SAND STORM

朝ぼらけ

2011年8月24日

Close Combat: Cross of Iron – MOD

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 12:30

長期のcampaignの少ない3/Cross of Ironを補うのがMODの存在だ。歴史が長い分、total conversionも含めたさまざまなmodが出ている。

大型MODでは3: Russian Front用のMODとCross of Iron用のMODに互換性はないので注意。

[代表的MOD]

・Barbarossa – 東部独ソ戦。1941-1945まで扱うlong campaign。難易度は高い。

Der Ost Front – 東部独ソ戦。日本語環境:不可。defaultのGrand campaignの後に最適。

・Der Ost Front 2 – 日本語環境:不可。これも良質で難し過ぎない。

・FinMod : Soviet vs Finland。日本語環境:不可。数少ない歩兵で赤軍の侵攻を遅滞させ、時には森の中で奇襲などをしかけていく。conceptに沿って見事に創り上げられたtotal conversion。

・Greece : Italy vs Greece。Italyの軽戦車対Greeceの歩兵群といった感じで面白い。mapも本編にないもの多。解説文はItaly語だが、問題なく動く。

・Kharkov : 東部独ソ戦。Grand Campaignをも越える大型campaign。独自のmapで構成され、音声や迫撃の表現なども差し替えられる。難度は高いがかなりおもしろい。III用(ver3.0b最終)とCoI用(v2.2最終)で異なるので注意。

・Poland ’39 : 東欧Poland侵攻作戦/Poland vs Germany。Russia側がPolandに置き換えられ、兵器群も1939AD時点までのものに限定される。mapは流用もあるが、東部とも西部とも言えない野外と都市が入り交じる。非力なPoland軍でいかに独軍に抵抗するか?balanceが取れていて面白い。

・Real Romanians : 東部戦線/Romania vs Soviet。GermanがRomania軍に差し替わり、Romaniaが担当した南部の戦線で赤軍と戦っていく。mapは本編の流用。兵器が前時代的な軽戦車や中砲程度までなのでGrand Campaignの前にplayして丁度いいぐらい。

・The Great War : 第一次大戦。mapは東部と西部が入り交じる。日本語環境:不可。一応遊ぶこともできるが、日本語環境ではbugにぶち当たる。まさに前時代の戦い。装甲車はほとんどおらず歩兵の数が多い。

・The Great War Operations : 本編に追加installして使用。日本語環境:不可。

・Vietnam : 日本語環境:不可。

[導入方法]

Close Combat Series > downloads

Mods Maps scenariosand Tools for Cross of Iron @ Matrix Games – 大型modの集積所。

ftp://ftp.matrixgames.com/pub/closecombatcrossofiron/scenarios/ – scenarioのみ。別途mapが必要。

以上などから、pluginと関連file導入installerとmap dataの両方をdownloadする。installerを実行し、map dataの方は解凍して[install先]\Close Combat III\Mapsに入れる。

◇MOD Swap

単にscenarioやoperationを追加するだけならmap dataその他をそれぞれの場所へ入れればいいが、total conversionのような様々なdataを置き換えるものは.cc3拡張子のplug-inをmod swapでinstallしたりuninstallしたりして切り替えていく。基本的に大型のものはinstallerがついているはずだ。

Close Combat PC game @ Matrix Games > The Longest Day – tLDの元となったVがMOD発表の中心であった為、MOD Swapの更新も主にここに反映される。

[Trouble]

多くのmodで二つのtroubleが頻出する。

・言語問題

日本語などmultibyte文字を前提としたOSで独逸字などを使ったfileをinstallしようとしても文字が別のものと解釈されfileが生成されないか、別のfile名になってしまう。modがこれを参照しようとするとerror windowがでて即座に終了する。この言語問題のあるmodはOS自体の言語環境を変えない限りplayできない。

XP

日本語版explore.exeが日本語変換をdefaultにしているため欧州強調文字を含んだfileを生成・認識することができないのが原因。つまり基本言語を欧州基準にする必要がある。

設定 > Control panel > 地域と言語のオプション > 詳細

を開き、下のcode page変換tableのcheckがついていないものをすべてcheckし適用。WindowsのCD-ROMからfontをinstallする。これでfile生成時の文字化けは回避できる。

次に上の”Unicode対応でないプログラムの言語”を英語(米国)に変えて再起動する。

7

設定 > Control panel > 地域と言語 > 管理 > Unicode対応ではないprogramの現在の言語 > system localeの変更

で英語(米国)に変えて再起動する。

・何も書いてないerror popupが出て強制終了

FinMODやGreeceの途中など。欧州文字参照が原因。

・”The Close Combat CD is required to play this game~”と出て、okしても”Close Combat was unable to open the file:~.mmm”と出てplayできない。

map dataがinstallされていない。表示されたfileを含むmap dataを落としてきて、maps folder内に入れる。

mod swapで切り替えると、別のmod時には入っていたdataが他のmodではないという状態になる。この状態でそのmodのdataが入っていること前提のcampaignやsave dataを触っただけで異常が発生し、終了してしまう。

save dataは[install path]\Close Combat III\Games\save

campaignは[install path]\Close Combat III\Data\CAMPAIGN

などにあるので消すか一時的に退避する。


[自分でscenarioをつくる]

◇scenarioの作成

Game programに一体化されたbattlemakerにより、簡単に既存のmapを組み合わせてoperationをつくることができる。

GUIでmapを選択し、Victory locationの指定と砲撃地点の設定を行う。

後はrequisition pointの日にちごとの増分や開始時部隊の固定設定、階級と補給率を設定するだけで触れば誰でもできる。

残念ながらcampaignをこのbattlemakerでつくることはできない。


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net