means that Kaiser could actually test the algorithmically-generated rules against hand-written rules — and indeed, he found that his system created identical rules (and yes, it’s almost impossible to beat the computer at Tic-tac-toe or Connect 4).

これらをopen sourceのAI player Tossに組み込み、既に実際に人間の相手としてplayしている。

In short, Kaiser’s software learnt the exact rules of a game from scratch, with a minimum of external input. There’s no getting around the fact that all five of these games are very simple, though, with only a couple of very basic rules. Moving forward, Kaiser wants to improve the rule-learning algorithm so that it can pick up complex games like Chess. Maybe Kaiser should team up with MIT, who last year taught an AI to read the Civilization user manual so that it could develop an optimal winning strategy.

Kaiserは最低限の入力で正確なruleを学習させているが、まだごく単純なgameにとどまっている。もちろん、これからChessなどさらに複雑なgameのAI生成に取り組んでいく予定で、おそらくMITと協力していくことになるだろう。MITは先年AIにSid Meier’s Civilizationのmanualを読ませてplayさせることに成功しているがこれは単にmanual通りplayできるだけで勝つことを目指していない。しかしこれがKaiserの学習能力と組み合わされば当然manualからAI playerを生成し、学習からplayする方法と勝つ方法の両方を見出す強力なAIが生成されることになる。

A computer that learns the rules of a game by watching you play | ExtremeTech

最近日本で将棋のprofessional棋士にAIが勝利したという話題があったが、computerが進化して、既存の職人芸だけに依存しない大量の棋譜から最適解を導き出す力技で人間に勝利するAIの生成が可能になっている。

そしてこれはgameのruleそのものを規則的な動きから導き出してAIを生成するというもの。あくまでもgridで仕切られた正方形の盤上で行われる表面上観察できる程度の単純なgameにとどまるが、記事にある通りmanualからのAI playerの生成など将来的にもっと進化してこれまで対人でしかplayできなかったboard gameやboardのwargameがどこかで生成されたAI相手にplayできるとしたらこんな素晴らしいことはない。

(more…)


関連記事


2012年5月6日

[News&Study] March-May 2012AD

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 00:30

◇衰退どころか急速に拡大し続けるPC game産業

PC Gaming Hardware Market to Hit $23.6 Billion in 2012 Says Jon Peddie Research | Reuters

 Premium quality “Enthusiast” and “Performance” class equipment contributes $3.2 billion in growth from 2011

高性能・中性能PC partsの売り上げは2011ADから32億$増加。

Jon Peddie Research estimates there are 54 million Performance and Enthusiast class PC gamers worldwide, with new entrants and console converts bolstering this to 72 million by 2015

世界には5400万人の十分な性能を備えたPCを持つPC gamerがいると想定しており、それは2015ADまでに家庭用機からの乗り換えとあいまって7200万人にまで増えるだろう。

Ted Pollak, Senior Gaming Analyst said “We are witnessing the market morph and grow into different areas. This has always been a strong point of PC gaming; the ability to adapt to different entertainment environments and requirements. The hobbyist aspect of the DIY market is driving billions in component sales and small form factor rigs are being hooked up to HDTVs, essentially being used as ‘super consoles.'”

PC gamingの強みは異なる娯楽環境を取り込む能力にあり、今われわれは変化を目撃している最中だ。

年に10%という増加率でちゃんとした性能のPCを持つPC gamerが増え続けるというのは、この成熟した業界にあってはすさまじい拡大だ。

In its 33 country analysis of the gamer market, JPR has found very strong demand in the BRIC countries for systems, accessories, and upgrades approaching $4.7 billion in 2012 and growing to $7.7 billion by 2015.

China’s internet café’s are driving incredible demand for Mainstream and some Performance class gaming equipment. However, the market for individually owned Performance and Enthusiast class equipment has become serious business there as well, with a very strong trend for custom and DIY builds. Russians love PC gaming and Brazil and India are just getting started.

BRICsを中心にPCのgame関連機器や自作PCの需要も隆盛で、2012ADで47億$が見込まれ、2015ADには77億$にまで増加すると予測される。僅か三年で起こるこの増大がいかに大きいことかは言うまでもない。

数年前まで騒がれた”PC gameの衰退”とはまったく逆に、多面的革新性において圧倒的に先行するPC gameが栄え逆に家庭用game機は縮小していくだろう。

(more…)


関連記事


2012年4月27日

海賊版とDRM関連記録 – vol.2

Filed under: 未分類 — Tags: , — sajin @ 01:27

◇Sarkozy rout could kill three strikes lawWritten by Nick Farrell  @ Fudzilla

美人modelを妻とした仏大統領Nicolas Sarkozy(サルコジ)は、その妻の友人の助言で、三回著作権侵害dataの流通に関与したらinternetそのものへの接続を禁止する(Three-strike rule) HADPI lawを制定したが、最新の世論調査では

Sarkozy:26.6%

Francois Hollande: 27.7%

Le Pen : 20%

と年に百万€以上所得のある者に75%以上の所得税をかけることを公約とするかなり社会主義色の強いHollandeの方が上回っており、また極右政党のLe Penも20%と相当な支持率を持つなど、次期も大統領を務められるかどうかは怪しい情勢だ。HollandeはHADPIには批判的で、またACTAからの脱退も主張している。Sarkozyの言動も多少変わってきており、”HADOPIを廃することも置き換えることもないが、再編する必要がある”という言い方になってきている。

大体著作権絡みの規制や違法化は民衆の意思を無視して特定のlobby団体が議員に利権を渡すなどの利益を餌に進めるのでどこでも不人気なのだろう。

これまで人類が行ってきた代議制民主主義はそもそもこのような特定の利害でつながる少数団体(著作権業界、労働組合、女権至上主義団体、部落解放同盟、総連民潭など民族団体、普通の国であれば軍需産業、製薬業界、国外の工作機関…..)が代議士を利権やさまざまなことをネタに圧力をかけて動かして、大衆の意思や共同体全体の利益と関係なく、勝手に法や規制を作って社会を捻じ曲げていく民主主義とは名ばかりのnoisy minorityが牛耳る詐欺師主義とでもいうような代物だ。大衆はせいぜいmass mediaが選別加工して垂れ流すごくごく一部の政治問題に情緒的に反応するだけのほぼ盲目同然の状態で数年に一度ロクな候補のいない代議士を選ぶ票を投ずることしかできない。その候補が津波と原発災害にとんでもない対応をしようが、侵略者を引き入れようが、都市の住民を皆殺しにして全員農業をやればいいという政策を実行しようが、やれることは次の選挙で別の候補を選ぶことだけだ。民主主義といいながら国民の大半は政治から疎外され、一部の恒常的に利益誘導と圧力をかけ続けられる少数団体が政治家を操縦している。共同体全体、国民全体の長期的利益を考えるものなど隅に押しやられ、国会はとうの昔からそのような少数者のegoismを押し通すための代理人の集会場に過ぎない。

では直接民主主義を行ってすべてを国民投票で判断できるかというと、とてもじゃないが日常の生活が忙しい大多数は個別の政治問題などに構っていられない。結果として大多数の国民大衆と関係ない所で一部の有効に政治に働きかけることのできる少数者が代議士を通じて政治を牛耳る詐欺的な代議制民主主義だけがのさばってきた。その批判としてLivertarianの所詮政府は詐欺師が牛耳ってろくなことをやらないのだから徹底的に小さくしてそれぞれが自立して自由にやった方がいいという自由至上主義があるが、そのような自由至上主義の主張は国債などの借金でツケを将来に回してばら撒きで今の票を買う大きな政府を推し進める社会主義色の強い政党に敗れる運命にある。

かように民主主義の体裁を取る詐欺政治が横行するのは、何をしようが後から代理人(この場合は代議士)が裁かれないことに原因がある。(選挙は裁きでも何でもなく、次の候補の選択に過ぎない)。その代理人が行った行為の結果を見て、その者に褒賞を与えるか、罰を与えるかを直接国民投票で判定することで代議制民主主義の欠陥は解決可能だ。個別の問題の解決は専門の能力がある(と主張する)代理人に任せ、その仕事の結果を見てその者に褒賞を与えるか罰を与えるかを投票で決めるのである。自分と関係のない専門的な問題を担当したり、ましてや将来を予測して正しい判断を下すことは専門家でない大衆にはほとんど不可能だが、起きた結果を見て正しい判断を下すことなら誰にでもできる。

公的代理人(政治家・教師・医者ほか公共の委託を受け税金を使って活動するあらゆる職業)は後から結果を元に使用者(国民大衆)の投票で裁くことを予約しない限り、選挙や免許を取る時だけ上手いことをやり、それをくぐり抜けさえすれば、後は社会全体に何ら利益をもたらさない少数者の意向を反映するだけの利己的活動を行うことが可能になる。その結果が今の民主党や馬鹿げた悪法が跋扈する社会だ。また後から結果をもとに正しく裁かれ褒賞を受けられるようになって初めて、後々本当に社会のためになる事をやる代議士も増える。今でしか判断されない制度の下で後々のことを考えて行動しようという者などでてこようはずもない。そしてその”今”は選挙を潜り抜けてしまえば終わるのだ。すべては後から裁かれないゆえに詐欺師の天国と化すことが必定の代議制民主主義に原因がある。事前の投票と事後の投票が組み合わさって初めて民主主義は機能するが、今までのそれは底のない桶のようなものだ。

(more…)


関連記事


Older Posts »

sand-storm.net