SAND STORM

朝ぼらけ

2012年4月7日

GOG.com – 使用記録 vol.1

Filed under: 未分類 — Tags: , — sajin @ 20:04

GOG Talks Preserving Value Of Games, Death Of DRM | Rock, Paper, Shotgun

“Heavy discounts are bad for gamers,” Rambourg explained. “If a gamer buys a game he or she doesn’t want just because it’s on sale, they’re being trained to make bad purchases, and they’re also learning that games aren’t valuable. We all know gamers who spend more every month on games than they want to, just because there were too many games that were discounted too deeply. That’s not good for anyone.”

“We provide a lot of value in our games that goes beyond just the price. This is one of the key ways we fight against piracy, after all: providing gamers with more value than a pirate does. We actually generate more than half of our revenue from full-price sales, simply because we keep our prices reasonable in the first place. Our average sale tends to be around 40% – 50% off; that’s plenty of incentive to pick up a game if you’re interested or if you just think you might like to try it because you’re not sure about the game, but not some crazy 75% or 85% discount that damages the long-term value of a game.”

“行き過ぎた安売りはgamerに悪く作用する。もしgamerがただいつもより安く売っているからというだけの理由で欲しくもないgameを買うようになるとそれが悪い習慣となり、game自体にも価値がないと感じるようになってしまう。”

“興味はあるがそのgameが本当に自分のやりたいものかどうかわからない時に半額ほどで安売りされるのはいい機会になる。しかし75%を超えるような値引きはgame自体の長期に渡る価値に悪い影響をもたらす。”

実際にそれを使いもしないのに、瞬間的な衝動でやたらと物を手に入れるのは確かに不幸なことだ。行き過ぎた安売りがそのgame自体にその程度の価値しかないと消費者に学習させてしまう側面もあるだろう。

しかし、これがUBIのgameを$20というこれまでの上限の倍で売り出した直後の発言では手の込んだ言い訳と取られてもしょうがあるまい。しかも、個別で$20のものを”いまならどちらか一つ買えば両方ついてくる”などという姑息な売り方で捌こうとするのでは、瞬間的な衝動に身を任せているのは買う側でなく、今の瞬間的な利益を求める売り手のGOGであるとしか言いようがない。

最近のGOGが悪い方向に向かっているのかどうかの判断は難しい所だ。重心がclassicから逸れてきていること以上に、目先の利益が得られるのであれば何にでも飛びついていく自転車操業的な方向に向かっているのではないか、それはつまりGOG運営の経費が増大し、長期の安定性に疑問符がつき始めているのではないかという懸念とも結びつく。

Bigger. Fresher. Newer.See what’s new on GOG.com

siteのlayout変化や機能向上に加え、新作としてindie gameを売り出すと同時に$9.99の価格上限を取り払い、最高$15で売り出している。この上限撤廃は旧作にもこれから適用されると見られる。titleの選別自体は問題ないが、$10を越える特別な価値や需要があるとはとても思えない。これまでWitcher 2が$50で売られたが、あれは自社開発でしかもDRM Freeで出すという特別な理由があった。大体forumに書き込むような人は賛同傾向の人間が多いものだが、何も言わずに去るような大多数は単に安い場所を探すか海賊版に走るかするだろう。

Privacy Concern: GOG sending order details to Google

* Order ID
* Store name (GOG in this case)
* Order total
* Country where order was placed (presumably using geotracking – I was identified as coming from the Netherlands even though I placed the order in the UK).

Further details are then included on each item in the order:
* SKU code
* Game title
* Category (“game” in this case)
* Cost
* Quantity

This transfer of data occurs on the “thank you” page that appears after confirming an order. Anyone viewing the HTML source of this page (right-click and select “View Source” or “Source” depending on your browser) can see for themselves the data sent, by scrolling down to the end and checking the code just above the <!– social –> tag.

How to Stop This
Since (encrypted) HTTPS is used, most ad blockers will not be able to filter this traffic (including Internet security suites and firewalls). The only exception I know of is Proxomitron and that has to be specially configured to do so. Browser plugins *should* be able to filter such traffic and using them to block all access to google-analytics.com should work.

Another alternative for Opera users is to configure their browser to prompt them before connecting to any https: site – this will result in repeated prompts due to GOG now incorporating Facebook/Twitter/SellMySoul links (which also use https on order pages) but then provides a good indication of how much tracking goes on. See the Dangers of HTTPS thread at Wilders Security for more details on how to do this.

Summary
This is a clear violation of GOG’s own Privacy Policy (“…We do not share your personal details with outside third parties without your consent.”) since this data disclosure happens without customers being informed let alone asked and, as a long-term customer, I am outraged to see what should be private information being hawked off to one of the Internet’s largest (and almost certainly the largest) data trackers. I ask that GOG puts a stop to this policy as soon as possible.

GOGが注文dataをGoogle Analyticsに送っている

GoG Games – Missing Content, Broken Games, Incomplete, Version Variations, Etc

GOGで売られている物で、expansionがないもの、manualやCD musicがかけているものを細かい所まで列挙してある。また、unofficialの修正patchがないと動かないものを挙げている。

GOG works in mysterious ways @ Fuyoh!

GOGがDRM Freeを実現するのに幾つかのgameで既存のFixed exe=No CD/DVD patchを使っていたという話。

記事を書いた人間はunethicalだと言っているが、developerなんかとうに消え失せてsource codeに触れないものがある以上仕方ないし、copyright holderが許可しているのだからどうでもいい。まったく的外れな批判。

gog-backup, an unofficial GOG downloader (Cross-platform, CLI)

– Perform multiple transfers in parallel
– Resume partial downloads (including those of other tools)
– Verify games using GOG.com’s XML metadata
– Verify extras using .ZIP internal checksums
– Repair corrupted installers, re-downloading only affected chunks
– Configurable download directory hierarchy
– Download cover art and thumbnails (optional)
– Has documentation

こういったunofficial downloaderは複数あって、bonus contentsを同時に落とせるのが楽でいい。

Download Clients – GOG Community Wiki

◇CDProjektが海賊行為疑いのある個人への請求行為を取り止める

Reminiscent of the vile threats sent out by delightful legal firm Davenport Lyons in 2008, the practice which TorrentFreak points out a US federal judge described as a “shakedown” has apparently been initiated in Germany, where thousands of letters have apparently been sent out demanding the ridiculous sum of €911.80 from anyone they think has downloaded and shared the game by bittorrent.

2011AD末、GOGはWitcher 2をtorrentなどでdownloadした疑いのある個人を専門の追跡業者を雇って突き止め、十万円程度の賠償金を請求するという発表をした。(CD Projekt Threatening Alleged Pirates @ Rock,Paper,Shotgun)

Rock,Paper,Shotgunは、それらはIPを追跡しているに過ぎず、誰が本当にやったかが明らかでないし、完全に違法行為を行ったとも確認されていない個々人にこのような請求を送りつけることは嘗てUSAで行われた海賊行為疑いのある人間に片っ端から請求書を送りつけ払わないと裁判に訴えるという醜悪な金儲けを想起させるとして強く反対し、CDProjektに嘆願を出した所、CDProjekt側もそれに納得し、game communityとの信頼関係を重んじてこのような請求行為は止めるとの声明を出した

Video game developer CD Projekt RED to stop legal threats against alleged pirates @ GamesBeat

このような海賊行為を行ったとして請求を送りつけ、払わないと裁判を起こすと脅しつける手法は弁護士の飯の種として独逸で流行っていることらしく、video game以外のさまざまな著作物に関して請求が送りつけられているようだ。RPSがAtariやUBIに質問状を出してそういった行為は以後行わないという回答を得ている。

Legal Threats Endemic Among Games Pubs @ Rock,Paper,Shotgun

But the problem isn’t piracy being a crime or not but that they don’t go the “criminal prosecution way”

CD Projekt Red goes after file-sharers RIAA/MPAA-style

◇ないgame

まったくDRMを受け入れない訳ではないが、俺の中では使う側に初回のsetup以上の手間をかけるgameはないことになっている。

Game for Windows Liveはないし、UBIのgameはないし、なにか専用の物理的な媒体を起動ごと必要とするようなものは当然ない。

その手合いは自らの存在を消し去っているようなものだ。

◇Gameのbackup

最近自分の手元でgameをbackupして保管することの不安定さばかりが気になるようになってきた。

gameの保存といってもsetupを保存することと、installしたplay可能状態のdataを保存することの二つあるが、後者は厖大なdata量になる以上HDD自体を定期的にcopyしつつ乗り換えていくしかない。

まず記録媒体の不安定性が一番に上がる。HDDであればただ使っていても故障や物理的破損の危険があり、backupの為にたまに繋ぐという形だと落としたり接続や電気的に不安定になったりといった破損の可能性が増す。光学記録媒体であれば物理的には破損しにくいが、安価なDVD-Rだと枚数が嵩んで管理が大変なことになり、高価なBD-Rなどだと複数回に渡って追記していく内に焼きmissでdiskが使えなくなったりする。

いずれの記録媒体にせよ、時間が経つほど安価で大容量になるし、一々買うごとにbackupに追加していくより、まとめて一気にやってしまった方が効率はいい。結局download shopの経営が大丈夫そうなら可能な限り放っておいて、一度にbackupするに相応しい量やseriesが揃った時に整理してやってしまうのが得策ということになる。

となると固いdownload shopに依存した方がbackupのためのcostが減る分利口だ。見えないcostをいかに減らすかもdownload shop、もしくはgame全体と付き合う上で重要な要素だと思う。

◇黙って消えたHostile Waters

OFP,CMR2005,TOCA3といったCodemastersのものだけでなく、GOGがまだbetaの頃から売られていたHostile Watersも商品から消えており、しかもそれは一切userに通告されなかった。(もちろん購入者はdownload可能)

Let me assuage your ill-omened feeling. Interplay is involved in a kerfluffle over the rights, so they have asked every digital distributor–which includes GOG–to delist the game. Once things have settled down, we’ll look into offering Hostile Waters for sale again.

Everyone who’s purchased Hostile Waters will still have it on his or her shelf and will continue to be able to download it as desired. We’re sorry if this has ruined your plans for a Hostile Waters-themed LAN holiday party or whatnot, but we don’t know yet whether the title will be removed from GOG or not in the end, so we haven’t made a formal announcement.

GOG team: where is Hostile Waters? @ GOG Community Forum

forumでその原因にstaffが応えているが、出品元のInterplayが醜悪な権利争いに巻き込まれ、GOGだけでなくすべての出品を停止せざるを得なくなったということらしい。Interplay自体に出品の意志はあるが、もちろん権利関係が解決しないとそれはできない。見事にabandonware入りという訳だ。

最近GOGにはWikiができたので出品取り止めになった商品一覧が出ている。

List of games removed from GOG @ GOGWiki

Miaghstir: Also a couple other, non-racing, games, one for licensing issues with some music, ObsCure, was it? And I don’t know what the reason was for Hostile Waters.

Yeah, Obscure had a song by some semi-punk band. I don’t know why they couldn’t just replace it but there you go. Hostile Waters is just a GOG mystery. I think it’s just another IP that the ailing Interplay lost the right to sell.

Shooter, slasher, slayer… I am so disappointed, GOG.com!

ObsCureについては楽曲を提供したsemi-punk bandが拒否したらしい。何にせよ最初の契約時に自由に扱える権利を確立していないと後からややこしいことになる。

◇これからもGOGからの商品引き上げはあり得るか

GOGで販売することの利点は、商品価値(作品の価値ではない)を失い、中古や海賊版で流れているだけの状態になっていた昔の作品から利益を再度回収するという面と、名作であると勝手に吹聴してくれるfanがいることで新たなfranchiseを売る際の宣伝費の足しになるのでやるという面の二つがある。ガチガチのDRMで知られるUBIや独自のshopを構えるEAがGOGに出品するのは後者の利点があるからだ。video gameの宣伝費は、近年の増大した制作費より多額になるほど大きい。publisherにしたらどんな手を使ってでも有効な宣伝を行いたいはずだ。

忘れてはならないのはGOGが海賊版をもっともsmartかつ合法的に克服する方法として樹立されたことである。GOGで売っていればlong tailのtailにあたる利益は細々とであれ入ってくるが、GOGからすら引き上げてしまえば、その利益すらほとんど消え去ってしまう。GOGから引き上げて他のDRM付きshopで売っても利益はあるだろうが、DRMなど変なものがついておらず、永久使用が保証されている上に、圧倒的に扱いやすく安価であるという点に納得して海賊版よりGOG版を選んでいる層は欲しければ海賊版に流れるだけだろう。

基本的に一旦GOGで出した以上、出品者がそれをわざわざ引き上げる利点はほぼ無いと言える。よって一度出したものの引き上げはなにか外部からの強制力に晒されない限りまずないだろう。

◇消えた商品からGOGに出てくる可能性がないものを推測する

GOGで一度出品されながら引き上げられた商品は、OFPとCMR2005に加えTOCA Race Driver 3もある。すべて同じCodemasters出品だが、TOCAもCodemastersが完全に権利保有しているものではなく、British Touring Car Championshipという外部の権利が絡んでいる。引き上げはやはりそれとの契約が原因と見るのが妥当だろう。Codemasters側に一度出した物をわざわざ一部だけ引き上げる利点はなく、推測でしかないが、両seriesがその初作など古い物から出たのではなく、いきなり最新作の一つ前という比較的新しいものが登場して消えたという点から見ても、それらの契約は使用期限が定められていたのだろう。

いずれにせよTOCAやCMRの出品が引き上げられ、しかも外部の権利が絡むものが一切出品されていないという事実に鑑みれば、FIFAやWRCといったSportsものでは外せない本物の競技団体や名義と絡んだものが出てくる可能性はないということになる(GOGにsoccerものは二つ出ているが両方とも偽名や架空のteamでFIFAなどは絡んでいない)。またRichard Burns Rallyの様な個人名が用いられているものも別途権利者と契約を結び直さない限り出品は無理ということになる。

こういった場合に難しいのは、契約を結び直せば名義権保有者への払いはそれなりのものになり、$9.99という天井が定められているGOGでは利益がほとんどなくなってしまうというのが一点、またその様な契約を行うのはそもそも名義以外のgame本体の権利を握っているpublisherでなければ意味がなく、幾らuserの要望があってもGOGだけが勝手にやっても仕方ないということ。そしてわざわざ経費のかかる再契約をGOGで売るためにpublisherが行う可能性は低いというのもある。

いずれにせよGOGに二次的な権利許諾や支払いが絡む商品が出てくる可能性は低く、GOG待ちをする際はそこに気をつけねばならないということになる。

◇GOGに商品を出品しているのは必ずしも大元の権利保有者ではない

StrategyFirstがいい例だが、publisherとしての契約時に好き勝手に販売できる権利を得たというだけで、一番根っこの権利であるgame自体の著作権を保有している訳ではない企業もGOGに商品を出品している。これらの企業は何も違法な事をしている訳ではなく、少なくとも好きな価格で好きな場所に出品できる権利を持っているので商品が引き上げられることはまずないだろう。しかし、商品をそのまま出品すること以外のこと、外部の権利と絡む新たな契約などをすることは、そもそも著作権も何も持っていないので無理である。

Good Old Games is now carrying this @ Battlefront Forum

初作のみ登場しているStrategic CommandやCombat Missionの続編がGOGにでてくることは、BattleFrontが潰れてその権利が流れない限り有り得ない。

◇GOG待ち

最近は後々GOGで出てくるだろうから買わずにおくかということが多くなっている。

例えば初代Shogun: Total Warなどはかなり安値でsaleされていたこともあったが、日本語版を持っているし、いつ遊べなくなるかもわからないSecuROM DRMのものを買うならGOGで出るのを待つかということになって結局買っていない。

download shopも幾つも使っていると管理が面倒になって訳がわからなくなるから、すでにGOG,GamersGate、後は仕方ないからSteam程度しか使わないようにしている。download shopを巡る主問題は、すでにいかに安く手に入るかという段階から、いかに長く確実に、買ったものを扱い易い形で使用できるかという点に移行している。

最近D2Dが潰れて買収されよくわからないものに移転したそうだが、この手のことはこれから幾らでも起こるだろう。一時派手にやっている業者が呆気ないくらい簡単に潰れたり、買収で身売りになったりということはどこの業界でもよくあることだし、娯楽の様な流動性の高い商売であればなおさらのことだ。

それがたとえSteamであっても例外ではない。認証やdownload,patchなどから発生する固定費は減らないので売り上げが減って赤字になればそれまでである。身売りして無理矢理にでもserviceを縮小して経費を下げるか、使用料を払わないと使えないという形で歳入を増やす他ない。

こういった長期の堅牢性という面でGOGはもっとも底堅いというのが私の見立てだ。またThe Humble Indie Bundleも、慈善企画という一発屋的な登場の仕方に反して同じDRM Freeという究極の場で最も優れた形態と最良のbrandを確立しているという点で案外末永く続いていくのではないかという気がする。

◇GOGに二次版権料が発生する物は出てこない

PC Game、というよりVideo gameには販促のために有名人の名前を使ったものが多いが、現在GOGの商品line upを見るとそれに該当する物は一切存在しない。

製作会社が保有しない、有名人や著名characterなど外部の権利が関わるものを商品に使用する場合、事前に一括払いでその商品に関する使用権を買い取ることで後は自由に販売できるという形態の契約もあるだろうが、多くは製作販売側のriskを避けるためにも売り上げの一部や一本ごとに決まった額をその権利保有者に支払うという契約になっているものと思われる。

例えばPersonal Nightmare,WaxworksとElvira 1,2は同じ製作が同じengineを用いて作ったほとんど同じseriesといっていい製品だが、後者はElviraの権利所有者への支払いが発生するためにGOGでは販売されていない。

今までGOGに一度登場したにも関わらず消えた商品はOperation FlashpointとColin McRae Rally 2005のみだが、後者はColin McRaeというElvira同様に外部の有名人の名前を使ったものだし、前者は”Operation Flashpoint”の表題使用権(trade mark)をCodemastersが持っているが、game programなどdata類は大半がBohemia Interactive Studio所有という入り組んだ権利関係になっていて、今ではARMA: Cold War CrisisがBISから出てきているからBIS側の要求で販売停止になったものと思われる。

一般に権利だけでメシを食おうという連中は市場の実態など無視して分不相応なほどの金額を要求してくるものだ。恐らくこのような外部の権利許諾が絡むものがGOGに出てくる可能性は著しく低いだろう。


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net