SAND STORM

朝ぼらけ

2009年10月20日

Delta Force

Filed under: 未分類 — Tags: , , — sajin @ 04:16

Released: 31,Sep 1998
Developer: NovaLogic
Publisher: NovaLogic
Engine: Voxel Space 3 engine

Official: Delta Force
Forum: NovaWorld > Older games
Wiki: Wikipedia

米陸軍特殊部隊Delta Forceの一員となって最新支援装備を駆使してTerrorist掃討の作戦をこなしていくTactical Shooter。Comancheなどで培ってきたFlight Simのengineを使用している為、数kmに渡る広大なfieldが舞台となるのが最大の特徴だ。この路線がProject I.G.I、FarCryと繋がっていくがそれの開祖的位置づけとなる。


[入手]

一般的なdownload販売では売っていないが、NovaLogicの直販download販売や、physical packageでも10th anniversaryなどの再販があるし、また日本ではマイクロマウスが様々な形で何度も販売したためAmazonなどでも新品で簡単に手に入れられる。

[Patch]

日本で販売されているものはUS版なのでUS版を当てる。

dfupdate.exe(Revision5)が一般に出回っているが、df_update_082200_us.exeが最新version。

以前はgame内からも最新versionにupdateできたのだが、現在Novalogicのserverに繋ぐにはNLExepatcherの適用が前提になっている。

NLExePathcerはでmultiplayを遊ぶのに不可欠なので、install→df_update_082200_us.exe→NLExepatcherの順で当てておく。その際、packageで買ったなら”I purchased a box of copy game.”を選択。


[Setting]

installしたfolderにあるdf.cfgを直接編集すればMENUからは行えない様々な設定が可能。

・解像度1024×768化

以下の項目を下のように設定する

// DISPLAY
game_res = 5
window_size = 5
windowed = 1
renderer = 1
max_res = 5

・明るさ調整
同様に//DISPLAY項目のgammaを調整
gamma = 128

これを調整しても一人称play時の画面が明るくなるだけでMENUは変わらない。


 

×MENU&CONFIG

全体にNightVisionを効かしたような緑色で見辛く、洗練されていない。KEY CONFIGも不満が残る。

一番問題なのはoptionで明るさの調整ができず、しかも3Dではなくdesktop同期のためCatalystなどでdesktop側の明るさを調整しなければならないこと。Catalyst Control Centerのprofile managerで明るい時の設定を作っておけば、必要な時だけ切り替えられる。

[Graphics]

graphicはmenuからだと800X600が最大(configで1024×768可)でVoxel描画のため遠方はjaggiesが目立つ。TurboをOnにすると荒くなるので注意。

武器選択ができるが、広大なfieldなのにscopeのない近距離戦用の消音器付き短機関銃が基本武器になっていたりするので毎回確認した方がいい。

○playの始め易さ
全series共通してDelta Forceは変に気張らずに始めることができる。この入りの易さ故、一度installすると何のかんのいいつつも何度もplayしてしまうことになるだろう。

瞬時に切り替えられる双眼鏡で絶えず状況を確認し、遠距離からscopeで狙撃していくのが基本style

情報収集は双眼鏡だけではなく、衛星から支援を受けて敵の位置・向きをreal timeで暴き出すmapが大きな助けになる。

後のseriesでplay中の情報表示の中心となる時計型のGPSは、初代では次のwaypointが表示されるだけで使い物にならない。代わりにminimapを表示できる。

全体MAPを表示したままの行動は可能だが、自分を中心としたzoom In/Outのみで視点移動できず、線も消せない。

また戦術FPSと言っても、teammateへの指示は一切できず、味方の出し方や動かし方も上手いとはいえない。それに敵が20~50人くらいいるのに味方は最大4人しか登場しないので少なすぎる(現実のDELTA FORCEの4人一組というのを再現しているのかとも思ったが、自分を含めると5人いたりとreal仕様というわけでもなさそうだ)。

他にNightVisionはstageごとに固定でon/offの選択はできないなど、全体にまだprototypeという印象も強い。

△移動
立ち/しゃがみ/伏せの三姿勢でしゃがみ/立ちの速度は一緒。落下damageは一切ないが、なぜかJump keyを押しても反応しないことが多い。

ちなみにseries共通で移動にNum_pad(10key)を使用していれば、移動KEYを押しながらNumlockを外すことで押しっぱなし状態になり手を離したまま移動することができる。解除はNumlock Onの後、その移動keyを押す。

◎敵
とにかくやたら動く、それも単純にこちらに向かってくるのではなく、向こうに逃げたかと思うと急に立ち止まって射撃を加え、また逃げる、かといってその敵ばかり追っていたらいつの間にか知らぬ方向から敵が接近してくるなど、射撃と移動を交互に繰り返すいい意味で積極的なAIだ。命中率も適正で距離に応じて自然にバラけ、数を撃ち込んできてその中の1発がこちらに当たる感じがよくでている。夜間は半分盲撃ちみたいな命中率になるのもいい。

missionはすべてStealth状態で始まり、背後まで駆け寄ってknifeでの殺害が可能。

こちらか敵が一発でも発砲すると、200m四方の敵が発見状態になり、ある敵は走りまくって移動→射撃を繰り返し、ある敵は有利な位置から執拗に狙撃を行ってくる。こうなるとその場に伏せたりちょっと隠れたぐらいでは狙撃をやめてくれず、完全に山や丘で隔てるまで逃げることが必要だ。しかも、AIはこちらの姿を見失うと執拗に探索まで行ってくる。

この追跡能力は凄まじいものがあり、敵に追われる、追い込まれる感覚をここまで味わえるgameは他にない。

[射撃]

銃声・敵に当てた反応など射撃感がかなりよく気持ちいい。風なし、ブレなし、反動なし、scope距離調節なしと至って単純。だからつまらないかというと敵が激しく動き回るので当てにくく単なる射撃としてはseries中一番面白い。

やられた時のanimationの豊富さもよくできている。

敵の体のどこに当てても1発で死んでくれるが、それはこちらも同様でかすり以外で射撃を1発でもまともに喰らったら即死というrealな設定になっている(体力をEASYに設定すれば4発ぐらいまで耐えられるが)。

このため敵AIをHARDにすると命中率が上がってまともなplayにならない。

草がない、当然隠蔽効果もないので隠れるのは地形を大きく利用するしかない。この大きく地形を利用せざるを得ないこととAIの追い込みとの相性がよく、これが2と違う初代の特徴となっている。

これらによりDELTA FORCEは一見単純だが、遊びやすさと強力な敵AIと彼我の数の差による遊び応えのある厳しさを両立したStealth/Tactical Shooterであり、広大なfieldを利用した押し引きはもちろん、衛星MAPを利用した戦術的な振る舞いやStealthで処理できる場合は極力Stealthで処理することを余儀なくされるなかなか骨のあるgameである。

[総評]: outdoor Stealth Shooterの”DOOM”

Pure Tactical/Stealthl Shooterと呼ぶものがあるなら将にこれがそうだ。広大なfieldでこのようなAI相手にShootingを行えるgameは他にない。

「今更こんな昔のgraphicのgameやる価値あるの?」と思うかも知れないので1つ名言を挙げておきたい。

If ever there was a game that proved the value of gameplay over graphics, it’s Delta Force.

“もし見た目を越えてplayする価値を証明したgameがあるなら―――それが将にDELTA FORCEだ。” Michael E. Ryan


[multiplay]

 

(COOP4~5時間)

◎NOVAWORLD
Novalogicが粗製濫造とも思える似たような作品を連発しながら、ここまで持っているのはNOVAWORLDという安定したserver browser/Public serverを提供しつづけていることが大きい。

※2007.3にPublic serverが移設されたため、現在NLExepatcherを当てないとNOVAWORLDへの接続はできないので注意。

このNOVAWORLDのおかげで他のGame browserを介さなくても簡単にserver
Listを得ることができ、updateも簡単。最近のgameはすべてCD
key必須で中古で手に入れるとplayできないことも多いが、DELTA1・2はaccount不用。

実際このMulti playのSupport体制が整っているおかげでDELTA FORCE2のような昔のgameでも常時50人~100人程度の人数が遊んでいる。これはDELTA3などでも変わらず各gameに結構な人数が残っているのは驚異的なことだ。

modeはDeathMatch/CTF/King of the Hillなど一通り揃っているが今更これらをDELTA1でやることはないだろう(やるなら草のある2だ)。唯一優れたAIの敵が大量にいるためCoopはやる価値がある。

しかしいざplayしようとNovaworldを覗いてもCoopserverは見えない。これは、
×COOPは複数のMAPを指定して連続playすることができず、1MAPクリアするごとにserverを建て直さなければならないため。当然一緒にplayする人間はMAP終了ごとに新たに建てられたserverをBrowseしてJoinしなおさなければならない。

基本的に自分でNOVAWORLD経由でserverを建ててのplayとなる。試しにやってみただけなのだが、5分と経たない内に1人、playしているとまた1人と参加してきたので1時間ほど遊んでみた。

このCOOPはまさに少数精鋭の陸軍特殊部隊DELTA FORCEをやっている感じが出てかなり面白い。強いて言えば無限Respawnのみで緊張感に欠けるため飽き易いのが唯一の欠点だろうか。

接続serverが変わってNLExepatcher適用必須になってからMultiに入ってくる人が激減してしまった。NovaLogicめ!


[Comment]

はじめまして。

砂人さんのこの記事を読んでデルタフォース1を買いました。

初歩的な質問なのですがこの記事の写真のように、メイン画面に小さいMAPを表示させるにはどうすればいいのでしょうか?

それらしいキーが見当たらないのですが。

投稿: P | 2007年11月17日 (土) 01時00分

F1押したらKEY設定一覧がでるのでその中のTerrain mapという奴ででますよ(defaultではF10)。

F1~F12を押すと三人称にできたりと変わるので色々試してみて下さい。

投稿: 砂人 | 2007年11月17日 (土) 01時12分

どうもありがとうございます!

Fキーとは気付きませんでした。

10年近く昔のgameなのに今遊んでもとても面白いですね。

投稿: P | 2007年11月17日 (土) 01時32分

度々質問ですみません。

オプションにある「power Ups」の意味が解らないのですが、敵の強さに関係するのでしょうか?

あと、マルチに繋いでみたところ既に立っているルームに入るとブラックアウトしてしまいます。

自分でホストを立てるとブラウザ上にも表示され問題なくplayできるのですが、これはこちら側のシステムの不具合でしょうか?

投稿: P | 2007年11月17日 (土) 19時01分

初代Delata ForceはマリオやF-ZEROみたいなもんで今から10年経ってやっても面白いと思いますよ。

たまに取り出してはやってますが、playする度に「ああやっぱりDeltaは面白い」と思わせてくれます。

投稿: 砂人 | 2007年11月17日 (土) 19時02分

先程DMとかやってた部屋があったので入ろうとしましたが、やはりダメでした。なぜだろう。

投稿: P | 2007年11月18日 (日) 05時29分

patch項目を追加しておいたのでその手順どおりやってから参加してみてください。

どうもNLExepatcherが当たってから(=NOVAWORLDのserverが物理的に移動してから)色々resetかかったようで私のaccountも全部吹き飛んでましたよ。

今は1からinstallして最新patch→NLExepatcherでMinibrowserからserver選んで遊べてます。

power UpsはonにしてChad-Exodusで仲間のHeliを撃つと2-3発で撃墜したので攻撃威力のUpでしょうね。

投稿: 砂人 | 2007年11月18日 (日) 12時18分

ありがとうございます。

解像度も変更できるとは知りませんでした。

パッチを当ててみましたが、やはり画面の切り替えが上手くいかないみたいで、もう少しいろいろ試してみます。

投稿: P | 2007年11月18日 (日) 20時57分

こんにちは。

面白そうですね。やってみたくなりました。

ところでスクリーンショットの解像度はどの位ですか?

また、高評価なさっている「2」やBHDのレビューが見れませんが、

編集中なのでしょうか?

宜しくお願い致します。

投稿: ぬぬ | 2008年3月30日 (日) 11時00分

screenshotは800×600のですよ。

基本的にLinkを貼ってないものはもともと存在しないか、情報をメモしただけ、play途中の感想を書きとめたのみとかその程度の状態です。

投稿: 砂人 | 2008年3月30日 (日) 20時54分

レスありがとうございます。

そうですか。私は同じNovalogicがこれより少し前に

発表した「Commanche3」が大好きだったので、

青空や地形の描画がソックリで懐かしさを覚えました。

「Commanche3」もステルス性を生かして敵をやり過ごしつつ、

少ない持ち弾やりくりしながら、でミッションを

貫徹するところが面白かったです。

やってる最中は、緊張ですごく苦しいのですが、

見事ミッションを終えた時の満足感と開放感は

すばらしかったです。

「Delta Froce」は少し探しましたが、国内でパッケージ

を扱っているところはさすがに無さそうですね。

Novalogicからダウンロード販売しているので、

それしかなさそうです。

投稿: ぬぬ | 2008年4月 1日 (火) 18時04分

DF1はマイクロマウスが大量に販売したのでAmazon、ヤフオク辺りを探せばまず新品で見つかりますよ(中古でも問題なし)。

私もComanche3/4両方持っててComanche4世代=DF:LW世代のpolygon描画よりVoxel Space 3の方が好きなのでどっちからやろうか悩んでる所です。

投稿: 砂人 | 2008年4月 1日 (火) 21時34分

探してみます。

「Comanche4」には私も期待したのですが、

3とは一転して、ファミコンみたいなぶっ放しゲー

になっていて、失望しました。

3同様、息詰まるような隠密作戦を期待していたのですが、

例えば、川の上流の奥地なのに、黒背広姿の敵が大量に

出てきて、対空ミサイルを次々ぶっ放してくるので、

なんだこりゃ!・・・と。

3は解像度が640×480までだったと思います。

マイナーチェンジ版の「Gold」は800×600だったと思います。

(解像度にはあまりこだわらないそうですが)

投稿: | 2008年4月 2日 (水) 06時20分

すみません、ハンドルネームが抜けていました。

朝でがけにカキコしたので・・・。

最後の解像度の話は記憶違いかもしれませんので、

ご参考までってことで。

投稿: ぬぬ | 2008年4月 2日 (水) 10時07分

多分DF2からDF:LWに起った劣化と根は一緒でしょう。

会社の方針が大きく変わったとかstaffが大きく入れ替わったとか

そんな所じゃないですかね。

持ってるComanche3はGOLDで分厚いmanualがいい感じなのでそれを読み読み

3と4比べてやってみることにします。

投稿: 砂人 | 2008年4月 2日 (水) 23時14分

>多分DF2からDF:LWに起った劣化と根は一緒でしょう。

>会社の方針が大きく変わったとかstaffが大きく入れ替わったとか

>そんな所じゃないですかね。

かもしれませんね。あとは販売部数を伸ばす為に

より大衆受け=ファミコン化を狙ったとか・・・(当時そう感じました)。

少し前まで、「Crysis」など、最新グラフィックが

売りの、出たてのgameを追いかけていましたが、

gameソフト自体、VGAdriver、OS(Crysisの場合はVista)が

消化れていないので、【金が掛かる割りに】、

期待通りの描画性能が出ず、かなり欲求不満が

溜まりました。

思えば、Farcryも発売直後に飛びつきましたが、

当時のVGAカードでは重過ぎて、泣く泣く解像度を落として

playしました(私は解像度の細かさ重視なので)。

F.E.A.Rも発売直後に買いましたが、やはり重かったので、

途中放棄後、昨年秋に改めてRadeon HD2900XT 1Gで、

最高解像度で堪能しエンディングに辿り着きました。
そんなこんなで、私の中の経験則として、

「グラフィックが売りの最新gameは3年は寝かせて、

そのgame発売の1年経ってから発売されたその当時の

ハイエンドVGAカードでplayすれば、高いコストパフォーマンスが

狙えるかも!?」

が徐々に形成されてきました。

なんか脱線してきたので、この辺にしておきます。

もし続きがあれば、掲示板の方がいいですかね。

(お付き合い下さるなら、ですが・・・)

それでは。

snail

投稿: ぬぬ | 2008年4月 3日 (木) 09時56分


関連記事


Delta Force: Land Warrior

Filed under: 未分類 — Tags: , , — sajin @ 04:16

Released: Nov 7, 2000
Developer: NovaLogic
Publisher: NovaLogic
Engine: Land Warrior engine(正式名称なし。次世代がBlack Hawk engineなので、こうとでも呼ぶしかないだろう。)

Official: Delta Force Land Warrior
Forum: NovaWorld > Delta Force: Land Warrior and Task Force Dagger
Wiki: Wikipedia

Novalogicは1999ADには米軍との関係を持ち始めていたが、このLand Warriorは米軍の訓練programにも採用された。

2までが独自のgame性を追求していたのに対し、3では手間暇のかかるgameの調整,stageの作りこみなどやめ、時事ネタでパッと見訴求するものを作って売り捌くという悪しき商業主義的転換が行われた。その代表がVoxel Space 32の廃棄だろう。他にもreal感,game性などgameの核を構成する物がすべて2に比べ話にならないほど劣っている。


[Patch]

install -> Delta Force Land Warrior – General update (v1.0.0.42)

nlexepatcher – multiplayに必須。

[Trouble]

Novalogic Support

複数の職種などから選択可能で、characterごとに移動・銃眼時のブレなど能力が異なる=基本部分の設定が固定しないため射撃・移動両面がまるでしっくりこない

×GPSにrouteも地形も表示されずたいへん見づらくなった。このVONというのを開きMAPを選択しないと目標への経路がわかりづらいのだが、これが1keyでMAP表示できずかなり不便(Bullshit!、そう思ってplayしていたがKEY CONFIGに”MAP”の項目は無いものの”Commander’s Screen”を設定すればMAPを一発で呼び出せた。MAP画面には”Commander’s Screen”など一切書いてないが)。地形を色付きで表示しようとした場合さらに一手間かかる。

△OICWなどの最新装備がLW最大の売り。数だけは多いがscopeが無かったり倍率が低くて使い物にならないのが大半。

またprimary weaponを捨てれば敵の武器を拾えるがOICWより優れた兵器などないのでほとんど無意味。おまけに消耗しがちなsub weapon/拳銃/手榴弾は捨てられないのでplay中に取り替えることはできない。ほとんどの銃でSemi/Burst/Autoを選べるが、まともに反動など計算されていないため、Autoで撃つと最初から弾がバラける。

[Graphics]

解像度: 4:3のみ。最大1024X768

××Voxel描画をやめたにも関わらず、ヌルヌルとボケたような絵である上にtextureも貧弱で、遠景・近景ともにjaggiesが激しい。2のVoxel engineで1024X768にしたのと大差なく、polygonにした意味が不明。

×××草叢が一切ない

Voxelをやめたからか草叢が完全に消えた。当然隠蔽効果も存在しない。

[Sound]

channel: Front 2ch

××距離感が無茶苦茶なのでsingleではそこまででもないがmultiplayでは致命的。

[視点/移動]

視点:一人称/三人称(視点固定)

姿勢:立ち/しゃがみ/伏せ

移動: 歩き/走り

××敵

やたら動かなくなった。AIと呼べるほどの上等なものはなく、いくらか動く射的の人形という水準。至近距離でも敵の射撃が当たることは滅多になく、恐らく全FPS中で最低の出来だろう。

HARDにすれば

・至る所に引っかかりながらもDoomのようにこちらに向かってくる

・たまに伏せやgrenade投擲などの追加行動を取る

・攻撃の命中率/頻度が上がる

などで最低限gameが成り立つ程度にはマシになる。LWを遊べるようにするためには、AIはHARD、選択characterはscope時にちゃんとブレがあるもの、そしてstealthを心がける、この3つが必須だろう。しかしこの場合敵の遠距離即死射撃が決まるようになるのでかなり不快度は上がる。

×射撃

相変わらず縮尺が異常。characterごとのscope時の揺れの設定があまりに雑。一応optionに設定だけはあるが、風による弾道の変化などほとんど感じられず、射撃感を一言で言うと「射的」以外の何ものでもない。

[Stealth]

・敵は視線と音でこちらを感知する

・異常音に気づいた敵の警戒声は他の敵に伝播する

・無警戒->攻撃の二段階、戻りなし

姿勢が敵からの発見、移動時の音両面でそのままStealthに影響。背後からの接近は伏せでなくともしゃがみであればKnifeで殺せる距離まで近づける。ただし、殺した時の敵の声は異常音としてほかの敵に感知される。radarが敵の向いている方角を表示するので前作までと同様stealthを生かしたplayが可能。

[level design]

××大したeventも何もありはしないのにmapがやたら広いので面倒なだけ。仲間も出てくるが、2のような緊張感・躍動感、なによりteamの一員としての責任を感じさせるほどの協同性は皆無。

味方が居たりhelicopter,boatでのEntryのため一見ちゃんとしたmissionに見えるが・・・

とにかく各要素が薄く、チャチなので広大なfieldを使った自由度が面白さにつながらない。


[multiplay]

[1-2時間]

現在、NOVAWORLDに繋ぐにはNLExepatcherが必要。

singleの悪い要素が全て出ており、更に対人戦なのでそれが悪用される。人数だけはいるがやる価値全く無し。


[総評]:

広大な野外が舞台で面白い所が全くなかったのはこのLW以降のDeltaForceぐらいのものだ。普通広大な野外はそれだけで気持ちよさがあるのだが、このLWは単に遠距離で移動が面倒なだけ。描写もヌルヌルしていてひとつも気持ち良くない。単につまらないgameというのは多いが、つまらなさ過ぎてイライラするというのはこれぐらいのものだろう。

LWには前作で濃厚なまでに感じられた「俺たちはこれを表現したいんだ」という作品としての核が何も感じられない。形だけが残骸のように残りそれを上辺の量で誤魔化している。出た時期がロクにFPSが無い時代だったから売れたものの、何でやたらこのseriesが続くのか不思議で仕方ない。


関連記事


Novalogic旧作をnetworkで遊ぶにはNLExePatcherが必要

Filed under: 未分類 — Tags: , , , — sajin @ 04:15

最近、Delta ForceのMultiをやっていても誰も入ってこないなと思っていたらNovaWorldそのものへ接続できなくなっていた。どういうことかと思いforumを覗くと以下の記事が出ており、

Important notice concerning NovaLogic games and NovaWorld!

http://novalogic.com/download/nlexepatcher.html

2007.3.15を以って CalabasasのわれわれのofficeにあったNetwork Operating Center (NOC) をLos Angelesのcollocation centerに移したので以下のNovalogicの旧作をNovalogicを通して遊ぶにはNLExepatcherでpatchを当てることが必要になった。

Armored Fist 3
Comanche Gold
Delta Force
Delta Force 2
Delta Force Land Warrior **
F-16 Multirole Fighter
F-22 IBS
F-22 Lightning 3
F-22 Raptor
MiG-29 Fulcrum
Tachyon The Fringe *

*Tachyonは最早自前serverを建てることはできない
**幾つかのVerのLWはinstallの段階でpatchを必要とする

とある。

patchを起動し、package買いなら”I purchased box copy of game”を選び、Productを選んでpatchを当てないと、NovaWorldを経由できない。

当てて試してみるとDF1は正常だったが、DF2は文字が正常に表示されていなかった。まだ調整が終わっていないのか?


関連記事


Older Posts »

sand-storm.net