SAND STORM

朝ぼらけ

2009年10月24日

ImpulseでSins of a Solar Empireを購入した時の感想

Filed under: 未分類 — Tags: , — sajin @ 05:42

09/03/11

◇download版とpackage+download版の価格設定

海外の直販ではdownload権+package両方購入とdownload権利のみの価格に差がほとんどない、全く違わないというのをよく見かける。Sins of Solar Empireでも両者にまったく価格差はない。

Al Emmo and the lost Dutchman’s Mine @ Himalaya Studios

同じImpulseで気になったAdventure gameだが、こちらはdownload版相当の本体だけだと半額である。しかも世界中への送料込みだ。ここいら辺りの設定は日本人の感覚だとどうにもよくわからない。

ちなみにAl Emmo and the lost Dutchman’s MineQuest for GloryやKing’s Questの無料版remakeを行っていたAGD Interactiveが初めて出した商業作品で、四十を越えたチビ・ハゲ・ガリ・小太り・文無し・幼児脳というすべてを備えた男が娼婦に騙されるままにMexicoの僻地にやってきて冒険を行うというKing’s Quest型のComicalなFull voice Adventure game。

◇backupの困難さ

Impulse_client_0004

無闇なDRMには否定的なStardockだが、Impulseのsystemではinstallやupdateにdownloader/managerの”Impulse”使用が必須となっている。確かに売っているgame大半にはDRMこそないものの、このImpulseを介さない形でのbackupは難しい。

Temporary folderにTemporal fileをDownlaod -> Full download終了後、即展開installとなるため、Setup.exeのようなSetup programは存在しない。Gishのような一つのfolder内で完結する単純なgameならいいが、registryやMy Documentへの登録が必要なものだとSetup.exeがbackupできないためにinstall/updateはImpulseに依存する。

一応Impulse自体にBakcup機能はあり、My gamesのgame Iconを右clickして”download and Archive”を選べばinstallに行かずに拡張子が.Impulseのfileが生成されるが、この拡張子.impulseのfileは当然Impulseでしか展開できない。Impulse自体がonlineに繋いでaccountへのLog-Inが必須のものなので、実質account単位でProtectが掛かっているようなものだろう。

◇install時の問題点

“Prompt install directory”をcheckしていてもdownloaderが勝手に既定の場所にinstallをしてしまう。結局fileをregistryやUninstallerの指定に反して、自分で本来あるべき場所に移さなければならない。

Community > forumの方を覗いてみたがこのdownloader専用のTopicはまったくなく、ここら辺り問題が放置されている原因だろう(通常こういったものに対してはstickyというTAGがついてforum最上部辺りに貼りついている)。

◇downloaderはいらない

最近GamersGateが独自のdownloader/managerを捨てたが、Impulseもそうした方がいいというのが感想だ。Stardockは色々Windowsの装飾を変えるApplicationを作っているのでそういうのを見せつけたいのもあるのだろうが、IEのengineを流用しているだけのものをわざわざ重ったるい別programとして個々のclientに持たせる意味はほとんどない。

Sins of a Solar Empire – Impressions


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net