SAND STORM

朝ぼらけ

2012年12月3日

Wizardry series (PC) – 情報

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 08:29

Released: 1981AD
Designer: Robert Woodhead&Andrew C. Greenberg
Developer: Sir-Tech (USA)
Publisher: Sir-Tech (USA)

Official: n/a
Forum: Wizardry Series @ PostCount
Wiki: Strategy Wiki/Wizardry Wiki/Wikipedia(ウィザードリィのシリーズ一覧)

1974ADのTRPG Dungeons&Dragonsの発売、それを受けたmainframeでのcomputer RPGの生成を経て、Personal Computerでcomputer RPGが勃興する1980AD前後にDungeons&Dragonsの要素を簡素かつ洗練させた形で再構築し、独特のbalancingとdungeon探索の面白さを加えることで以後のcomputer/console RPGに大きな影響を与えた一人称視点の簡易3D RPG。

最初の副題はDungeons of Despair(絶望の迷宮)だったが、TSR(元々のD&Dの版権保有会社)がZork同様にgame名に”Dungeon”を使用することに対して法的に脅迫したので、現在の副題になった。邦題は『狂王の試練場』。

Making Wizardry The Digital Antiquarian

Hardcore Gaming 101: Wizardry

MegaTokyo – [566] poor stitching > “Crossing deadlines”

ここでは主として英語のpersonal computer版を扱い、graphicsやmusicが付加された日本版は従属的なものとして触れるに止める。また単体での入手はもう有り得ないので、本来のseriesと初期型に近い派生品の情報もまとめておく。 (more…)


関連記事


2012年11月27日

Wizardry: scenario #3 – play log vol.1

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 02:13

◇日本の攻略本

内部計算が出ているような話があったので、”ウィザードリィリルガミンサーガ 完全攻略ガイド(NTT出版)”というのを捨て値で買ってみたが、移植した会社が監修しているものの、player側からわかる事だけで内部の計算はまったく公開されていない。一応装備品や所持品の詳細なdataだけは出ているが、これは開発者側が図鑑として公開しているもの。攻略本というものはそういうものだとは言え、単にgameを効率的に攻略する視点からだけ構成するのは、Wizardry 1~3では良くない。IV以降は攻略に頼った方がいい難度になってしまったが、これではspoilerだろう。

Llylgamyn Sagaは国内PC移植版1~3をremakeして家庭用機(PS/SS)に出したものをさらにWindowsに移植したものらしい。PS版が1998AD.Windows版が2001ADと発売はかなり古く、対応もWindows 95/98だけでWindows7 64bitでは起動しない。32bitなら動く可能性もあるが、あまり期待できないだろう。New Age of Llygamynの方はWin 7 64bitでも問題なく動作する。

(more…)


関連記事


2012年11月15日

Wizardry: scenario #2 – play log vol.3

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 12:12

◇Goldのgame

#1からそうだが#2ではG.P.を巡るgameはまったく機能していない。

所持金を引き継げる上に、そもそもBOLTACはplayerからの介入なしに物品が増えないので安価なものしか買う物はない。GPの処理先として唯一考えられるのはTEMPLE OF CANTだがこれも低額で奉仕を受けられる。lostの危険があるのでそちらに目が行きがちだがCANTは金の消費先として機能しておらず、死からの復活が250*level,灰からの復活が500*levelに過ぎない。

これは基本係数を大幅に引き上げるか500*level^2にすれば丁度良くなる。levelに二乗して上がるようにすれば、例えばlevel2での死亡は250*2*2=1000で済むが、level10だと250*10*10=25000と飛躍的に金額は上昇していく。level30で灰から復活しようとすれば500*30*30=450,000、level40なら800,000、50なら1,250,000と百万単位の金が必要になる。

加えて最低限の費用以外に金を積んで(つまり寄附して)心証を良くし失敗確立を減らせるようにした方が面白い。高いlevelのcharacterはlostの可能性を減らすために嫌でも金を積んでいくことになるだろう。このような失敗確率の減少は幾らplayerに高位の僧侶が居ようが、専門的な施設で多人数を揃える寺院だからこそできる、という方が自然だ。またlostからの復活もあっていい。ただしもう灰すら残っていないのだから復活には新たに魂を埋め込む肉体が必要(一種の死霊術)で、費用も10,000*levelまたは1000*level^2ぐらいが妥当だろう。

こういうfantasyの世界では何でも有りであり、それをできないのは貧乏人や庶民、末端冒険者という設定の方が現実感があっていい。

(more…)


関連記事


Older Posts »

sand-storm.net