SAND STORM

朝ぼらけ

2012年11月24日

カタカナ英語をやめよう – かんたんにできる社会全体の移行

Filed under: 未分類 — Tags: , , , — sajin @ 08:42

◇政府が介入する必要性と正当性

無茶苦茶なカタカナ外国語を捏造し氾濫させるのは皆が使う公共施設を荒らし、道路や標識を勝手に塗り替えたり壊しているのに等しい。経済で言う所の負の外部性、公害に当たる行為だ。政府は無闇矢鱈と表現に介入すべきではないが、こういう基礎的なinfrastructureの維持構築だけは率先してやらねばならない。そして言語はまさにあらゆる表現のinfrastructureに他ならない。

◇個人や集団としての移行

個人として移行するのは、当人が決心しさえすればいつでも簡単に行える。後はひたすら自分がどれほど曖昧で歪んでいて間違ったカタカナ外国語に依存しておかしな表現をしていたかに気づき、それを直していく作業に過ぎない。その過程でまともな日本語表現と正確な外国語の理解が身に付いていく。

集団としての移行は、合意や強制を以て行えばその集団内で同調させることは難しくない。自分の経験から言えば、そもそも原語化した外国語など使う必要はほとんどなく、多くはちゃんとした日本語表現に置き換えられていく。

ただし、国家としての日本が狂ったカタカナ外国語を規制しない限り、安易にその場のノリでカタカナ外国語を使う外部との軋轢に苦しむことになるだろう。

◇国家としての移行

・日本では義務教育で英語教育が半世紀以上行われている。社会全体が移行するのに問題はない。

これは使い物にならない試験英語勉強を強制されてきた日本人にいきなり英語を喋れというような無茶な事ではなく、単に原語表記しろということに過ぎない。

英語を理解し、読み書きしたり話す必要がある人はそれをより正確かつ円滑に日本語との間で自然に行えるようになり、そもそもカタカナ外国語など用いる必要のない人はちゃんとした日本語で読み、書き、話すようになっていく。

・翻訳や置換などをsoftwareで簡単にできるようになった現代ではその負荷は大したことではない。

digital化が進みそれが当たり前となるこれから、大量の文書のカタカナ外国語を原語表記する程度の事は何ら難しいことではない。問題があるとすれば、それはその様なカタカナ外国語で誤魔化してきた文章の怪しさ・曖昧さ・おかしさが明白になるということだけだ。

・税金と時間をかけることで無理のない移行が可能

政府が強権的に「今日からカタカナ外国語は禁止する。原語表記に統一せよ」と命じて実行した場合どうなるだろうか?社会的混乱と負荷はかなり大きいだろう。表現の自由にも反する。

では、独裁体制でも成立しない限りもう痛みなくカタカナ外国語まみれの状態から脱却できないのかといえばそんなことはない。鍵は”禁止する”のではなく”税金をかける”ことである。

カタカナ外国語を使った出版物(digital含む)に税金をかければよい。その際、弱小出版物は放置し影響力の大きいmedia(公共media、新聞、TV、internetであれば月刊閲覧数10,000以上など)から税金を取り立て ていけばいい。影響力の大きいmediaが移行すれば当然全体の移行は進む。またカタカナ外国語を原語に置き換えるutilityぐらいは直ぐに幾らでもでてくるだろう。大規模mediaがそのようなutilityを買って導入するのは難しい事でも何でもない。

表現の自由を侵害せずに、言語的退廃に陥った社会を矯正し、まともな言語を操ることで両方の文化で活躍できる人材を増やし、かつ政府収入にもなる。


関連記事


2012年10月30日

カタカナ英語をやめよう – 基本的なこと

Filed under: 未分類 — Tags: , , — sajin @ 00:00

その場の感覚的なノリのかわりに百害をもたらしているカタカナ英語を無意識に乱用することであなたが、そして社会全体が何を失っているのか。カタカナ英語という捏造言語での表記をやめて原語表記にしてまともな世界と繋がることで何が得られるのだろうか。

(more…)


関連記事


2011年2月23日

英語の構造分解の練習

Filed under: 未分類 — Tags: , — sajin @ 18:13

Egyptian cleric: Kill Gaddafi

日本語訳の方を英語の段落番号順に捕われずに自在に位置変更・分割をほどこすと訳す際かなりわかりやすい。

1:[S]A top Egyptian cleric [V] has called [O] on Libyan soldiers
2:<- who can shoot Libya’s unpopular Leader Muammar Gaddafi
3:[O] not to hold their fire to free the nation < of his oppression.

1:Egypt人の(Islam教の)最高位司祭が
2:Libyaの不人気な最高指導者であるカダフィ大佐を狙撃できる
1:Libyaの兵士たちに呼びかけを行った。
3:Gaddafiの抑圧下にある自分の祖国を解放するために、銃をしまわず戦えと。

(more…)


関連記事


Older Posts »

sand-storm.net