SAND STORM

朝ぼらけ

2009年10月12日

Strength & Honour (DEMO)

Filed under: 未分類 — Tags: , , — sajin @ 04:58


TAKEDA1の出来の良さと2のあまりの出来の悪さにその中間に出されたStrength & Honourはどうなっているのかと思いDEMOをやってみる。
×内容の制限だけでなく30日の期間制限がかかっている。

[戦略]

戦略画面は西はRomeからIndiaときて東は漢王朝まで登場しているが、こんなに舞台を広げてgame systemやbalanceがきっちり作りこまれているのか不安になる。

[合戦]

××3D化を進めたせいでよくなったのは地形の上下が把握しやすくなったことだけで、戦闘全体がわかりにくく、快楽性がかなり下がった。

・操作性がよくない。移動その他の指示しづらさはもとよりTAKEDAの特徴のひとつだった陣形がとりにくい

・各陣営の色がはっきりせず敵味方の識別という基本中の基本がやりづらい

・やった/やられたがはっきりせず、ごちゃごちゃしたと思ったらいつのまにか結果がでている。TAKEDAでは集団で戦いつつも個々の兵士・武将が闘っている質感が見事に表現されていたがまるでそれがない。

全体にShogun: Total Warのダメさ加減によく似ている

×内政の追加
turnごとに領地に応じて各種兵士が増えるという単純な方式で戦闘に集中できた前作と違い、Heroes Might & Magicのように都市ごとに各種施設を建てていく内政要素が盛り込まれている。これが戦闘以上にわかりにくく完成度が低い。

武将に政治能力が付け加えられておりこれで色々判定される。顔graphicだけは豊富だが似たような無能武将ばかりでおざなりな作り。はっきり言って複雑な内政は不用。

S&H形式でTAKEDAを作り直したのがTAKEDA2だが元がこれでは駄目な筈だ。素晴らしい出来だった2Dの戦闘を変えてしまったことが根本的に間違い。無理に3D化して駄目なものを作っているという点でMagitech以上にもったいない会社はない。


関連記事

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


sand-storm.net