SAND STORM

朝ぼらけ

2009年10月17日

Unreal – Setting

Filed under: 未分類 — Tags: , — sajin @ 23:30

◎wide化可能
舞台背景を見せることにこだわったgameでwide化の恩恵は大きい

system\Unreal.iniを開いて
[WinDrv.Windowsclient]
windowedViewportX=1920
windowedViewportY=1200
fullscreenViewportX=1920
fullscreenViewportY=1200

で設定するとwidescreenも含めた好きな解像度表示可。

FOV設定は”@”を押してConsoleを出し、FOV 数値と入力すれば簡単に変えられる。

wide化すると
MinDesiredframerate=125.000000
が働かず強制的に60頭打ちになるようだ。

◇Enhanced Renderer&Audio driver

Oldunreal’s Multimedia patches

OMPを自分のUnrealのversionに合わせてdownloadしてinstall

Rendererに最新custom OpenGL、SoundにOpenAL/FMod driverを追加する。

Unrealtournament.iniに[ALAudio.ALAudioSubsystem]や[FMODAudioDrv.FMODAudiodevice]の項目がないのでこの状態でALAudio/FMODを選んでも起動時にErrorが出る。

まずSafemodeで起動し”@”を押してConsoleを開いて”preferences”と入力してAdvanced optionを立ち上げる。
drivers>Audio devicesでOpenAL or FMODを選択を指定

これで一度終了すると項目が追加される。この後はもう一度起動して同じAdvanced optionのAudio/Rendererから各driverを設定可能だし、Unreal.iniを直接開いてやってもいい。

[ALAudio.ALAudioSubsystem]
ALdevices=SBX-FiAudioEC00
DopplerFactor=1.000000
UseoriginalUnreal=True
Soundvolume=64
UseReverb=True
AmbientFactor=0.700000
Musicvolume=96
channels=64
Outputrate=48000Hz
UseDigitalMusic=True

[FMODAudioDrv.FMODAudiodevice]
UseoriginalUnreal=True
Soundvolume=192
UseReverb=True
AmbientFactor=0.700000
UseHardwarechannels=True
Musicvolume=128
UseDigitalMusic=True
channels=64
UseCDMusic=False
Outputrate=48000Hz
Speakers=Surround
FMODdevices=vCTEhhCor

◇S3TC専用圧縮texture

幾つかの方法を用いてS3TC専用の高質textureをS3以外のVideocardでも使ってplayすることができる。

1.Unreal Tournament GOTYのdisk2にあるtextures folderのfileをすべて適当なfolderにcopy
2.OpenGlDrv2.1.0.8.zipに同梱のS3TCext.exeをそのfolderに入れて実行
3.S3TC用の専用高質textureがTemp folderに作られる
4.それをUnreal\textureに移動

というのが基本的なやり方だがこれとOMPのOpenGLを組み合わせると空の周縁が欠けて見れたものではない。(OpenGlDrv2.1.0.8.zipのDLL/programは使い物にならない。一切上書きしないこと)

OldUnrealから高解像度S3TCtextureをdownloadし、Unreal\texturesに上書きする。

※上のEnhanced OpenGL driver使用かつUseS3TC=Trueに設定した場合のみ正常に機能し、それ以外では不正終了するので注意。

P.C.G.C. – Unreal – 導入や比較画像など


◇OpenGLのSetting

[OpenGLDrv.OpenGLRenderdevice]
AAFilterHint=4
AlwaysMipmap=True
AutoGenerateMipmaps=True
BufferClippedActorTris=True
BufferTileQuads=True
CacheStaticmaps=False
ColorizeDetailtextures=False
Coronas=True
Descflags=0
Description=
DetailClipping=True
DetailMax=0
Detailtextures=True
DisableSpecialDT=False
DynamicTexIdRecyclelevel=100
framerateLimit=120
GammaCorrectscreenshots=True
GammaOffset=0.000000
GammaOffsetBlue=0.000000
GammaOffsetGreen=0.000000
GammaOffsetRed=0.000000
HighDetailActors=True
LODBias=0.000000
MaskedtextureHack=False
MaxAnisotropy=16
MaxLogtexturesize=8
MaxLogUoverV=8
MaxLogVoverU=8
MaxTMunits=0
MinLogtexturesize=0
NoAATiles=False
NoFiltering=False
NoMaskedS3TC=False
NumAAsamples=4
OneXBlending=False
Refreshrate=
RequestHighResolutionZ=False
ShareLists=False
ShinySurfaces=True
singlePassDetail=True
singlePassFog=True
smoothMaskedtextures=True
SwapInterval=1
TexDXT1ToDXT3=False
Use16Bittextures=False
Use4444textures=False
UseAA=True
UseAlphaPalette=True
UseBGRAtextures=True
UseCVA=False
UseDetailAlpha=True
UseFilterSGIS=False
UseFragmentprogram=False
UseMultiDrawArrays=True
UseMultitexture=True
UsePalette=True
UsePrecache=False
UseS3TC=True
UseSSE=True
UseSSE2=True
UseTexIdpool=True
UseTexpool=True
UseTNT=False
UseTrilinear=True
UseVertexprogram=False
UseVertexSpecular=False
UseZTrick=False
volumetricLighting=True
ZRangeHack=False

Anistropicx16 Antialiasx4


◇Trouble

OpenGLにした後gameの速度が異常になる。

Refreshrate=120

・gameの速度が異常

Unreal engineはCPUの電圧・周波数などが負荷によってrealtimeに変わるCool’n’Quietなどによって、gameの速度が変わってしまう欠点がある。何らかの手段でCool’n’Quietなどをoffにしておくしかない。


◇user.ini

×menuからは個別武器・Quick save/loadなどを細かくbindできず、system\user.iniを開いて行わねばならない。


関連記事


Unreal 2からの解放

Filed under: 未分類 — Tags: , — sajin @ 23:16

ありがとう、ありがとう! Unreal 2!

ここ数日久々に爽快感を味わう出来事があった
それはUnreal 2からの解放!

このUnreal 2というgameの形をした0と1の羅列には深く感謝しなくてはならない
本物の快楽とは長く耐え忍んだ苦痛を解きはなってこそ訪れるということを
あらためて深く深く認識させてくれたのだから

ありがとうUnreal 2!
君はSoF2を越えて不快なgame No.1に躍り出てくれた
君は度重なる長い読み込みの合間に幾度も幾度も読書の機会を提供してくれた
君は人生のいい記憶になってくれた
遅すぎる移動速度も今ではいい思い出
混沌とした武器bindはまるでpuzzle gameのようだったよ

おっとやたらと長いend creditsの間にdesktopに戻っただけでまた不正終了したね
でもそれも君らしい そう、実に君らしい!
ありがとうUnreal 2!さようなら!


関連記事


sand-storm.net