SAND STORM

朝ぼらけ

2012年11月24日

カタカナ英語をやめよう – かんたんにできる社会全体の移行

Filed under: 未分類 — Tags: , , , — sajin @ 08:42

◇政府が介入する必要性と正当性

無茶苦茶なカタカナ外国語を捏造し氾濫させるのは皆が使う公共施設を荒らし、道路や標識を勝手に塗り替えたり壊しているのに等しい。経済で言う所の負の外部性、公害に当たる行為だ。政府は無闇矢鱈と表現に介入すべきではないが、こういう基礎的なinfrastructureの維持構築だけは率先してやらねばならない。そして言語はまさにあらゆる表現のinfrastructureに他ならない。

◇個人や集団としての移行

個人として移行するのは、当人が決心しさえすればいつでも簡単に行える。後はひたすら自分がどれほど曖昧で歪んでいて間違ったカタカナ外国語に依存しておかしな表現をしていたかに気づき、それを直していく作業に過ぎない。その過程でまともな日本語表現と正確な外国語の理解が身に付いていく。

集団としての移行は、合意や強制を以て行えばその集団内で同調させることは難しくない。自分の経験から言えば、そもそも原語化した外国語など使う必要はほとんどなく、多くはちゃんとした日本語表現に置き換えられていく。

ただし、国家としての日本が狂ったカタカナ外国語を規制しない限り、安易にその場のノリでカタカナ外国語を使う外部との軋轢に苦しむことになるだろう。

◇国家としての移行

・日本では義務教育で英語教育が半世紀以上行われている。社会全体が移行するのに問題はない。

これは使い物にならない試験英語勉強を強制されてきた日本人にいきなり英語を喋れというような無茶な事ではなく、単に原語表記しろということに過ぎない。

英語を理解し、読み書きしたり話す必要がある人はそれをより正確かつ円滑に日本語との間で自然に行えるようになり、そもそもカタカナ外国語など用いる必要のない人はちゃんとした日本語で読み、書き、話すようになっていく。

・翻訳や置換などをsoftwareで簡単にできるようになった現代ではその負荷は大したことではない。

digital化が進みそれが当たり前となるこれから、大量の文書のカタカナ外国語を原語表記する程度の事は何ら難しいことではない。問題があるとすれば、それはその様なカタカナ外国語で誤魔化してきた文章の怪しさ・曖昧さ・おかしさが明白になるということだけだ。

・税金と時間をかけることで無理のない移行が可能

政府が強権的に「今日からカタカナ外国語は禁止する。原語表記に統一せよ」と命じて実行した場合どうなるだろうか?社会的混乱と負荷はかなり大きいだろう。表現の自由にも反する。

では、独裁体制でも成立しない限りもう痛みなくカタカナ外国語まみれの状態から脱却できないのかといえばそんなことはない。鍵は”禁止する”のではなく”税金をかける”ことである。

カタカナ外国語を使った出版物(digital含む)に税金をかければよい。その際、弱小出版物は放置し影響力の大きいmedia(公共media、新聞、TV、internetであれば月刊閲覧数10,000以上など)から税金を取り立て ていけばいい。影響力の大きいmediaが移行すれば当然全体の移行は進む。またカタカナ外国語を原語に置き換えるutilityぐらいは直ぐに幾らでもでてくるだろう。大規模mediaがそのようなutilityを買って導入するのは難しい事でも何でもない。

表現の自由を侵害せずに、言語的退廃に陥った社会を矯正し、まともな言語を操ることで両方の文化で活躍できる人材を増やし、かつ政府収入にもなる。


関連記事


2010年5月22日

カタカナ英語をやめよう – 近代日本と断絶の日本語

Filed under: 未分類 — Tags: , , , — sajin @ 01:46

やらなければならないのは日本語の外来語部分を国際標準に切り替え、世界への橋をかけること


◇水村美苗『日本語が亡びるとき-英語の世紀の中で』

日本の外国文学研究が滅びるとき @ 内田樹の研究室

この本は話題になったが、その騒動は見ていてなんとも焦点の合わないズレた話だと思っていた。

何もかも無理に日本語で処理しようとし過ぎた結果が今のカタカナまみれの読むに耐えない文章の数々であって、それは日本人が世界に対応できていない徴であり、現今の問題はそこに集中している。

・本来は当用漢字を中心とする日本文化の断絶・抹殺を図るために捏造された”戦後語”を廃棄し、旧字の復活(それを裏支えする古典漢文、戦前文学その他の必須教養化)を視野に入れるべきだが、大きな障害が幾つもあるので簡単にはいかないだろう。

・日本語は和語を母体に2000年近い時間をかけて漢字を消化し、さらに明治維新で西洋近代化の事象に対応させたもの。

・カタカナ表記というのはtemporaryなものでしかない

・日本の教育は後進国でしか上手く回らない”成功modelへ追いつけ追い越せ”を押し進めただけの、暗記装置、無意味化された歴史事項表出装置、 数学計算機、英語翻訳機、そんなcomputerで代用させればいいだけの実態/実用と懸け離れたものを作り上げようとしているバカな代物。

・”明治維新~追いつき追い越せ~大発展~破滅”、”戦後の焼け野原~追いつき追い越せ~大発展~破滅”この2つは馬鹿な後進国型の教育がもたらした必然の帰結。

・教育などというものは小中学校levelに止めて、後はすべて実用と連動させた自学に任せる他ない。追いつく頃には成功modelはとっくに終わっている。

◇カタカナ英語と当用漢字は取り替え可能。両者を国際標準に変えよう

・母体である和語と外来語である漢字、カタカナ英語は切り離せる

日本語は構造としてまず和語があり、そこに外来の事項を一挙に取り込むために漢字を取り入れ融合させた。それから、欧州諸国が近代文明の覇者として世界を席巻したためにそれらの国の概念・用語を必死で取り入れた。最終的に英国とその継承者である米国が世界の覇権を握り英語が国際標準となったこと、加えて日本は戦争に負けて米国に支配されたので、近代~現代に至るさまざまな事象をカタカナ英語で受け入れることになった。

このような日本語特有の構造から日本語における外来語部分はカタカナ⇔英語としたり、当用漢字⇔旧字とすることが容易にできる。

今為さなければならないのは、日本という狭い、沈没していく島の中の戦後という期間のみ通用した流行語を死守することではなく、和語の部分だけをきっちりと残し、外来語部分を国際標準に合わせて切り替えることだ。幸運なことに日本語でそれをやるのは簡単にできる。

漢字を旧字体(繁体字)に戻し、香港・台湾・華僑ら漢字文化圏と通用を計ると同時に、敗戦までの日本および古代世界にまで至る東Asiaの世界、歴史、哲学と接続する。

カタカナ英語は原語表記にし、誤った受容を棄て、直接原文に近づくことのできる橋をかける。現代の知における世界的標準言語となり、世界中の人間がそれを用いて高度な知を交換している英語という知的世界と接続する。

日本語をカタカナ英語の様な流行語で破壊し続け島国の中でだけ通用する方言に貶めていくのか、その伝統的母体をきっちりと守りつつ、激しく発展する国際社会と通用する連動したものにするのか。

カタカナ英語と当用漢字を国際標準に切り替えない限り、日本に生まれた個人も、日本自体も世界に対して生き残れない。

◇簡体字か繁体字か

共産中国の用いる簡体字に合わせることは現代の中国に容易に橋をかける。一方、逆にそれ以外の伝統文化、歴史、繁体字世界と断絶をもたらす。また簡体字のそれは著しく変造されたもので、漢字の良さそのものを破壊する。

総合的に考えて共産中国の奴隷にでもならない限り、用いるべきではない。

[Link]

大連雑学事典 簡体字解体新書0(漢字簡略化の歴史) – 共産支那(Communist China,中共)での簡体字化の歴史と日本でのそれを融合して簡潔に記してある。戦後の当用漢字に代表される言語変造には同時期に進行した共産党支配下のChinaの影響がある。

言葉 言葉 言葉 > 國語國字問題解説 – 野嵜健秀による正漢字正かなづかひのsite。単なる反動や懐古趣味ではない至極論理的な主張の元に行われている。

すべては日本語に在り – 國語問題協議會會長・宇野 精一との聞き取り。戦前からあった極端な日本語廃棄論、GHQと革新官僚によって漢字は元よりかなまで廃止してすべてローマ字にしようなどという狂った計画まであり、実験が行われた地域まであった。

漢字廃止論,新字体,簡体字, | Wikipedia


関連記事


カタカナ英語をやめよう – カタカナ英語も勉強もやめよう

Filed under: 未分類 — Tags: , , , — sajin @ 01:43

・基本的には山がある。
どのような方向からどのようなやり方で山に登っても良い。

単純明快に言葉と事実が100%連動している現地に行ってもいい、
口語会話を体験してから文語にはいってもいい、
大好きな映画を台詞から密に覚えていってもいい、
洋楽を聞いて歌い、その歌詞の意味を調べてもいい。
段々と確実に登っていけばいいだけのことである。
もし、あなたが”登っている”なら、そこには間違いなく使えるようになっていく実感があるはずだ。

だが、恐らくこの国の大半の人間は登っていく感覚を経験したことはないだろう。
学校教育がやっているのは山に登らせることをせずに、その周りを延々何十周、何百周、何千周と回らせているようなものだからだ。
あなたが長く辛い時間を過ごした学校での勉強があなたに何一つ実用に値する力を残さない、
それは何の不思議でもない。あなたは一切山に登っていないのだ。ただその周りを走っていただけである。
何かに命令され、仕組みが要求するままに山の周りを回り、ただその速度をtestされただけなのだから。

戦後という社会が要求してきたのは、登ることを一切せずにただ走る人間である。
つまり既存の組織にとっての使い走りであり、それ以上でもそれ以下でもない。

この教育がやらせようとしていることは、延々山の周りを可能な限り走り続け、
そうしてできあがった脚力によって一挙に山の頂上に飛び乗るという滑稽を通り越した狂気とでもいうべき光景だ。

日本語はすでに亡びている @ 池田信夫 blog

◇学びなき”勉強”

日本人は学習することをよく勉強というが、”勉強”という文字には学ぶという字は一つも入っていない。そこにあるのは”勉め””強いる”、ただの強制である。

たしかに何かを習得しようとするとき、ある程度神経を張り詰めて取り組まなければならない事が多い。しかし後進国型後追い教育の虜になった日本人にはそれしか思い浮かばない。

・学びの本質の中で必要があれば勉強もする、しかし学び全体が見えていれば、その態度はもっと柔軟なものになる。

・学びはそれを世界に用いて成果を得ることを前提としている。勉強は多くの場合そのような事とは無縁に行われる。

・現実に自らがそれを用いることが当たり前の職人は勉強するなどとは言わない。「盗む」だ。

・特に自然の本質から物事を学ぼうとする時、勉強は有害。

・勉強は既にある体系を吟味せずに刷り込もうとするときの典型的な態度。

・終いには”勉強”してさえいれば学んでいると勘違いするまでに至った。

・学びというのは肉体に起こる変化だが、自らが何をどのように学んでいるかまったく意識していない。

・学び自体がどういうことであるかを認識、自覚しないために、その効率化ももっと素晴らしいことを学ぼうとする発想も出てこない。

・むしろ必要としてもいないことを勉め強いた反動として、学んで取り入れれば生態に利益をもたらすことすら忌避するようになる。

・直接的な学びの利をもたらさない勉強から利益を得られるのは、それによって”勉め強いる能力”を示すことで都合のいい従僕を求める組織にappealし、社会的地位を獲得した者だけ。地位からあぶれる大多数にとって勉強は貴重な生と時間を無駄にするだけに終わる。

・勉強は死んだ体系への奴隷的服従である。

・例えば遊んでいても生命は学ぶ。遊びの内に、正解を取り巻く分厚い周縁の事を多くの失敗とともに同時に学ぶ。

現実世界は正解が固定することはなく、常に変化している。その様な中で動的な状況に合わせて正解を導き出す。

勉強は現実世界が固定している、即ち死んでいることを前提に固定した答えを出すもので、実際の世界の状態に矛盾している。


関連記事


sand-storm.net